東京大賞典2019予想と過去傾向データです。
令和元年12月29日(日)大井競馬場では【第65回東京大賞典】が行われます。
ダート2000mの3歳上・Jpn1の統一重賞レースです。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。




統一重賞のJpn1レース・東京大賞典の予想をします。

東京大賞典2019 枠順確定

1枠1番アポロテネシー(牡4、武豊、栗東・山内研二)
2枠2番ケイティブレイブ(牡6、御神本訓史、栗東・杉山晴紀)
3枠3番ウマノジョー(牡6、有年淳、大井・栗田裕光)
4枠4番サンドプラチナ(牡6、石崎駿、大井・市村誠)
4枠5番モジアナフレイバー(牡4、繁田健一、大井・福永敏)
5枠6番サノサマー(牡5、勝浦正樹、美浦・中舘英二)
5枠7番ロンドンタウン(牡6、岩田康誠、栗東・牧田和弥)
6枠8番バルダッサーレ(牡6、笹川翼、大井・中道啓二)
6枠9番オメガパフューム(牡4、M.デムーロ、栗東・安田翔伍)
7枠10番ノンコノユメ(セ7、真島大輔、大井・荒山勝徳)
7枠11番ゴーディー(牡11、安藤洋一、大井・赤嶺本浩)
8枠12番ゴールドドリーム(牡6、C.ルメール、栗東・平田修)
8枠13番ロードゴラッソ(牡4、川田将雅、栗東・藤岡健一)





東京大賞典2019 過去10年の傾向データ

人気別成績データ

1番人気 【4・4・2・0】
2番人気 【2・4・2・2】
3番人気 【3・2・1・4】
4番人気 【0・0・1・9】
5番人気 【1・0・1・8】
6番人以下【0・0・3・84】

過去5年では、毎年2番人気以内から1頭は連対馬が出ています。
過去5年のうち4年が3番人気以内の2頭でのワンツーとなっています。

年齢データ

3 歳【1・1・1・15】
4 歳【4・1・2・24】
5 歳【3・2・2・19】
6 歳【1・3・4・18】
7歳上【1・3・1・31】

所属データ

浦 和【0・0・0・4】
船 橋【0・1・1・10】
大 井【0・0・0・32】
川 崎【0・0・0・4】
他地区【0・0・0・23】
JRA【10・9・9・34】

連対馬20頭中⇒19頭が中央所属馬(JRA)となっています。
勝ち馬は、全馬JRA勢。

東京大賞典2019予想の印はこうなりました。

過去5年の連対馬10頭のうち、全馬10頭が前走G1(Jpn1)組となっています。
前走チャンピオンズカップから9連対となっています。

連対馬の脚質傾向を調べると、連対馬10頭中⇒7頭が4角5番手以内の位置取りとなっていました。
前走脚質では、連対馬10頭のうち4頭が4角5番手以内の位置取りとなっています。
前走脚質は<差し・追込>でも問題ない傾向となっています。


単勝オッズをみると、チャンピオンズC2着のゴールドドリームと同6着のオメガパフュームの2強となっています。
次に浦和記念1着のケイティブレイブとなっています。

地方馬では、統一G1の帝王賞や南部杯マイルCSで好走しているモジアナフレイバーや中央から移籍後復活した感のあるノンコノユメに期待がかかりそうです。

今年最後の大一番ですので、なんとか的中したいところです。
以下の4頭に期待します。


◎オメガパフューム
◯ゴールドドリーム
▲ケイティブレイブ
☆ノンコノユメ


東京大賞典、印をつけた馬の好走を期待したいと思います。

東京大賞典2019 レース結果と配当(払い戻し金)

1着は2番人気だったオメガパフューム(M.デムーロ騎手)が勝利しました。
2着は5番人気ノンコノユメ(真島大輔騎手)、3着は4番人気モジアナフレイバー(繁田健一騎手)となっています。


東京大賞典2019 レース結果配当

東京大賞典2019 レース結果全着順


※出馬表・成績・オッズ等は、主催者発表のものと照合してください