大阪杯2017 予想

2017年4月1日

大阪杯2017の予想と《血統・ラップギア入り枠順表》《過去傾向まとめ表》です。
4月2日(日)阪神競馬場では【第61回大阪杯】(4歳上・G1・芝2000m内回り)が行われます。
過去5年では、馬券対象となる3着内馬15頭が6番人気以内からとなっています。ただし、3番人気は連対ゼロでチョット不振のようですが。G1となった今年も堅い決着となるのでしょうか……。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

大阪杯2017の予想

スポンサーリンク

ラップギア・血統入り枠順表

馬名ラップギア
1 1ミッキーロケットキングカメハメハ消0平2瞬7
2 2アングライフェンステイゴールド消0平2瞬5
3 3スズカデヴィアスキングカメハメハ消0平1瞬4
3 4ステファノスディープインパクト消0平3瞬4
4 5キタサンブラックブラックタイド消0平2瞬8
4 6サクラアンプルールキングカメハメハ消0平2瞬4
5 7サトノクラウンmarju消0平3瞬2
5 8ロードヴァンドールダイワメジャー消0平3瞬5
6 9ディサイファディープインパクト消1平7瞬10
610モンドインテロディープインパクト消1平3瞬2
711マルターズアポジーゴスホークケン消1平5瞬2
712アンビシャスディープインパクト消0平3瞬4
813ヤマカツエースキングカメハメハ消1平4瞬3
814マカヒキディープインパクト消0平0瞬5

阪神芝2000m内回りのコース適性値は、消0平3瞬7となっています。

参考記事:『大阪杯2017 出走予定馬のラップギアと血統データ傾向』

《過去傾向まとめ表》

※ランクは⇒該当項目6~5=A、4~3=B、2~1=C、0=Dとなっています。
※なお、微妙な項目は、個人的な判断も加わっていると思いますので、増減して頂いても良いかと思います。

大阪杯2017 傾向まとめ表

過去の《傾向まとめ表》の結果

※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)
2016年⇒5位(B4)、3位(A5)、2位(A5)
2015年⇒8位(B4)、1位(A6)、4位(A6)
2014年⇒3位(C2)、5位(C2)、1位(A6)
2013年⇒1位(A6)、2位(A6)、4位(B4)
2012年⇒4位(B4)、1位(A6)、2位(A6)

 Aランク【1-4-4】
 Bランク【3-0-1】
 Cランク【1-1-0】
 Dランク【0-0-0】

・順位別

着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値平人気
1- 2- 1- 1/ 520.0%60.0%80.0%24901.0人気
0- 1- 2- 2/ 50.0%20.0%60.0%01022.8人気
1- 1- 0- 3/ 520.0%40.0%40.0%48603.6人気
1- 0- 2- 2/ 520.0%20.0%60.0%1801385.4人気
1- 1- 0- 3/ 520.0%40.0%40.0%781223.8人気
0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%006.0人気
0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%006.4人気
1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%240447.2人気
0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%009.3人気
10 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%0010.3人気
11 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%0011.3人気
12 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%0012.3人気
13 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%0011.5人気
14 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%0013.0人気
15 0- 0- 0- 0/ 0      
16 0- 0- 0- 0/ 0      

参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

トラコミュ
大阪杯 データ分析
桜花賞 データ分析

印はこうなりました。

過去5年の《傾向まとめ表》では、3着内馬はAランクが多くなっていますが、勝ち馬はAランクは不振でBランクの方が良い結果となっていました。
順位は、3着内馬15頭中⇒14頭が5位以内からで上位順位馬が基本となりそうです。

印は以下のようになりました。

◎サトノクラウン
◯キタサンブラック
▲ヤマカツエース
☆ステファノス
△マカヒキ

トラコミュ
今週の危険な人気馬
今週の激走!穴馬


競馬予想ランキング



重賞レース

Posted by ホーボー