高松宮記念2020予想と過去傾向データです。
令和2年3月29日(日)中京競馬場では【第50回高松宮記念2020】が行われます。
芝1200mの4歳上のG1レースで、グランアレグリア、タワーオブロンドン、ダノンスマッシュなどが出走予定馬(登録馬)となっています。
現在と同じ条件の過去8年の1着から3着のレース結果成績表から枠順、馬番、人気、脚質等のデータ分析や出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値や過去傾向を把握したいと思います。







《高松宮記念 過去8年成績表》を見ると、枠番・馬番・人気・騎手・脚質・血統などが分かると思います。
気になるデータ項目を掲載しておきます。
予想の参考になれば幸いです。

高松宮記念2020予想参考 過去8年のデータ傾向

過去8年の3着内馬成績データ表

高松宮記念2020 過去8年成績データ表

※画像はクリックすると拡大されます。

過去8年の各データ傾向

【馬番傾向】
高松宮記念2020 馬番データ

基本的には、いまのところ大きな偏りは見られない。

【人気傾向】
高松宮記念2020 人気データ

連対馬16頭中⇒11頭が3番人気以内からとなっています。
過去8年のうち7年で3番人気以内から連対馬が出ています。
また、半数の4年が3番人気以内の2頭でのワンツー決着となっています。

【脚質傾向】
高松宮記念2020 脚質データ

<先行>が8連対でトップとなっています。
連対馬16頭中⇒12頭が4角7番手以内からとなっていました。

【前走脚質傾向】
高松宮記念2020 前走脚質データ

前走脚質は<差し>が5連対でトップとなっています。
データのある連対馬15頭中⇒11頭が前走上がり3ハロン順位が6位以内となっています。

【血統傾向】
※中京芝1200mコースのレースデータを参照。集計期間:2015. 1.17 ~ 2019.12.15。
・種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ディープインパクト 9-14- 2-49/74 12.2% 31.1% 33.8% 73 72
ダイワメジャー 6- 5- 9-75/95 6.3% 11.6% 21.1% 32 60
アドマイヤムーン 4- 4- 4-47/59 6.8% 13.6% 20.3% 66 88
サクラバクシンオー 4- 1- 2-35/42 9.5% 11.9% 16.7% 49 48
キンシャサノキセキ 3- 7- 7-36/53 5.7% 18.9% 32.1% 150 172
ロードカナロア 3- 1- 4- 8/16 18.8% 25.0% 50.0% 71 95
タイキシャトル 3- 1- 2-36/42 7.1% 9.5% 14.3% 95 51
ヨハネスブルグ 3- 1- 1-26/31 9.7% 12.9% 16.1% 133 60
マンハッタンカフェ 3- 1- 1-26/31 9.7% 12.9% 16.1% 41 30
ブラックタイド 3- 1- 1-20/25 12.0% 16.0% 20.0% 275 75
エンパイアメーカー 3- 1- 0-11/15 20.0% 26.7% 26.7% 268 68
スウェプトオーヴァーボード 3- 0- 1-21/25 12.0% 12.0% 16.0% 141 50
グラスワンダー 3- 0- 0-12/15 20.0% 20.0% 20.0% 196 56
ジャングルポケット 2- 3- 2- 8/15 13.3% 33.3% 46.7% 132 543
キングヘイロー 2- 2- 1-17/22 9.1% 18.2% 22.7% 64 155
ディープブリランテ 2- 2- 0-10/14 14.3% 28.6% 28.6% 235 82
オレハマッテルゼ 2- 1- 2- 7/12 16.7% 25.0% 41.7% 134 135
ワークフォース 2- 0- 0-10/12 16.7% 16.7% 16.7% 160 51
キングカメハメハ 1- 4- 1-26/32 3.1% 15.6% 18.8% 16 49
ハーツクライ 1- 4- 0-23/28 3.6% 17.9% 17.9% 25 52
shamardal 1- 3- 0- 0/ 4 25.0% 100.0% 100.0% 52 242
トワイニング 1- 2- 3- 2/ 8 12.5% 37.5% 75.0% 76 296


ディープインパクトがトップとなっています。
単勝回収率は、キンシャサノキセキやヨハネスブルグ、ブラックタイド等が良いコースです。

ラップギア傾向と高松宮記念2020枠順(出走予定馬・登録馬)

※高松宮記念2020枠順確定しました。

馬名 替 騎手 ラップギア
1 1 ステルヴィオ 丸山元気 ロードカナロア 消0平3瞬4
1 2 アウィルアウェイ *松山弘平 ジャスタウェイ 消2平1瞬2
2 3 ダイアトニック 北村友一 ロードカナロア 消0平4瞬5
2 4 ティーハーフ 国分優作 ストーミングホーム 消5平4瞬1
3 5 ラブカンプー *酒井学 ショウナンカンプ 消4平4瞬2
3 6 ダノンスマッシュ 川田将雅 ロードカナロア 消3平6瞬0
b4 7 グルーヴィット *岩田康誠 ロードカナロア 消1平2瞬1
4 8 グランアレグリア *池添謙一 ディープインパクト 消0平2瞬2
5 9 *タワーオブロンドン *福永祐一 raven’s pass 消2平4瞬4
5 10 アイラブテーラー 武豊 トーセンラー 消2平5瞬0
6 11 クリノガウディー *和田竜二 スクリーンヒーロー 消1平0瞬2
6 12 セイウンコウセイ 幸英明 アドマイヤムーン 消5平7瞬2
7 13 ダイメイプリンセス 秋山真一 キングヘイロー 消5平4瞬0
7 14 $モズアスコット *M.デム Frankel 消1平9瞬2
7 15 ナックビーナス *田辺裕信 ダイワメジャー 消5平12瞬3
8 16 $モズスーパーフレア 松若風馬 speightstown 消3平3瞬2
b8 17 $シヴァージ 藤岡佑介 first samurai 消2平5瞬3
8 18 ノームコア *横山典弘 ハービンジャー 消0平3瞬3



【ラップギア区分】
消耗戦(ラスト4ハロンで加速ラップなし)
  →2レース
平坦戦(ラスト4ハロンで0.1秒から0.4秒の加速ラップあり)
  →6レース
瞬発戦(ラスト4ハロンで0.5秒以上の加速ラップあり)
  →0レース

【中京改修後の過去8年の勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬】
(※出走時点)
2019年 平坦戦
 1着ミスターメロディ   消1平3瞬2 父ミスターメロディ
2018年 消耗戦
 1着ファインニードル   消6平2瞬1 父アドマイヤムーン
2017年 平坦戦
 1着セイウンコウセイ   消3平5瞬2 父アドマイヤムーン
2016年 平坦戦
 1着ビッグアーサー    消4平4瞬0 父サクラバクシンオー
2015年 平坦戦
 1着エアロヴェロシティ  消0平0瞬0 父Pins
2014年 消耗戦
 1着コパノリチャード   消1平3瞬2 父ダイワメジャー(SS系)
2013年 平坦戦
 1着ロードカナロア    消3平6瞬3 父キングカメハメハ
2012年 平坦戦
 1着カレンチャン     消4平5瞬1 父クロフネ

過去8年の勝ち馬のうち6頭が平坦戦実績が一番多い馬となっています。(2015年は香港馬で日本での実績がありませんでした。)
重賞クラスのスプリント戦は、平坦戦実績に注目したい傾向となっています。

高松宮記念2020 傾向まとめ表 チェック基準

過去5年前走成績データ表(2020年版)

高松宮記念2020 過去5年前走データ表


《高松宮記念 過去5年前走データ表》から把握できる気になる傾向項目とデータ表からは把握できない気になる傾向項目を以下に記述しておきます。

過去5年の前走等のデータ傾向

【前走着順】
連対馬10頭中⇒8頭が重賞5着以内の馬となっています。
そのうち6頭が2着以内。

【着差】
負け着差は、重賞で0.5秒以内が目安。

【前走レース】
連対馬10頭中⇒全馬10頭が前走重賞からとなっています。
前走シルクロードS組が4連対でトップとなっており、4年連続で連対中です。

【近走】
連対馬10頭中⇒7頭に前3走内で5着以内(2着内と5着内)が2回以上あります。

【距離実績】
連対馬10頭中⇒6頭に1200mでの1着実績があります。
また、全馬10頭に1400mで3着内の実績がありました。
1200m実績は必要ですが、1400m以上でも好走できるような馬が良いような感じです。

【馬場】
2012年にリニューアルした中京競馬場。近5年ではタイムや上3Fタイムが違う感じで馬場の判断は難しい感じ。
基本的には、開催最終週ということで中山芝や阪神芝内回りコースなどの重い芝適性を気にしたい方向で。

高松宮記念2020 傾向まとめ表

【傾向まとめ表(2020年版)】
傾向まとめ表のチェック基準の6項目を出走馬でチェックしました。


高松宮記念2020 傾向まとめ表


・傾向まとめ表 過去の結果
◆Aランク(6項目該当=6点、5点)Bランク(4点、3点)Cランク(2点、1点)Dランク(0点)
※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2019年⇒7位(C2)、11位(C2)、15位(C2)
2018年⇒3位(A5)、4位(C1)、11位(A6)
2017年⇒3位(A5)、2位(A5)、4位(B3)
2016年⇒3位(C2)、1位(A5)、5位(C2)
2015年⇒3位(A5)、5位(A5)、1位(B4)
2014年⇒4位(A6)、13位(A5)、1位(A5)
2013年⇒1位(A6)、2位(A6)、16位(C2)
2012年⇒3位(B4)、2位(A5)、1位(B4)

 Aランク【5-6-2】
 Bランク【1-0-3】
 Cランク【2-2-4】
 Dランク【0-0-0】


参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

高松宮記念2020予想

《傾向まとめ表》の過去8年では、連対馬16頭中⇒10頭が3位以内からとなっていました。

ランクは、Aランクがトップとなっています。


いよいよ春のG1シーズン到来という時期ですが、コロナウィルス関係で無観客となってしまった高松宮記念です。
仕方がないことですが、残念な感じですね。

前走オーシャンSで勝利している、昨年1番人気で4着だったダノンスマッシュ、関東の藤沢和雄厩舎の2頭グランアレグリア、タワーオブロンドンに注目が集まりそうです。

チョット波乱含みな感じもありそうなメンバー構成だと考えています。

本命◎は、ロードカナロア産駒の中からダイアトニックに期待したいと思います。
前走2着入線3着降着でしたが、1400mを先行しての競馬で、初の1200mも対応可能と思います。
今ならG1でも好勝負できそうな感じです。

《まとめ表》Aランク馬を中心にして以下の5頭の好走を期待したいと思います。


◎ダイアトニック
◯ダノンスマッシュ
▲モズアスコット
☆ノームコア
△グランアレグリア


高松宮記念、印をつけた馬たちの好走を期待したいと思います。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになれば良いですね。

高松宮記念2020 レース結果と配当(払い戻し金)

1着は9番人気だったモズスーパーフレア(松若風馬騎手)が勝利しました。
2着2番人気グランアレグリア(池添謙一騎手)、3着4番人気ダイアトニック(北村友一騎手)となっています。
尚、1位で入線した15番人気のクリノガウディー(和田竜二騎手)は4着に降着となっています。


高松宮記念2020 レース結果全着順


[単 勝] 16 \3230
[複 勝] 16 \810 / 8 \210 / 3 \290
[枠 連] 4-8 \2300 (11)
[馬 連] 08-16 \9150 (32)
[ワイド] 08-16 \3540 (41)/ 03-16 \3770 (44)/ 03-08 \880 (6)
[馬 単] 16-08 \26540 (82)
[3連複] 03-08-16 \22830 (75/816)
[3連単] 16-08-03 \217720 (640/4896)

※出馬表・成績・オッズ等は、主催者発表のものと照合してください