第4回紫苑ステークス2019(秋華賞トライアル)の過去傾向データを掲載します。
カレンブーケドール、レッドベルディエス、フェアリーポルカ、グラディーヴァなどが紫苑S2019出走予定馬となっています。
過去10年の1着から3着のレース結果成績表から枠順、馬番、人気、脚質等のデータ分析や出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値や過去傾向を把握したいと思います。





《紫苑ステークス 過去10年成績表》を見ると、枠番・馬番・人気・騎手・脚質・血統などが分かると思います。
気になるデータ項目を掲載しておきます。
予想の参考になれば幸いです。

中山での過去10年の3着内馬成績データ表

紫苑S2019 過去10年成績データ表

※画像はクリックすると拡大されます。

紫苑ステークス 予想参考 過去のデータ傾向

※中山での過去10年

枠番傾向

紫苑S2019 枠番データ

馬番傾向

紫苑S2019 馬番データ

基本的には、枠順は内枠が有利なコースです。
外枠は多頭数になるにつれて厳しくなります。

人気傾向

紫苑S2019 人気データ

連対馬20頭中⇒9頭が3人気以内からとなっています。
3着内馬30頭中⇒28頭が8番人気以内からとなっています。

脚質傾向

紫苑S2019 脚質データ

<差し>が14連対でトップとなっています。
連対馬20頭中⇒14頭が4角7番手以内の位置取りとなっています。
最終コーナーでは、中団ぐらいにはいないとキビシイ感じです。

前走脚質傾向

紫苑S2019 前走脚質データ

前走脚質は<差し>が9連対でトップとなっています。
連対馬20頭中⇒16頭が前走上がり3ハロン順位が7位以内となっています。





血統傾向

※中山芝2000mコースのレースデータを参照。データ期間は、2014年1月5日から2019年4月14日。過去5年。

種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 平人気
ディープインパクト 38- 28- 31-178/275 13.8% 24.0% 35.3% 80 79 5.2人気
ステイゴールド 26- 23- 28-201/278 9.4% 17.6% 27.7% 85 83 7.4人気
ハーツクライ 24- 22- 21-165/232 10.3% 19.8% 28.9% 66 100 6.6人気
ハービンジャー 21- 15- 17-141/194 10.8% 18.6% 27.3% 74 60 6.6人気
キングカメハメハ 14- 16- 16-108/154 9.1% 19.5% 29.9% 34 63 6.3人気
ゼンノロブロイ 11- 6- 6- 90/113 9.7% 15.0% 20.4% 63 68 7.7人気
マンハッタンカフェ 8- 11- 9- 81/109 7.3% 17.4% 25.7% 66 86 7.3人気
ルーラーシップ 8- 7- 7- 54/ 76 10.5% 19.7% 28.9% 43 86 6.8人気
ヴィクトワールピサ 7- 6- 3- 69/ 85 8.2% 15.3% 18.8% 31 35 6.9人気
シンボリクリスエス 7- 4- 5- 86/102 6.9% 10.8% 15.7% 35 85 8.8人気
メイショウサムソン 6- 6- 6- 47/ 65 9.2% 18.5% 27.7% 46 64 6.8人気
コンデュイット 5- 7- 2- 72/ 86 5.8% 14.0% 16.3% 46 32 9.5人気
ブラックタイド 4- 3- 6- 66/ 79 5.1% 8.9% 16.5% 20 47 9.3人気
スクリーンヒーロー 4- 3- 2- 37/ 46 8.7% 15.2% 19.6% 86 44 9.0人気
ロードカナロア 4- 1- 2- 9/ 16 25.0% 31.3% 43.8% 65 61 4.0人気
ダイワメジャー 3- 6- 7- 40/ 56 5.4% 16.1% 28.6% 20 84 7.0人気
オルフェーヴル 3- 5- 2- 42/ 52 5.8% 15.4% 19.2% 53 44 7.3人気
バゴ 3- 4- 4- 14/ 25 12.0% 28.0% 44.0% 80 116 7.8人気
ネオユニヴァース 3- 2- 5- 77/ 87 3.4% 5.7% 11.5% 9 63 7.9人気
ドリームジャーニー 3- 2- 5- 13/ 23 13.0% 21.7% 43.5% 59 132 5.3人気
カンパニー 3- 1- 4- 17/ 25 12.0% 16.0% 32.0% 23 114 6.8人気
グラスワンダー 3- 1- 2- 20/ 26 11.5% 15.4% 23.1% 87 89 10.7人気


ディープインパクトがトップとなっています。

ラップギア

登録馬

馬名 ラップギア
アップライトスピン ディープインパクト 消0平0瞬2
ウエスタンランポ ベーカバド 消1平0瞬0
エアジーン ハービンジャー 消0平2瞬0
カレンブーケドール ディープインパクト 消0平2瞬2
クールウォーター ディープインパクト 消0平0瞬1
グラディーヴァ ハービンジャー 消0平0瞬2
スパークオブライフ ルーラーシップ 消0平1瞬1
トーセンガーネット アグネスデジタル 消0平0瞬0
パッシングスルー ルーラーシップ 消1平0瞬1
フィリアプーラ ハービンジャー 消0平1瞬1
フェアリーポルカ ルーラーシップ 消0平0瞬2
$メイクハッピー square eddie 消1平0瞬2
レオンドーロ スクリーンヒーロー 消0平4瞬1
レッドベルディエス ディープインパクト 消1平0瞬2
ローズテソーロ ハーツクライ 消0平0瞬2


ラップギア区分

消耗戦(ラスト4ハロンで加速ラップなし)
  →1レース
平坦戦(ラスト4ハロンで0.1秒から0.4秒の加速ラップあり)
  →6レース
瞬発戦(ラスト4ハロンで0.5秒以上の加速ラップあり)
  →3レース

中山での過去10年の勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬

(※出走時点)
2018年 平坦戦
 1着ノームコア     消0平1瞬1 父ハービンジャー
2017年 平坦戦
 1着ディアドラ     消2平3瞬1 父ハービンジャー
2016年 平坦戦
 1着ビッシュ      消0平0瞬2 父ディープインパクト(SS系)
2015年 瞬発戦
 1着クインズミラーグロ 消0平0瞬5 父マンハッタンカフェ(SS系)
2013年 消耗戦
 1着セキショウ     消0平0瞬4 父シンボリクリスエス
2012年 瞬発戦
 1着パララサルー    消0平2瞬2 父ディープインパクト(SS系)
2011年 平坦戦
 1着カルマート     消0平1瞬2 父シンボリクリスエス
2010年 瞬発戦
 1着ディアアレトゥーサ 消0平1瞬2 父トーセンダンス(SS系)
2009年 平坦戦
 1着ダイアナバローズ  消0平1瞬1 父シンボリクリスエス
2008年 平坦戦
 1着モエレカトリーナ  消0平0瞬1 父ゴールドヘイロー(SS系)

中山芝2000mコースは、基本的には瞬発戦平坦戦ラップの可能性が高いコースとなっています。

過去10年で瞬発戦の数字が多かった勝ち馬⇒9頭(同数含む)となっています。
レースラップは、平坦戦がヤヤ多くなっていますが瞬発戦実績の多い馬が優勢な傾向となっています。

データまとめ

秋華賞トライアルの紫苑Sです。
中心となりそうなのうはオークス2着のカレンブーケドールとなりそうです。
ラップギア適性値は【消0平2瞬2】となっています。
平坦戦ラップが多くなっている紫苑Sですので、平坦戦瞬発戦が同じということで良い感じです。
中山芝実績もありますし、上がり33秒台での1着実績もありますので、G3ならば信頼できるような気がします。

前走福島芝1800mの1勝クラスを勝ったレッドベルディエス
クイーンC(G3)5着以外は全て連対しています。
このメンバー構成なら上位争いの1頭だと思います。
ラップギア適性値は【消1平0瞬2】となっています。
前走速い流れの消耗戦ラップで勝利していますので、平坦戦ラップも問題と思います。

カレンブーケドールとレッドベルディエスは、ディープインパクト産駒です。


中央移籍初戦となるトーセンガーネットの走りにも注目です。
南関東牝馬三冠レースのうち、桜花賞(浦和)と東京プリンセス賞を制しています。
また、関東オークスでも3着となっている馬です。
芝は、2歳時に札幌のクローバー賞8着がありますが、成長しての芝での走りに再注目です。