小倉大賞典2018 結果・配当 1着トリオンフ

レース結果
小倉大賞典2018 レース結果

2018年2月18日(日)小倉競馬場で行われた【第52回小倉大賞典】(4歳上・G3・ハンデ・芝1800m)のレース結果、配当(払い戻し)は以下のとおりです。 1着は1番人気だったトリオンフ(川田将雅騎手)が勝利しました。 2着は15番人気クインズミラーグロ(丸田恭介騎手)、3着は4番人気スズカデヴィアス(吉田隼人騎手)となっています。

フェブラリーステークス2018 予想

重賞レース

2月18日(日)東京競馬場で行われる第35回フェブラリーステークス2018(4歳上・G1・ダート1600m)の予想です。 《血統・ラップギア入り枠順表》《過去傾向まとめ表》も掲載中です! フェブラリーS過去5年の単勝人気データを調べると、3着内馬15頭のうち13頭が7番人気以内からとなっていました。 全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

小倉大賞典2018 予想

重賞レース

2月18日(日)小倉競馬場で行われる第52回小倉大賞典2018(4歳上・G3・ハンデ・芝1800m)の予想です。 《血統・ラップギア入り枠順表》《過去傾向まとめ表》も掲載中です! 過去5年のハンデ・斤量データを調べると、55キロ、57キロが各3連対づつで多くなっていました。 全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

ダイヤモンドステークス2018 結果・配当 1着フェイムゲーム

レース結果
ダイヤモンドS2018 レース結果

2018年2月17日(土)東京競馬場で行われた【第53回ダイヤモンドS】(4歳上牝馬・G3・芝1400m外回り)のレース結果、配当(払い戻し)は以下のとおりです。 ダイヤモンドS:1着は1番人気だったフェイムゲーム(C.ルメール騎手)が勝利しました。 2着は5番人気リッジマン(蛯名正義騎手)、3着は6番人気ソールインパクト(福永祐一騎手)となっています。

京都牝馬ステークス2018 結果・配当 1着ミスパンテール

レース結果
京都牝馬S2018 レース結果

2018年2月17日(土)京都競馬場で行われた【第53回京都牝馬S】(4歳上牝馬・G3・芝1400m外回り)のレース結果、配当(払い戻し)は以下のとおりです。 京都牝馬S:1着は1番人気だったミスパンテール(横山典弘騎手)が勝利しました。 2着は4番人気デアレガーロ(池添謙一騎手)、3着は5番人気エスティタート(武豊騎手)となっています。

ダイヤモンドステークス2018 予想

重賞レース

2月17日(土)東京競馬場で行われる第68回ダイヤモンドステークス2018(4歳上・G3・ハンデ・芝3400m)の予想です。 《血統・ラップギア入り枠順表》《過去傾向まとめ表》も掲載中です! ダイヤモンドS過去5年のハンデ・斤量データを調べると、56キロ馬が3連対でトップとなっていました。 58キロ、58.5キロも2連対づつですので、斤量の重い馬が良さそうな傾向です。 全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

京都牝馬ステークス2018 予想

重賞レース

京都牝馬ステークス2018予想と過去傾向データです。 2月17日(土)京都競馬場のメインレースとして【第53回京都牝馬S】が行われます。 芝1400m外回りの4歳上牝馬のG3のレースです。 同コースの過去2年の単勝人気データを調べると、勝ち馬2頭は1番人気からとなっていました。 全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

小倉大賞典2018 データから穴馬を発見!前走レース等分析から

過去傾向
PCデータ猫 フリー

 小倉競馬場で行われる【第52回小倉大賞典2018】(4歳上・G3・ハンデ・芝1800m)の前走データ等からの過去傾向分析です。  過去5年の1着から3着馬の前走成績表等から好走している馬の条件を調べて把握し、データ上位の注目馬、穴馬を探していきたいと思います。

フェブラリーステークス2018【枠順確定】

枠順

フェブラリーステークス2018枠順確定しました。 ゴールドドリームが7枠14番、テイエムジンソクが5枠10番、サンライズノヴァが大外8枠16番、ノンコノユメが6枠12番などとなっています。 ※過去5年のフェブラリーSの枠番、馬番データも掲載しておきます。

ダイヤモンドステークス2018 データから穴馬を発見!前走レース等分析から

過去傾向
PCデータ02 フリー

 東京競馬場で行われる【第68回ダイヤモンドステークス2018】(4歳上・G3・ハンデ・芝3400m)の前走データ等からの過去傾向分析です。  ダイヤモンドS過去5年の1着から3着馬の前走成績表等から好走している馬の条件を調べて把握し、データ上位の注目馬、穴馬を探していきたいと思います。

ページの先頭へ