2022年1月23日(日)中京競馬場で行われる第39回東海テレビ杯東海ステークス(G2)に役立ちそうな過去傾向データなどの関連資料を掲載しています。
東海S2022の予想の参考資料の1つにでもなれば幸いです。





東海S関連データ【2022年】

コースデータ

中京ダート1800m コース図

スタート地点はホームストレッチの真ん中より左寄りからで、上り坂の途中がスタート地点となります。
最後の直線距離は410.7mで、東京競馬場に次いで二番目の長さとなっています。
また、ゴール手前380m地点より220m地点にかけては高低差1.8mの急な上り坂で、中山競馬場ダートコースに次いで傾斜がきつい坂が設けられています。
ラスト220mはほぼ平坦なコースです。

枠順の有利不利は、ほぼフラットな傾向。

中京ダート1800mコースは、基本的には瞬発戦ラップと平坦戦ラップの可能性が高いコースとなっています。

【前走脚質・上がり3ハロン順位データ】
※中京ダート1800mの重賞・OP・3勝クラス、集計期間:2016. 1. 9 ~ 2021. 9.26(コースデータは以下も同じ条件)

前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
逃げ 3- 4- 4- 28/ 39 7.7% 17.9% 28.2% 88 147
先行 15- 14- 7- 87/123 12.2% 23.6% 29.3% 135 110
差し 11- 9- 14-144/178 6.2% 11.2% 19.1% 67 80
追込 2- 4- 6-117/129 1.6% 4.7% 9.3% 27 26
マクリ 1- 0- 1- 6/ 8 12.5% 12.5% 25.0% 67 66
3F 1位 3- 4- 4- 50/ 61 4.9% 11.5% 18.0% 12 39
3F 2位 5- 3- 5- 30/ 43 11.6% 18.6% 30.2% 112 75
3F 3位 1- 3- 3- 28/ 35 2.9% 11.4% 20.0% 16 46
3F ~5位 4- 3- 1- 60/ 68 5.9% 10.3% 11.8% 39 39
3F 6位~ 12- 13- 15-189/229 5.2% 10.9% 17.5% 95 93



前走《先行》脚質が勝利数、連対数でトップとなっています。

前走《先行》脚質で上3F順位2位馬は【2-2-0-3】で勝率28.6%、連対率57.1%、複勝率57.1%となっています。

※3勝クラス以上と条件を限定している為、データ数が少なくなっています。よって参考程度で。

過去10年の3着内馬成績データ表

東海S2022 過去10年成績データ表

過去5年前走成績データ表

東海S2022 過去5年前走データ表

過去5年の前走等のデータ傾向

【前走着順】
連対馬10頭中⇒7頭が前走7着以内からとなっています。

【着差】
負け着差は、前走重賞で0.9秒以内が目安。

【前走レース】
連対馬10頭中⇒6頭が重賞、オープン特別から3頭、3勝クラスから1頭となっています。

【近走】
連対馬10頭中⇒7頭に前3走内で4着以内が2回以上あります。

【距離実績】
連対馬10頭中⇒全馬10頭に1800mでの1着実績があります。

【馬場】
基本的には中山ダート、阪神ダートなどの重いダートでの実績に注目。

枠順確定

・枠順確定後、更新予定です。

【馬番データ】

馬番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1番 1- 0- 1- 7/ 9 11.1% 11.1% 22.2% 18 74
2番 0- 2- 0- 9/11 0.0% 18.2% 18.2% 0 34
3番 2- 2- 1- 5/10 20.0% 40.0% 50.0% 179 114
4番 1- 2- 1- 8/12 8.3% 25.0% 33.3% 12 179
5番 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7% 73 28
6番 2- 1- 0- 3/ 6 33.3% 50.0% 50.0% 166 121
7番 1- 1- 0- 8/10 10.0% 20.0% 20.0% 33 43
8番 2- 0- 0- 5/ 7 28.6% 28.6% 28.6% 140 45
9番 2- 0- 0- 7/ 9 22.2% 22.2% 22.2% 1034 234
10番 0- 2- 1- 6/ 9 0.0% 22.2% 33.3% 0 117
11番 2- 0- 2- 9/13 15.4% 15.4% 30.8% 150 116
12番 1- 1- 0- 4/ 6 16.7% 33.3% 33.3% 88 91
13番 0- 2- 0- 2/ 4 0.0% 50.0% 50.0% 0 95
14番 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7% 0 148
15番 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 270
16番 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0




【種牡馬データ】

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
キングカメハメハ 1- 4- 0- 3/ 8 12.5% 62.5% 62.5% 166 127
ゴールドアリュール 1- 1- 2- 8/12 8.3% 16.7% 33.3% 36 136
アグネスデジタル 1- 1- 1- 2/ 5 20.0% 40.0% 60.0% 134 194
ハーツクライ 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0% 70 114
クロフネ 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0% 26 68
ディープインパクト 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 397 100
マジェスティックウォリアー 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 132 47
ネオユニヴァース 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 56 36
シニスターミニスター 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 110 46
ヘニーヒューズ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 425 105
トランセンド 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 200 120
スマートファルコン 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 620 240
サウスヴィグラス 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 8960 1960
ケイムホーム 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 150 110
roman ruler 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 330 160
アイルハヴアナザー 0- 2- 0- 1/ 3 0.0% 66.7% 66.7% 0 416
ディープスカイ 0- 1- 1- 3/ 5 0.0% 20.0% 40.0% 0 296
ステイゴールド 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 76
jungle pocket 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 65
ヴィクトワールピサ 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 135
カレンブラックヒル 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 300
ロージズインメイ 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 360



キングカメハメハが連対数でトップとなっています。




東海ステークス2022の予想

過去傾向まとめ表

※傾向まとめ表のチェック基準の6項目+αを加えた順位表です。

・レース前日までに更新予定です。

【傾向まとめ表 過去の結果】
◆Aランク(6項目該当=6点、5点)Bランク(4点、3点)Cランク(2点、1点)Dランク(0点)
※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2021年⇒2位(A5)、1位(A6)、15位(C2)
2020年⇒3位(B4)、4位(B4)、1位(B4)
2019年⇒3位(B3)、1位(A6)、2位(A6)
2018年⇒1位(A5)、13位(C2)、4位(B4)
2017年⇒1位(A6)、14位(C2)、9位(B3)
2016年⇒4位(B3)、3位(B3)、1位(A6)

 Aランク【3-2-2】
 Bランク【3-2-3】
 Cランク【0-2-1】
 Dランク【0-0-0】

《傾向まとめ表》を作成した過6年では、連対馬12頭中⇒8頭が3位以内からとなっていました。

ランクは、勝利数、連対数でA・Bランクがトップとなっています。

参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

最終予想

※最終予想は、レース前日に更新予定です。