ユニコーンステークス2019 予想【傾向まとめ表】デアフルーグ

2019年6月16日

第24回ユニコーンステークス2019の予想です。
競走馬用飼料から禁止薬物が検出された事件で、サトノギャロスとロードグラディオの2頭が出走取消となっています。
ユニコーンSは、東京ダート1600mの3歳・G3の重賞レースです。
当ブログオリジナルの《傾向まとめ表》では、デアフルーグが1位となっています。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。


ユニコーンステークス2019予想


東京競馬場 ダート03

競馬SevenDaysのホーボーです。
本日は、ユニコーンステークスを過去データなどを考えつつ予想します。

出走馬の枠順とラップギア

馬名ラップギア
1 1ワイドファラオヘニーヒューズ消0平1瞬3
2 2イメルキンシャサノキセキ消1平1瞬1
2 3ヴァイトブリックシンボリクリスエス消1平1瞬1
3 4エルモンストロルーラーシップ消0平1瞬1
3 5サトノギャロスヘニーヒューズ消2平1瞬0
4 6デアフルーグベーカバド消2平1瞬1
4 7ザディファレンスアドマイヤムーン消0平2瞬0
5 8デュープロセスdaiwa major消1平2瞬2
5 9ロードグラディオキングカメハメハ消0平1瞬2
610ヴァニラアイスキンシャサノキセキ消1平3瞬0
611ダンツキャッスルルーラーシップ消1平4瞬0
712オンザウェイアサクサキングス消0平2瞬0
713ニューモニュメントヘニーヒューズ消1平1瞬1
814ノーヴァレンダダイワメジャー消0平1瞬1
815アシャカトブシニスターミニスター消1平1瞬1

   トラコミュ

過去傾向データ

【勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬】
(※出走時点の数字)
2018年 平坦戦
 1着ルヴァンスレーヴ  消0平1瞬2 父シンボリクリスエス
2017年 瞬発戦
 1着サンライズノヴァ  消1平1瞬1 父ゴールドアリュール(SS系)
2016年 瞬発戦
 1着ゴールドドリーム  消0平1瞬2 父ゴールドアリュール(SS系)
2015年 消耗戦
 1着ノンコノユメ    消0平2瞬2 父トワイニング
2014年 瞬発戦
 1着レッドアルヴィス  消0平0瞬3 父ゴールドアリュール(SS系)

ユニコーンSは、瞬発戦ラップの可能性が高いレースとなっています。

【脚質傾向】

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%20.0%0176
先行 3- 2- 0-18/2313.0%21.7%21.7%7978
差し 1- 2- 1-21/254.0%12.0%16.0%1933
追込 1- 0- 4-22/273.7%3.7%18.5%1771
マクリ 0- 0- 0- 0/ 0     
3F 1位 3- 0- 3- 2/ 837.5%37.5%75.0%147246
3F 2位 0- 1- 1- 1/ 30.0%33.3%66.7%0180
3F 3位 2- 1- 0- 1/ 450.0%75.0%75.0%400242
3F ~5位 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%0105
3F 6位~ 0- 2- 0-53/550.0%3.6%3.6%016

<先行>が5連対でトップとなっています。

【前走脚質】

前走脚質 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
先行 4- 2- 3-23/3212.5%18.8%28.1%72102
差し 0- 2- 2-20/240.0%8.3%16.7%073
追込 1- 0- 0-15/166.3%6.3%6.3%2811
マクリ 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0190
3F 1位 1- 3- 1-18/234.3%17.4%21.7%2059
3F 2位 0- 0- 3-10/130.0%0.0%23.1%091
3F 3位 1- 0- 1- 7/ 911.1%11.1%22.2%2528
3F ~5位 0- 2- 0-10/120.0%16.7%16.7%0139
3F 6位~ 2- 0- 0-17/1910.5%10.5%10.5%9444

前走脚質は<先行>が6連対でトップとなっています。
データのある連対馬9頭中⇒8頭が前走上がり3ハロン順位6位以内からとなっています。

【傾向まとめ表】
ユニコーンS2019 傾向まとめ表 取消後

※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2018年⇒2位(A5)、3位(A5)、11位(C2)
2017年⇒5位(B3)、4位(B3)、1位(A5)
2016年⇒3位(A5)、1位(A6)、2位(A6)
2015年⇒1位(A5)、13位(C2)、4位(C2)
2014年⇒5位(C2)、4位(B3)、8位(C1)
2013年⇒3位(C2)、2位(A5)、4位(A5)
2012年⇒2位(B4)、3位(B3)、11位(C2)

 Aランク【3-3-3】
 Bランク【2-3-0】
 Cランク【2-1-4】
 Dランク【0-0-0】

参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

印はこうなりました。

《傾向まとめ表》の過去7年では、連対馬14頭中⇒9頭が3位以内からとなっていました。
4位以内から、必ず連対が出ています。

ランクは、A・B・Cランクがほぼ互角な感じで、ハッキリとした傾向はナイようです。

レースの特徴としては、1000m通過59秒台が多く、淀みない流れとなっているユニコーンSです。
連対馬10頭中⇒6頭が4角4番手以内からとなっていますので、前に位置でき末脚がしっかりしている馬が良さそうです。(まぁ、当たり前な感じですが……)
前走データのある連対馬9頭中⇒8頭が前走上がり3ハロン順位6位以内からとなっていました。

2頭が出走取消で13頭立てとなったユニコーンSです。
土曜日の大雨の影響もあり、時計の速い足抜きのよい馬場となりそうな東京ダートだと思います。
本命◎は、無難に前で競馬ができる馬にしたいと思います。
以下の5頭に注目してみました。

◎デュープロセス
◯デアフルーグ
▲ノーヴァレンダ
☆ニューモニュメント
△ヴァイトブリック



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ



重賞レース

Posted by ホーボー