11月18日(日)京都競馬場で行われる【マイルCS2018】予想と過去傾向データです。
ジャパン・オータムインターナショナル第35回マイルチャンピオンシップは、芝1600mの3歳上・G1の重賞レースです。
過去5年の単勝人気データを調べると、連対馬10頭のうと7頭が3番人気以内からとなっています。
ただし、1番人気は連対ゼロで不振のようです。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

スポンサーリンク

マイルチャンピオンシップ2018予想

競馬SevenDaysのホーボーです。
本日は、G1レース・マイルチャンピオンシップを過去データなどを考えつつ予想します。

出走馬の枠順とラップギア

馬名 ラップギア
1 1 ステルヴィオ ロードカナロア 消0平2瞬4
1 2 ペルシアンナイト ハービンジャー 消0平2瞬5
2 3 アルアイン ディープインパクト 消0平3瞬4
2 4 ブラックムーン アドマイヤムーン 消0平6瞬5
3 5 ヒーズインラブ ハービンジャー 消0平4瞬4
3 6 ジュールポレール ディープインパクト 消0平3瞬5
4 7 ロジクライ ハーツクライ 消0平2瞬5
4 8 モズアスコット Frankel 消1平6瞬2
5 9 ウインブライト ステイゴールド 消0平6瞬1
5 10 ミッキーグローリー ディープインパクト 消0平4瞬3
6 11 ジャンダルム kitten’s joy 消0平0瞬3
6 12 レーヌミノル ダイワメジャー 消2平2瞬1
7 13 レッドアヴァンセ ディープインパクト 消0平1瞬8
7 14 エアスピネル キングカメハメハ 消0平2瞬5
7 15 アエロリット クロフネ 消1平3瞬5
8 16 カツジ ディープインパクト 消0平0瞬3
8 17 ロードクエスト マツリダゴッホ 消0平3瞬4
8 18 ケイアイノーテック ディープインパクト 消0平2瞬3

   トラコミュ

過去傾向データ

【勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬】
(※出走時点の数字)
2017年 瞬発戦
 1着ペルシアンナイト  消0平0瞬5 父ハービンジャー
2016年 平坦戦
 1着ミッキーアイル   消1平5瞬5 父ディープインパクト(SS系)
2015年 瞬発戦
 1着モーリス      消0平3瞬3 父スクリーンヒーロー
2014年 平坦戦
 1着ダノンシャーク   消0平3瞬11 父ディープインパクト(SS系)
2013年 平坦戦
 1着トーセンラー    消1平1瞬5 父ディープインパクト(SS系)

京都芝1600m外回りのコース適性値は、消1平6瞬3となっています。

【傾向まとめ表】
マイルCS2018 傾向まとめ表

※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2017年⇒6位(C2)、1位(A5)、4位(A5)
2016年⇒2位(A6)、3位(B4)、6位(B4)
2015年⇒4位(A6)、2位(A6)、3位(B4)
2014年⇒7位(A5)、2位(A6)、10位(B3)
2013年⇒2位(B4)、4位(A5)、1位(A6)
2012年⇒5位(B3)、1位(A5)、4位(A5)

 Aランク【3-5-3】
 Bランク【2-1-3】
 Cランク【1-0-0】
 Dランク【0-0-0】

参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

【関連記事】

印はこうなりました。

《傾向まとめ表》の過去6年では、連対馬12頭中⇒9頭が4位以内からとなっていました。
過去6年、毎年2位以内から連対馬が出ています。
ランクは、Aランクが中心となっています。

過去5年では、1番人気が連対ナシのようですが、今年の出走メンバーは混戦模様で波乱含みな感じです。
最終的にどの馬が1番人気になるのかも分からない感じもしますが、難解なレースとなりそうなマイルCSです。
以下の5頭に注目したいと思います。
穴馬としては、平坦戦ラップ適性のある☆ミッキーグローリーに期待。

◎アエロリット
◯ステルヴィオ
▲ロジクライ
☆ミッキーグローリー
△モズアスコット


競馬予想ランキング

スポンサーリンク
【PR】
地方競馬を楽しむならオッズパーク!
簡単登録で地方競馬へ投票
ないものはない!お買い物なら楽天市場