フェブラリーステークス2017 結果・配当 1着ゴールドドリーム

レース結果

2017年2月19日(日)東京競馬場で行われた【第34回フェブラリーステークス】(4歳上・G1・ダート1600m)のレース結果、配当(払い戻し)は以下のとおりです。 フェブラリーS:1着は2番人気だったゴールドドリーム(M.デムーロ騎手)が勝利しました。 2着は5番人気ベストウォーリア(戸崎圭太騎手)、3着は1番人気カフジテイク(津村明秀騎手)となっています。

小倉大賞典2017 結果・配当 1着マルターズアポジー

レース結果

2017年2月19日(日)小倉競馬場で行われた【第51回小倉大賞典】(4歳上・G3・ハンデ・芝1800m)のレース結果、配当(払い戻し)は以下のとおりです。 小倉大賞典:1着は4番人気だったマルターズアポジー(武士沢友治騎手)が勝利しました。 2着は8番人気ヒストリカル(高倉稜騎手)、3着は5番人気クラリティスカイ(田辺裕信騎手)となっています。

小倉大賞典2017 予想

重賞レース

小倉大賞典2017の予想と《血統・ラップギア入り枠順表》《過去傾向まとめ表》です。 2月19日(日)小倉競馬場では【第51回小倉大賞典】(4歳上・G3・ハンデ・芝1800m)が行われます。 全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

フェブラリーステークス2017 予想

重賞レース

フェブラリーステークス2017の予想と《血統・ラップギア入り枠順表》《過去傾向まとめ表》です。 2月19日(日)東京競馬場では【第34回フェブラリーS】(4歳上・G1・ダート1600m)が行われます。 過去5年傾向では、3着内馬15頭のうち13頭が7番人気以内からとなっています。脚質は、先行が3年連続で勝利していました。 全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

ダイヤモンドステークス2017 結果・配当 1着アルバート

レース結果

2017年2月18日(土)東京競馬場で行われた【第67回ダイヤモンドステークス】(4歳上・G3・ハンデ・芝3400m)のレース結果、配当(払い戻し)は以下のとおりです。 ダイヤモンドS:1着は1番人気だったアルバート(R.ムーア騎手)が勝利しました。 2着は6番人気ラブラドライト(酒井学騎手)、3着は2番人気カフジプリンス(川田将雅騎手)となっています。

京都牝馬ステークス2017 結果・配当 1着レッツゴードンキ

レース結果

2017年2月18日(土)京都競馬場で行われた【第52回京都牝馬ステークス】(4歳上牝馬・G3・芝1400m外回り)のレース結果、配当(払い戻し)は以下のとおりです。 京都牝馬S:1着は1番人気だったレッツゴードンキ(岩田康誠騎手)が勝利しました。 2着は7番人気ワンスインナムーン(石橋脩騎手)、3着は5番人気スナッチマインド(浜中俊騎手)となっています。

ダイヤモンドステークス2017 予想

重賞レース

ダイヤモンドステークス2017の予想と《血統・ラップギア入り枠順表》《過去傾向まとめ表》です。 2月18日(土)東京競馬場では【第67回ダイヤモンドステークス】(4歳上・G3・ハンデ・芝3400m)が行われます。 過去5年傾向では、連対馬10頭のうち9頭が5番人気以内からとなっています。ハンデ戦ですが上位人気の信頼度が高いようです。ただし、3番人気は連対ゼロとなっています。 全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

京都牝馬ステークス2017 予想

重賞レース

京都牝馬ステークス2017の予想と過去傾向データです。 2月18日(土)京都競馬場では【第52回京都牝馬S】(4歳上牝馬・G3・芝1400m外回り)が行われます。 ラップギヤやコース傾向などを調べてみたいと思います。

小倉大賞典2017 データから穴っぽい注目馬を発見!前走等分析から

過去傾向
小倉大賞典2017 過去5年前走データ表

 小倉競馬場で行われる【第51回小倉大賞典2017】(4歳上・G3・ハンデ・芝1800m)の前走データ等からの過去傾向分析です。  過去5年の1着から3着馬の前走成績表等から好走している馬の条件を調べて把握し、データ上位の注目馬、穴馬を探していきたいと思います。

フェブラリーステークス2017【枠順確定】

枠順

フェブラリーステークス2017枠順確定しました。 前走根岸S勝利のカフジテイクが5枠10番、柴田善臣騎手が乗るサウンドトゥルーが1枠1番、R.ムーア騎手のモーニンが3枠6番などとなっています。 ※フェブラリーS過去10年の枠番、馬番データも掲載しておきます。

ページの先頭へ