京阪杯2018 過去のデータ傾向

過去傾向
京阪杯2018 過去5年成績データ表

 ダノンスマッシュ、アレスバローズ、ダイメイフジ、アサクサゲンキ、ワンスインナムーンなどが出走予定の第63回京阪杯2018の過去5年の1着から3着のレース結果成績表です。  過去5年から枠順、馬番、人気、脚質等のデータ傾向を調べて分析・把握したいと思います。

ジャパンカップ2018 過去のデータ傾向

過去傾向
JC2018 過去5年成績データ表

 アーモンドアイ、スワーヴリチャード、サトノダイヤモンド、キセキ、シュヴァルグランなどが出走予定のジャパン・オータムインターナショナル第38回ジャパンカップ2018の過去5年の1着から3着のレース結果成績表です。  JC過去5年から枠順、馬番、人気、脚質等のデータ傾向を調べて分析・把握したいと思います。

京都2歳ステークス2018 過去のデータ傾向

過去傾向
京都2歳S2018 過去5年成績データ表

 ワールドプレミア、クラージュゲリエ、ミッキーブラック、ブレイキングドーン、ラヴズオンリーユーなどが出走予定の第5回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2018の過去5年の1着から3着のレース結果成績表です。  京都2歳Sの過去5年から枠順、馬番、人気、脚質等のデータ傾向を調べて分析・把握したいと思います。

京阪杯2018 出走予定馬のラップギアと血統データ傾向

出走予定馬ラップギア
競馬 フリー素材 06

第63回京阪杯2018の出走予定馬のラップギアと血統のデータ傾向です。 11月25日(日)京都競馬場では、京阪杯2018(3歳上・G3・芝1200m)が行われますので、出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値、血統、過去傾向データを把握します。

京都2歳ステークス2018 出走予定馬のラップギアと血統データ傾向

出走予定馬ラップギア
競馬 フリー素材 06

第5回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2018の出走予定馬のラップギアと血統のデータ傾向です。 11月24日(土)京都競馬場では、京都2歳S2018(2歳・G3・芝2000m)が行われますので、出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値、血統、過去傾向データを把握します。

ジャパンカップ2018 出走予定馬のラップギアと血統データ傾向

出走予定馬ラップギア
競馬 フリー素材 06

ジャパン・オータムインターナショナル第38回ジャパンカップ2018の出走予定馬のラップギアと血統のデータ傾向です。 11月25日(日)東京競馬場では、ジャパンカップ2018(3歳上・G1・芝2400m)が行われますので、出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値、血統、過去傾向データを把握します。

マイルチャンピオンシップ2018 結果・配当 1着ステルヴィオ

レース結果
マイルCS2018 レース結果

2018年11月18日(日)京都競馬場で行われた【ジャパン・オータムインターナショナル第35回マイルチャンピオンシップ2018】のレース結果、配当(払い戻し)は以下のとおりです。 マイルCS:1着は5番人気だったペルシアンナイト(W.ビュイック騎手)が勝利しました。 2着は3番人気ペルシアンナイト(M.デムーロ騎手)、3着は4番人気アルアイン(川田将雅騎手)となっています。

霜月ステークス2018 予想

重賞以外

霜月ステークス2018予想と過去傾向データです。 11月18日(日)東京競馬場のメインレースとして【霜月S】が行われます。 ダート1400mの3歳上・オープン特別のハンデ戦のレースです。 過去5年のハンデ(斤量)データを調べると、連対馬10頭のうち54キロが3連対でトップとなっていました。 ただし、55キロ、56キロ、57キロが各2連対ですので、ハッキリとした傾向はなさそうな感じです。 全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

マイルチャンピオンシップ2018予想!傾向まとめ表などから5頭を指名

重賞レース

11月18日(日)京都競馬場で行われる【マイルCS2018】予想と過去傾向データです。 ジャパン・オータムインターナショナル第35回マイルチャンピオンシップは、芝1600mの3歳上・G1の重賞レースです。 過去5年の単勝人気データを調べると、連対馬10頭のうと7頭が3番人気以内からとなっています。 ただし、1番人気は連対ゼロで不振のようです。 全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

東京スポーツ杯2歳ステークス2018 結果・配当 1着ニシノデイジー

レース結果
東スポ杯2歳S2018 レース結果

2018年11月17日(土)東京競馬場で行われた【第23回東京スポーツ杯2歳ステークス2018】のレース結果、配当(払い戻し)は以下のとおりです。 東スポ杯2歳S:1着は8番人気だったニシノデイジー(勝浦正樹騎手)が勝利しました。 2着は7番人気アガラス(W.ビュイック騎手)、3着は4番人気ヴァンドギャルド(C.デムーロ騎手)となっています。

ページの先頭へ