2006年から2014年までのブログの記事に関するカテゴリーです。

2006~2014年

競馬 フリー素材 07

 日曜日(2008年3月16日)、内田浩一騎手(39歳・栗東)が引退した。(正式には3月20日付で引退)
 今後は、所属厩舎であった清水出美厩舎で調教助手となるそうだ。

 

 

2006~2014年

競馬 フリー素材 03

 近年、地元日本馬が上位を占めることが多いジャパンカップではあるが、やっぱり国際G1競走であるな~と感じる。
 2007年JCを制したのは、5番人気アドマイヤムーン。馬主がダーレー・グループ傘下のダーレージャパンファーム(DJ ...

2006~2014年

競馬 フリー素材 03

 EXILE(エグザイル)が名付け親ということで、話題のウマザイルですが、競馬、馬券を購入したことのないEXILEファンの方も多いような気がします。
 アクセス解析などを見ていると、そんな感じに思えたので、チョット説明しておき ...

2006~2014年

競馬 フリー素材 03

 東京でも実現しなかった『幻の凱旋門賞』対決。
 馬インフルエンザで凱旋門賞挑戦を断念したメイショウサムソン、蹄球炎で挑戦を断念したウオッカ(JC出走決定)との対決。
 海外競馬に疎い人間にとっては、もう凱旋門賞なんて ...

2006~2014年

競馬 フリー素材 03

 2007年の混戦の菊花賞を制したのは、クラシック三冠レースにすべて出走し、それなりの結果(皐月賞:7着、日本ダービー:2着)を残してきた、アサクサキングス(4番人気)でした。
 2着は、春のクラシックレースを骨折で出走できな ...

2006~2014年

競馬 フリー素材 03

 最近、日曜日の夜になるとクタクタという感じで、まったく回顧系の記事を書いていませんが、簡単に秋華賞を振り返ってみます。
 まず、予想がハズレたことは仕方がないと思っています。(もしも、気にかけて下さった方がいたら申し訳ありま ...

2006~2014年

競馬 フリー素材 03

 ディープインパクトの半弟として注目されるニュービギニング(牡2、栗東・池江泰郎厩舎)が、2006年12月3日(日)阪神6R2歳新馬(芝2000m)でデビューしました。
 レースは、1000m通過65.6秒のスローペース。道中 ...

2006~2014年

競馬 フリー素材 03

 ドバイワールドカップ(メイダン競馬場・AW2000m)の前哨戦となるマクトゥームチャレンジラウンド3(北半球産4歳上・南半球産3歳上、首G2・メイダン競馬場・AW2000m)に日本からウオッカとレッドディザイアが出走しました。

2006~2014年

競馬 フリー素材 03

 フランス・ドーヴィル競馬場で行われたジャックルマロワ賞(3歳上牡牝、仏G1・芝1600m)にナタゴラに騎乗した武豊騎手は2着だった。

■ジャックルマロワ賞、武豊騎手は2着(netkeiba.com)

 ナタゴ ...