京王杯スプリングカップ2019 予想【まとめ表】ロジクライ

2019年5月10日

第64回京王杯スプリングカップ2019の予想です。
単勝人気オッズは、タワーオブロンドン、ロジクライ、スマートオーディンなどが人気になりそうです。
京王杯SCは、東京芝1400mの4歳上・G2の重賞レースです。
当ブログオリジナルの《傾向まとめ表》では、ロジクライが1位となっています。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

スポンサーリンク

京王杯スプリングカップ2019予想

競馬SevenDaysのホーボーです。
本日は、京王杯スプリングカップを過去データなどを考えつつ予想します。

出走馬の枠順とラップギア

馬名ラップギア
1 1リライアブルエースディープインパクト消0平2瞬4
1 2ドーヴァーアドマイヤムーン消2平2瞬4
2 3サトノアレスディープインパクト消0平1瞬7
2 4トゥザクラウンキングカメハメハ消1平4瞬3
3 5ストーミーシーアドマイヤムーン消1平4瞬4
3 6ロジクライハーツクライ消0平2瞬5
4 7リナーテステイゴールド消3平1瞬3
4 8キャナルストリートマンハッタンカフェ消1平5瞬1
5 9タワーオブロンドンraven’s pass消0平2瞬4
510タイムトリップロードアルティマ消2平2瞬1
611エントシャイデンディープインパクト消0平2瞬3
612ロードクエストマツリダゴッホ消0平3瞬4
713ブロワメイショウボーラー消0平3瞬2
714スターオブペルシャダイワメジャー消1平7瞬4
815ダイメイフジアグネスデジタル消1平5瞬6
816スマートオーディンダノンシャンティ消1平1瞬4

   トラコミュ

過去傾向データ

【勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬】
(※出走時点の数字)
2018年 消耗戦
 1着ムーンクエイク   消0平6瞬1 父アドマイヤムーン
2017年 瞬発戦
 1着レッドファルクス  消2平5瞬3 父スウェプトオーヴァーボード
2016年 瞬発戦
 1着サトノアラジン   消0平4瞬5 父ディープインパクト(SS系)
2015年 瞬発戦
 1着サクラゴスペル   消4平2瞬5 父サクラプレジデント(SS系)
2014年 消耗戦
 1着レッドスパーダ   消1平3瞬5 父タイキシャトル

京王杯SCは、瞬発戦ラップの可能性が高いレースとなっていますが、過去5年では消耗戦ラップも多くなっています。

【脚質傾向】

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 0- 0- 1- 4/ 50.0%0.0%20.0%0102
先行 1- 2- 0-15/185.6%16.7%16.7%21396
差し 2- 1- 2-27/326.3%9.4%15.6%4949
追込 2- 2- 2-19/258.0%16.0%24.0%3857
マクリ 0- 0- 0- 0/ 0     
3F 1位 2- 2- 0- 2/ 633.3%66.7%66.7%158171
3F 2位 1- 0- 2- 5/ 812.5%12.5%37.5%10891
3F 3位 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%23690
3F ~5位 0- 0- 1- 8/ 90.0%0.0%11.1%020
3F 6位~ 1- 3- 2-48/541.9%7.4%11.1%7156

<追込>が4連対でトップとなっています。

【前走脚質】

前走脚質 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 0- 2- 0- 1/ 30.0%66.7%66.7%0430
先行 1- 2- 1-13/175.9%17.6%23.5%4161
差し 4- 1- 2-26/3312.1%15.2%21.2%17171
追込 0- 0- 2-23/250.0%0.0%8.0%023
マクリ 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
3F 1位 0- 0- 1-12/130.0%0.0%7.7%015
3F 2位 1- 0- 1- 4/ 616.7%16.7%33.3%7563
3F 3位 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
3F ~5位 0- 1- 2- 8/110.0%9.1%27.3%081
3F 6位~ 4- 4- 1-32/419.8%19.5%22.0%14492

前走脚質は<差し>が5連対でトップとなっています。
連対馬10頭中⇒8頭が前走上3F順位が6位以下からとなっており、前走上3F順位はあまり気にしなくても大丈夫そう。

【傾向まとめ表】
京王杯SC2019 傾向まとめ表

※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2018年⇒7位(B3)、6位(B3)、2位(A5)
2017年⇒2位(A5)、10位(C2)、3位(A6)
2016年⇒1位(A6)、7位(C2)、2位(A6)
2015年⇒6位(B3)、1位(A6)、8位(B4)
2014年⇒9位(C2)、1位(A6)、8位(C2)
2013年⇒1位(A5)、4位(A6)、8位(A5)
2012年⇒5位(B3)、11位(A6)、12位(A5)

 Aランク【3-4-5】
 Bランク【3-1-1】
 Cランク【1-2-1】
 Dランク【0-0-0】

参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

印はこうなりました。

《傾向まとめ表》の過去7年では、連対馬14頭中⇒6頭が4位以内、11頭が7位以内からとなっていました。

ランクは、連対数ではAランクが優勢となっています。

レースの特徴としては、年によってペースが違い瞬発戦ラップだったり消耗戦ラップだったりしています。
しかし、脚質傾向は<差し・追込>が7連対(4勝)となっており、<差し・追込>脚質が優勢となっています。

チョット波乱含みな感じもする京王杯SCだと思います。
《まとめ表》1位のロジクライや初来日ですが結果を残している25歳のD.レーン騎手が乗るタワーオブロンドンが人気になりそうですが、末脚良い東京コース得意な馬に本命◎で好走を期待したいと思います。
☆馬には、近走イマイチですが末脚堅実なミルコ・デムーロ騎手のロードクエストに注目します。

◎サトノアレス
◯タワーオブロンドン
▲リナーテ
☆ロードクエスト
△ロジクライ



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ



重賞レース

Posted by ホーボー