七夕賞2020予想と過去傾向まとめ表などを掲載中です。
ディープインパクトとアパパネの仔ジナンボーや上がり馬のヒンドゥタイムズ、福島得意のクレッシェンドラヴなど混戦模様の16頭立てで行われます。
ラップギア適性値や過去傾向まとめ表などを参考にして予想してみたいと思います。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。







《七夕賞 過去10年成績表》を見ると、枠番・馬番・人気・騎手・脚質・血統などが分かると思います。
気になるデータ項目を掲載しておきます。
予想の参考になれば幸いです。

七夕賞2020予想参考 福島での過去10年のデータ傾向

過去10年の3着内馬成績データ表

七夕賞2020 過去10年成績データ表

※画像はクリックすると拡大されます。

七夕賞2020 傾向まとめ表 チェック基準

過去5年前走成績データ表(2020年版)

七夕賞2020 過去5年前走データ表


《七夕賞 過去5年前走データ表》から把握できる気になる傾向項目とデータ表からは把握できない気になる傾向項目を以下に記述しておきます。

過去5年の前走等のデータ傾向

【前走着順】
連対馬10頭中⇒7頭が前走7着以内の馬となっています。

【着差】
負け着差は、重賞で1.0秒以内が目安。

【前走レース】
連対馬10頭中⇒7頭が前走重賞、3頭がオープン特別からとなっています。
勝ち馬5頭中⇒4頭が前走重賞から。

【近走】
連対馬10頭中⇒8頭に前3走内で7着以内(5着内+7着内)が2回以上あります。

【距離実績】
連対馬10頭中⇒9頭に2000mでの1着実績があります。
残りの1頭には1800mでの1着があり。

【馬場】
小回りの福島芝なので、中山や函館、札幌の芝での好走歴がほしい感じ。

七夕賞2020 枠順(出走予定馬・登録馬)とラップギア

※七夕賞2020枠順確定。

馬名 替 騎手 ラップギア
1 1 バレリオ *石橋脩 ステイゴールド 消0平1瞬4
1 2 ウインイクシード 横山武史 マンハッタンカフェ 消0平6瞬4
2 3 クレッシェンドラヴ 内田博幸 ステイゴールド 消2平5瞬3
b2 4 パッシングスルー *戸崎圭太 ルーラーシップ 消1平0瞬2
3 5 マイネルサーパス 国分優作 アイルハヴアナザー 消2平1瞬4
3 6 ジナンボー *レーン ディープインパクト 消0平1瞬4
4 7 エアウィンザー *三浦皇成 キングカメハメハ 消0平2瞬10
b4 8 アウトライアーズ *丸田恭介 ヴィクトワールピサ 消0平4瞬2
5 9 ノーブルマーズ 高倉稜 ジャングルポケット 消1平6瞬4
5 10 ソールインパクト *吉田豊 ディープインパクト 消0平3瞬6
6 11 ヒンドゥタイムズ 北村友一 ハービンジャー 消0平2瞬4
6 12 ヴァンケドミンゴ 酒井学 ルーラーシップ 消1平3瞬1
7 13 ブラヴァス *福永祐一 キングカメハメハ 消2平2瞬2
7 14 オセアグレイト *野中悠太 オルフェーヴル 消0平3瞬3
8 15 リュヌルージュ *M.デム モンテロッソ 消2平3瞬2
8 16 レッドローゼス *石川裕紀 ステイゴールド 消0平4瞬8


【ラップギア区分】
消耗戦(ラスト4ハロンで加速ラップなし)
  →5レース
平坦戦(ラスト4ハロンで0.1秒から0.4秒の加速ラップあり)
  →5レース
瞬発戦(ラスト4ハロンで0.5秒以上の加速ラップあり)
  →0レース

【福島での過去10年の勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬】
(※出走時点)
2019年 消耗戦
 1着ミッキースワロー  消1平1瞬3 父トーセンホマレボシ(SS系)
2018年 消耗戦
 1着メドウラーク    消0平4瞬5 父タニノギムレット
2017年 平坦戦
 1着ゼーヴィント    消0平4瞬2 父ディープインパクト(SS系)
2016年 消耗戦
 1着アルバートドック  消1平0瞬5 父ディープインパクト(SS系)
2015年 平坦戦
 1着グランデッツァ   消0平2瞬4 父アグネスタキオン(SS系)
2014年 平坦戦
 1着メイショウナルト  消0平3瞬6 父ハーツクライ(SS系)
2013年 平坦戦
 1着マイネルラクリマ  消0平2瞬5 父チーフベアハート
2012年 消耗戦
 1着アスカクリチャン  消0平1瞬6 父スターリングローズ
2010年 平坦戦
 1着ドモナラズ     消1平5瞬0 父アフリート
2009年 平坦戦
 1着ミヤビランベリ   消0平5瞬1 父オペラハウス

福島芝2000mコースは、基本的には平坦戦ラップの可能性が高いコースとなっています。

福島での過去10年で平坦戦の数字が多かった勝ち馬⇒3頭(同数含む)となっています。
勝ち馬10頭中⇒9頭に平坦戦ラップでの連対があり、残りの1頭には消耗戦ラップでの連対があります。
一応、平坦戦ラップ適性のある馬に注目したい感じの七夕賞です。

七夕賞2020 傾向まとめ表

【傾向まとめ表(2020年版)】
傾向まとめ表のチェック基準の6項目を出走馬でチェックしました。


七夕賞2020 傾向まとめ表


・傾向まとめ表 過去の結果
◆Aランク(6項目該当=6点、5点)Bランク(4点、3点)Cランク(2点、1点)Dランク(0点)
※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2019年⇒6位(B3)、2位(A6)、12位(C2)
2018年⇒11位(C2)、6位(A5)、12位(D0)
2017年⇒1位(A6)、3位(A6)、10位(B3)
2016年⇒3位(B4)、2位(A6)、10位(B4)
2015年⇒2位(B4)、5位(B3)、14位(C2)
2014年⇒7位(B3)、13位(C2)、1位(A6)
2013年⇒2位(A5)、10位(C2)、14位(C2)
2012年⇒14位(B3)、3位(B3)、10位(B3)

 Aランク【2-4-1】
 Bランク【5-2-3】
 Cランク【1-2-3】
 Dランク【0-0-1】


参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

七夕賞2020予想の印はこうなりました。

《傾向まとめ表》の過去8年では、連対馬16頭中⇒8頭が3位以内からとなっていました。

ランクは、Bランクがやや優勢となっています。


ハンデ戦らしく波乱含みのメンバー構成の七夕賞です。
気になるハンデの傾向は、昨年はトップハンデ馬が12年ぶりに勝利しました。
近年の5年では57キロ以上の馬が4勝していて活躍が目立ちます。

ということで、本命◎は57キロのクレッシェンドラヴにします。
休み明けですが、鉄砲実績【2.2.0.0】で問題なく、福島巧者でもあり、トップハンデの57キロの1頭ですが、好走を期待します。

☆穴馬は、オセアグレイトに注目します。
目黒記念(G2)2番人気に推された馬であり、人気が下がりすぎな気がするココは妙味ある馬となりそうです。
福島や中山で実績あり、コース替わりはプラスですし、平坦戦ラップも問題なく一発を期待したい感じです。


◎クレッシェンドラヴ
◯ジナンボー
▲リュヌルージュ
☆オセアグレイト
△マイネルサーパス


5頭じゃ絶対に抜けている感じがしますね。
余裕のある方は手広く……。

七夕賞、印をつけた馬たちの好走を期待したいと思います。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになれば良いですね。

七夕賞2020 レース結果と配当(払い戻し金)

七夕賞2020 レース結果全着順


[単 勝] 3 \740
[複 勝] 3 \260 / 13 \390 / 12 \370
[枠 連] 2-7 \2100 (10)
[馬 連] 03-13 \4730 (20)
[ワイド] 03-13 \2180 (32)/ 03-12 \1750 (19)/ 12-13 \2680 (40)
[馬 単] 03-13 \8750 (30)
[3連複] 03-12-13 \19850 (76/560)
[3連単] 03-13-12 \111330 (414/3360)


やっぱり想像通り、◎1着も2着、3着ぬけという結果で終了(苦笑)


※出馬表・成績・オッズ等は、主催者発表のものと照合してください