京都新聞杯2019 予想【まとめ表】タガノディアマンテ

2019年5月3日

第67回京都新聞杯2019の予想です。
単勝人気オッズは、タガノディアマンテ、ブレイキングドーン、ロジャーバローズなどが人気になりそうです。
京都新聞杯は、京都芝2200m外回りの3歳・G2の重賞レースです。
当ブログオリジナルの《傾向まとめ表》では、タガノディアマンテが1位となっています。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

スポンサーリンク

京都新聞杯2019予想

競馬SevenDaysのホーボーです。
本日は、京都新聞杯を過去データなどを考えつつ予想します。

出走馬の枠順とラップギア

馬名ラップギア
1 1オールイズウェルルーラーシップ消0平0瞬3
2 2ヴァンケドミンゴルーラーシップ消0平1瞬1
3 3ロジャーバローズディープインパクト消0平2瞬1
3 4ブレイキングドーンヴィクトワールピサ消0平1瞬1
4 5ナイママダノンバラード消2平0瞬0
4 6サトノソロモンディープインパクト消0平0瞬1
5 7タガノディアマンテオルフェーヴル消0平0瞬2
5 8ハバナウインドハービンジャー消0平0瞬2
6 9フランクリンディープインパクト消0平1瞬0
610ヤマカツシシマルマンハッタンカフェ消0平0瞬1
711トーセンスカイトーセンラー消0平1瞬1
712レッドジェニアルキングカメハメハ消0平0瞬1
813ヒーリングマインドtanino gimlet消0平0瞬3
814モズベッロディープブリランテ消0平0瞬1

   トラコミュ

過去傾向データ

【勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬】
(※出走時点の数字)
2018年 瞬発戦
 1着ステイフーリッシュ 消0平0瞬1 父ステイゴールド(SS系)
2017年 瞬発戦
 1着プラチナムバレット 消0平0瞬3 父マンハッタンカフェ(SS系)
2016年 瞬発戦
 1着スマートオーディン 消0平1瞬3 父ダノンシャンティ(SS系)
2015年 瞬発戦
 1着サトノラーゼン   消0平2瞬3 父ディープインパクト(SS系)
2014年 瞬発戦
 1着ハギノハイブリッド 消0平4瞬0 父タニノギムレット

京都新聞杯は、瞬発戦ラップの可能性が高いレースとなっています。

【脚質傾向】

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
先行 1- 2- 1-14/185.6%16.7%22.2%7177
差し 3- 3- 3-24/339.1%18.2%27.3%4176
追込 1- 0- 1-19/214.8%4.8%9.5%2022
マクリ 0- 0- 0- 0/ 0     
3F 1位 2- 0- 2- 2/ 633.3%33.3%66.7%103160
3F 2位 1- 0- 1- 3/ 520.0%20.0%40.0%14298
3F 3位 0- 1- 1- 3/ 50.0%20.0%40.0%074
3F ~5位 1- 3- 0- 7/119.1%36.4%36.4%41136
3F 6位~ 1- 1- 1-46/492.0%4.1%6.1%2621

<差し>が6連対でトップとなっています。

【前走脚質】

前走脚質 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
先行 2- 1- 2-20/258.0%12.0%20.0%3548
差し 1- 3- 3-21/283.6%14.3%25.0%2589
追込 2- 1- 0-10/1315.4%23.1%23.1%11350
マクリ 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
3F 1位 2- 1- 0-16/1910.5%15.8%15.8%4727
3F 2位 2- 1- 0-12/1513.3%20.0%20.0%5867
3F 3位 0- 3- 3- 7/130.0%23.1%46.2%0133
3F ~5位 0- 0- 1-14/150.0%0.0%6.7%023
3F 6位~ 1- 0- 1-12/147.1%7.1%14.3%9154

前走脚質は<差し>が4連対でトップとなっています。
連対馬10頭中⇒9頭が前走上3F順位が3位以内からとなっています。

【傾向まとめ表】
京都新聞杯2019 傾向まとめ表

※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2018年⇒1位(B3)、13位(B3)、5位(C2)
2017年⇒1位(A5)、2位(B3)、7位(C2)
2016年⇒2位(A5)、8位(B3)、3位(A5)
2015年⇒3位(B4)、2位(A5)、1位(A5)
2014年⇒2位(A5)、6位(B4)、5位(B3)
2013年⇒1位(B4)、7位(A5)、6位(C2)
2012年⇒7位(C1)、3位(B3)、1位(A5)

 Aランク【3-2-3】
 Bランク【3-5-1】
 Cランク【1-0-3】
 Dランク【0-0-0】

参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

印はこうなりました。

《傾向まとめ表》の過去7年では、連対馬14頭中⇒9頭が3位以内からとなっていました。

ランクは、連対数ではBランクが中心となっています。

レースの特徴としては、瞬発戦ラップの可能性が高い京都新聞杯です。
連対馬10頭のうち7頭が<差し・追込>脚質となっており瞬発力勝負となっています。

《まとめ表》Aランク不在でBランク3点がトップということで、混戦模様と思える令和最初の中央競馬の重賞レース・京都新聞杯です。
きさらぎ賞2着のあるタガノディアマンテが人気の中心になると思いますが、他馬にも十分にチャンスがありそうです。
以下の5頭に期待したいと思います。

◎オールイズウェル
◯タガノディアマンテ
▲ロジャーバローズ
☆トーセンスカイ
△ブレイキングドーン



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ



重賞レース

Posted by ホーボー