中山牝馬ステークス2019 予想【まとめ表】ノームコア

2019年3月8日

3月9日(土)中山競馬場で行われる第37回ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2019予想と過去傾向データです。
中山牝馬Sは、芝1800mの4歳上牝馬・G3のハンデ戦の重賞レースです。
当ブログオリジナルの《傾向まとめ表》では、ノームコアが1位となっています。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

スポンサーリンク

中山牝馬ステークス2019予想

競馬SevenDaysのホーボーです。
本日は、中山牝馬ステークスを過去データなどを考えつつ予想します。

出走馬の枠順とラップギア

馬名ラップギア
1 1アドマイヤリードステイゴールド消0平2瞬7
2 2ノームコアハービンジャー消0平2瞬2
3 3カワキタエンカディープインパクト消0平1瞬5
3 4アッフィラートディープインパクト消0平4瞬2
4 5クロコスミアステイゴールド消1平3瞬4
4 6ランドネblame消0平0瞬4
5 7フロンテアクイーンメイショウサムソン消2平2瞬7
5 8レイホーロマンスハービンジャー消1平2瞬3
6 9ウラヌスチャームルーラーシップ消0平2瞬5
610デンコウアンジュメイショウサムソン消0平0瞬3
711フローレスマジックディープインパクト消0平2瞬6
712ウインファビラスステイゴールド消0平1瞬3
813ミッキーチャームディープインパクト消1平1瞬3
814ワンブレスアウェイステイゴールド消0平4瞬7

   トラコミュ

過去傾向データ

【勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬】
(※出走時点の数字)
2018年 瞬発戦
 1着カワキタエンカ   消0平1瞬3 父ディープインパクト(SS系)
2017年 瞬発戦
 1着トーセンビクトリー 消0平2瞬4 父キングカメハメハ
2016年 平坦戦
 1着シュンドルボン   消0平4瞬6 父ハーツクライ(SS系)
2015年 瞬発戦
 1着バウンスシャッセ  消0平1瞬2 父ゼンノロブロイ(SS系)
2014年 平坦戦
 1着フーラブライド   消2平4瞬5 父ゴールドアリュール(SS系)

中山芝1800mのコースは、基本的には瞬発戦ラップと平坦戦ラップが多いコースです。

【脚質傾向】

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%16456
先行 1- 2- 0-12/156.7%20.0%20.0%8380
差し 3- 4- 1-24/329.4%21.9%25.0%5653
追込 0- 0- 3-20/230.0%0.0%13.0%0112
マクリ 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
3F 1位 0- 0- 2- 3/ 50.0%0.0%40.0%0148
3F 2位 1- 1- 0- 5/ 714.3%28.6%28.6%7452
3F 3位 2- 0- 1- 1/ 450.0%50.0%75.0%320567
3F ~5位 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%023
3F 6位~ 2- 4- 1-44/513.9%11.8%13.7%4042

<差し>が7連対でトップとなっています。

【前走脚質】

前走脚質 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 2- 1- 0- 6/ 922.2%33.3%33.3%230144
先行 1- 0- 1-18/205.0%5.0%10.0%2225
差し 2- 4- 3-22/316.5%19.4%29.0%43123
追込 0- 1- 0-15/160.0%6.3%6.3%09
マクリ 0- 0- 0- 0/ 0     
3F 1位 0- 0- 1- 5/ 60.0%0.0%16.7%085
3F 2位 0- 2- 1- 2/ 50.0%40.0%60.0%0118
3F 3位 1- 1- 0- 2/ 425.0%50.0%50.0%112215
3F ~5位 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
3F 6位~ 4- 3- 2-41/508.0%14.0%18.0%6876

前走脚質は<差し>が6連対でトップとなっています。
連対馬11頭中⇒7頭が前走上3F順位が7位以下からとなっています。

【傾向まとめ表】
中山牝馬S2019 傾向まとめ表

※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2018年⇒4位(B3)、1位(A6)、8位(A5)
2017年⇒10位(B3)、2位(A5)、4位(A6)
2016年⇒4位(B4)、2位(B4)、14位(C2)
2015年⇒5位(B4)、3位(A5)、4位(B4)
2014年⇒3位(A5)、8位(A5)=2位(A6)
2013年⇒4位(B4)、1位(B4)、2位(B4)
2012年⇒10位(B4)、11位(B4)、12位(B4)

 Aランク【1-4-3】
 Bランク【6-3-3】
 Cランク【0-0-1】
 Dランク【0-0-0】

参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

印はこうなりました。

《傾向まとめ表》の過去7年では、連対馬14頭中⇒9頭が4位以内からとなっていました。
勝ち馬は、3位から5位と10位が狙い目な感じです。

ランクは、Bランクが優勢となっています。

レースの特徴としては、瞬発戦ラップか平坦戦ラップの可能性が高いレースです。
近3年は、4角5番手以内の馬が勝利しています。
<差し>脚質が優勢ですが、4角8番手以内の中団ぐらいにはいないと厳しい感じです。
ハンデは、54キロ・53キロが中心となっていました。

今年はAランクだらけとなってしまった《まとめ表》です。
中山コース実績もあるノームコアが中心だと思いますが、牝馬のハンデ戦ですので以下のような予想にしてみました。

◎フロンテアクイーン
◯ノームコア
▲ウラヌスチャーム
☆フローレスマジック
△ミッキーチャーム



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ



重賞レース

Posted by ホーボー