フェアリーステークス2017 出走予定馬のラップギアと血統データ傾向

2017年1月3日

第33回フェアリーステークス2017の出走予定馬のラップギアと血統のデータ傾向です。
1月8日(日)中山競馬場では、フェアリースS2017(3歳・牝馬・G3・芝1600m外回り)が行われますので、出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値、血統、過去傾向データを把握します。

スポンサーリンク

☆フェアリーS⇒穴っぽい注目馬は[競馬ブログランキング]で公開中です!

トラコミュ
中山金杯 データ分析
京都金杯 データ分析
シンザン記念 データ分析
フェアリーS データ分析

フェアリーステークス2017ラップギア

登録馬のラップギア適性値と種牡馬(血統)

馬名ラップギア
アエロリットクロフネ消0平1瞬1
アピールバイオネオユニヴァース消0平0瞬1
アマノガワメイショウボーラー消0平1瞬1
アルミューテンスクリーンヒーロー消0平1瞬0
キャスパリーグディープインパクト消0平2瞬2
キュイキュイハービンジャー消0平0瞬1
コーラルプリンセスクロフネ消0平0瞬2
ゴールドアピールベーカバド消1平0瞬0
サクセスライントーセンファントム消0平1瞬0
サルサディオーネゴールドアリュール消0平0瞬1
シンボリバーグダイワメジャー消0平0瞬2
ジャストザマリンディープブリランテ消0平0瞬1
スズカゼディープブリランテ消1平0瞬0
スノードーナツパイロ消0平1瞬0
ツヅクマツリダゴッホ消0平0瞬1
ニシノアモーレコンデュイット消0平0瞬1
ハーツブライトハーツクライ消0平0瞬1
パフォームマツリダゴッホ消0平1瞬2
ヒストリアハーツクライ消0平0瞬1
ブラックオニキスブラックタイド消0平2瞬1
ポンポンブラックタイド消1平1瞬1
ミッシングリンクヴィクトワールピサ消0平0瞬2
メローブリーズスクリーンヒーロー消0平1瞬1
モリトシラユリクロフネ消0平2瞬1
ラーナアズーラパイロ消0平0瞬1
ライジングリーズンブラックタイド消0平0瞬1
ライズスクリュートーセンホマレボシ消0平0瞬0
ワカコマタイヨウトーセンファントム消0平0瞬0

過去8年のラップギア区分

 ◆消耗戦(ラスト4ハロンで加速ラップなし)
   →0レース
 ◆平坦戦(ラスト4ハロンで0.1秒から0.4秒の加速ラップあり)
   →3レース
 ◆瞬発戦(ラスト4ハロンで0.5秒以上の加速ラップあり)
   →5レース

フェアリーS2017 過去8年の勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬

(※出走時点)
2016年 瞬発戦
 1着ビービーバーレル  消0平1瞬2 父パイロ
2015年 平坦戦
 1着ノットフォーマル  消0平2瞬0 父ヴァーミリアン
2014年 瞬発戦
 1着オメガハートロック 消0平0瞬1 父ネオユニヴァース(SS系)
2013年 瞬発戦
 1着クラウンロゼ    消0平0瞬1 父ロサード(SS系)
2012年 瞬発戦
 1着トーセンベニザクラ 消0平0瞬4 父ダイワメジャー(SS系)
2011年 平坦戦
 1着ダンスファンタジア 消0平0瞬2 父ファルブラヴ
2010年 平坦戦
 1着コスモネモシン   消0平1瞬1 父ゼンノロブロイ(SS系)
2009年 瞬発戦
 1着ジェルミナル    消0平0瞬2 父アグネスタキオン(SS系)

 単行本『ラップギア』では、中山芝1600mのコース適性値は、消2平5瞬3となっています。

《ラップギア データまとめ》

 過去8年で平坦戦の数字が多かった勝ち馬⇒2頭(同数含む)のみとなっています。
 キャリアの浅い明け3歳馬の重賞ですので、単純な適性値の数字だけでは難しそうです。
 一応、平坦戦よりも瞬発戦実績があった方が良さそうな傾向のようです。

フェアリーSの穴っぽい注目馬は⇒A人気ブログランキングへ

トラコミュ
中山金杯 データ分析
京都金杯 データ分析
シンザン記念 データ分析
フェアリーS データ分析


競馬予想ランキング

※自分のラップ分析は岡村信将氏のラップ理論(ラップギア)を基本にしております。(ブログに書くことは了解頂いてます。)