武蔵野ステークス2019予想の過去傾向データを掲載します。
エアアルマス、サンライズノヴァ、グルーヴィットなどが第24回東京中日スポーツ杯武蔵野S2019出走予定馬となっています。
過去10年の1着から3着のレース結果成績表から枠順、馬番、人気、脚質等のデータ分析や出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値や過去傾向を把握したいと思います。





《武蔵野ステークス 過去10年成績表》を見ると、枠番・馬番・人気・騎手・脚質・血統などが分かると思います。
気になるデータ項目を掲載しておきます。
予想の参考になれば幸いです。

武蔵野S過去10年の3着内馬成績データ表

武蔵野S2019 過去10年成績データ表

※画像はクリックすると拡大されます。

武蔵野S 予想参考 過去のデータ傾向

※過去10年

枠番傾向

武蔵野S2019 枠番データ

馬番傾向

武蔵野S2019 馬番データ

基本的には、芝部分が長い外枠の方が有利と言われるコース。
しかし、芝部分のダッシュそのものが苦手な馬にとってはどの枠でも厳しい。

人気傾向

武蔵野S2019 人気データ

連対馬20頭中⇒8頭が3人気以内からとなっています。
残りの12頭のうち⇒11頭は4番人気から8番人気の範囲からとなっています。

脚質傾向

武蔵野S2019 脚質データ

<差し>が8連対でトップとなっています。
連対馬20頭中⇒15頭が4角8番手以内からとなっています。

前走脚質傾向

武蔵野S2019 前走脚質データ

前走脚質は<先行><差し>が各6連対でトップとなっています。
データのある連対馬14頭は、前走上がり3ハロン順位が8位以内となっています。





血統傾向

※東京ダート1600mコースのレースデータを参照。集計期間:2016. 1.30 ~ 2019.10.15。過去3年。

種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ゴールドアリュール 31- 18- 11-183/243 12.8% 20.2% 24.7% 123 66
ゼンノロブロイ 18- 13- 12-115/158 11.4% 19.6% 27.2% 189 91
キングカメハメハ 17- 19- 26-134/196 8.7% 18.4% 31.6% 62 93
クロフネ 15- 13- 8-143/179 8.4% 15.6% 20.1% 53 61
ヘニーヒューズ 13- 8- 7- 61/ 89 14.6% 23.6% 31.5% 73 87
エンパイアメーカー 11- 15- 13-133/172 6.4% 15.1% 22.7% 61 93
tapit 11- 3- 2- 12/ 28 39.3% 50.0% 57.1% 152 105
シンボリクリスエス 10- 13- 12-119/154 6.5% 14.9% 22.7% 110 63
ネオユニヴァース 9- 10- 7-109/135 6.7% 14.1% 19.3% 53 51
アイルハヴアナザー 8- 12- 11- 84/115 7.0% 17.4% 27.0% 46 84
ヴァーミリアン 8- 12- 8- 83/111 7.2% 18.0% 25.2% 30 51
パイロ 8- 9- 8-100/125 6.4% 13.6% 20.0% 20 53
アポロキングダム 8- 4- 12- 40/ 64 12.5% 18.8% 37.5% 75 135
ダイワメジャー 7- 15- 5-104/131 5.3% 16.8% 20.6% 19 41
サウスヴィグラス 7- 3- 5- 71/ 86 8.1% 11.6% 17.4% 90 51
マンハッタンカフェ 6- 10- 7- 67/ 90 6.7% 17.8% 25.6% 48 66
カジノドライヴ 6- 3- 7- 64/ 80 7.5% 11.3% 20.0% 37 76
プリサイスエンド 6- 3- 6- 74/ 89 6.7% 10.1% 16.9% 196 92
スマートファルコン 6- 3- 4- 48/ 61 9.8% 14.8% 21.3% 40 107
ケイムホーム 6- 1- 1- 37/ 45 13.3% 15.6% 17.8% 205 60
アドマイヤオーラ 6- 0- 1- 18/ 25 24.0% 24.0% 28.0% 131 54
タートルボウル 5- 7- 3- 43/ 58 8.6% 20.7% 25.9% 135 162


ゴールドアリュールがトップとなっています。
単勝回収率には、ゴールドアリュールやゼンノロブロイ、Tapit等が良いコースです。

ラップギア

登録馬

馬名 ラップギア
アードラー シニスターミニスター 消5平4瞬0
アディラート ルーラーシップ 消1平7瞬4
$エアアルマス majestic warrior 消2平2瞬5
カフジテイク プリサイスエンド 消5平5瞬0
グルーヴィット ロードカナロア 消1平2瞬1
コスモカナディアン ロージズインメイ 消4平6瞬0
サンライズノヴァ ゴールドアリュール 消2平7瞬3
$スウィングビート tapit 消1平4瞬1
$ストロングバローズ mineshaft 消1平2瞬4
スワーヴアラミス ハーツクライ 消1平4瞬2
タイムフライヤー ハーツクライ 消0平1瞬4
ダノンフェイス キングカメハメハ 消0平5瞬2
ダンツゴウユウ バンブーエール 消3平2瞬2
デュープロセス daiwa major 消1平3瞬2
$ドリームキラリ giant’s causeway 消2平5瞬3
フェニックスマーク シニスターミニスター 消1平3瞬3
*マジカルスペル creative cause 消0平3瞬3
ミキノトランペット トランセンド 消1平3瞬4
ワンダーリーデル スタチューオブリバティ 消1平4瞬1


ラップギア区分

消耗戦(ラスト4ハロンで加速ラップなし)
  →0レース
平坦戦(ラスト4ハロンで0.1秒から0.4秒の加速ラップあり)
  →7レース
瞬発戦(ラスト4ハロンで0.5秒以上の加速ラップあり)
  →3レース

過去10年の勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬

(※出走時点)
2018年 平坦戦
 1着サンライズノヴァ  消2平6瞬3 父ゴールドアリュール(SS系)
2017年 瞬発戦
 1着インカンテーション 消1平4瞬6 父シニスターミニスター
2016年 平坦戦
 1着タガノトネール   消6平3瞬2 父ケイムホーム
2015年 平坦戦
 1着ノンコノユメ    消1平2瞬2 父トワイニング
2014年 平坦戦
 1着ワイドバッハ    消3平6瞬0 父アジュディケーティング
2013年 平坦戦
 1着ベルシャザール   消0平1瞬5 父キングカメハメハ
2012年 瞬発戦
 1着イジゲン      消1平1瞬2 父Empire Maker
2011年 平坦戦
 1着ナムラタイタン   消2平3瞬3 父サウスヴィグラス
2010年 瞬発戦
 1着グロリアスノア   消2平1瞬2 父プリサイスエンド
2009年 平坦戦
 1着ワンダーアキュート 消0平4瞬1 父カリズマティック

東京ダート1600mコースは、基本的には平坦戦ラップの可能性が高いコースとなっています。

過去10年で平坦戦の数字が多かった勝ち馬⇒5頭(同数含む)となっています。
血統的には、勝ち馬10頭中⇒9頭に父系か母系がミスプロ系となっています。