サマースプリントシリーズ第33回産経賞セントウルステークス2019の予想と前走レース等からの過去傾向データ分析です。
セントウルS過去5年の1着から3着馬の前走成績表等から好走している馬の条件を調べ《傾向まとめ表》順位表などを作成し予想していきます。
また、レース確定後には、レース結果、配当(払戻金)も掲載予定です。





過去5年の前走レースデータ等からデータ分析をしたいと思います。
穴馬候補や注目馬などを見つけだす参考資料になれば幸いです。

過去5年前走成績データ表(2019年版)

セントウルS2019 過去5年前走データ表


《セントウルS 過去5年前走データ表》から把握できる気になる傾向項目とデータ表からは把握できない気になる傾向項目を以下に記述しておきます。

セントウルS2019 傾向まとめ表 チェック基準

【前走着順】

連対馬10頭中⇒9頭が前走重賞5着以内の馬となっています。

【着差】

負け着差は、重賞0.2秒以内が目安。

【前走レース】

連対馬10頭中⇒全馬10頭が前走重賞からとなっています。

【近走】

連対馬10頭中⇒全馬10頭に前3走内で5着以内が2回以上(2着内+5着内)あります。

【距離実績】

連対馬10頭中⇒全馬10頭に1200mでの1着実績があります。
連対馬10頭中⇒9頭が1200m2勝以上となっています。
残りの1頭は、1200mの重賞勝ち馬。

【馬場】

阪神芝内回りコースなので、基本的には重い芝適性を重視したいが、馬場の良い9月(夏)の開幕週であり、雨が降らなければ馬場は良さそう。
過去5年成績表を見ると、連対馬10頭中⇒6頭がレースでの上3Fが34.0秒以下となっているレースなので、上がり33秒台での1着実績がほしい感じがする。




セントウルS2019 傾向まとめ表

傾向まとめ表(2019年版)

傾向まとめ表のチェック基準の6項目を出走馬でチェックしました。


セントウルS2019 傾向まとめ表

傾向まとめ表 過去の結果

◆Aランク(6項目該当=6点、5点)Bランク(4点、3点)Cランク(2点、1点)Dランク(0点)
※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2018年⇒2位(B4)、3位(B3)、6位(B3)
2017年⇒3位(B4)、4位(A6)、2位(A6)
2016年⇒1位(A6)、3位(A6)、10位(C1)
2015年⇒12位(D0)、1位(A5)、5位(B3)
2014年⇒1位(A5)、3位(C2)、2位(B3)
2013年⇒2位(A6)、1位(A6)、3位(A5)
2012年⇒7位(B3)、2位(A5)、13位(B4)

 Aランク【3-5-2】
 Bランク【3-1-4】
 Cランク【0-1-1】
 Dランク【1-0-0】


参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

セントウルステークス2019予想

セントウルS2019枠順とラップギア

枠順確定しました。

馬名 替 騎手 ラップギア
1 1 ペイシャフェリシタ *幸英明 ハーツクライ 消1平5瞬3
2 2 $マテラスカイ 武豊 speightstown 消6平4瞬0
3 3 キングハート 小崎綾也 オレハマッテルゼ 消6平5瞬2
4 4 イベリス 浜中俊 ロードカナロア 消1平0瞬2
4 5 ラブカンプー 川須栄彦 ショウナンカンプ 消4平4瞬2
5 6 ファンタジスト *和田竜二 ロードカナロア 消1平2瞬1
5 7 *タワーオブロンドン ルメール raven’s pass 消1平3瞬4
6 8 ダイメイプリンセス *川田将雅 キングヘイロー 消5平4瞬0
6 9 カイザーメランジェ 江田照男 サクラオリオン 消3平3瞬0
b7 10 $モーニン *岩田康誠 henny hughes 消1平2瞬4
7 11 アンヴァル 藤岡康太 ロードカナロア 消4平2瞬0
8 12 $ミスターメロディ 福永祐一 scat daddy 消1平4瞬2
8 13 タマモブリリアン *太宰啓介 ダンスインザダーク 消5平5瞬0


セントウルS2019 過去傾向・データ

ラップギア傾向や過去10年の過去傾向は以下の記事で書いています。

予想はこうなりました。

《傾向まとめ表》の過去7年では、連対馬14頭中⇒11頭が3位以内からとなっていました。
7年連続で3位以内から連対馬が出ています。

ランクは、Aランクがトップとなっています。


《傾向まとめ表》3位以内が好調ですが、本命◎は4位A5点のアンヴァルにします。
マテラスカイとイベリスが内枠にいますので、ハイペース濃厚でアンヴァルの末脚に期待したいと思います。
近走も安定していますので、馬券圏内には来てくれると考えています。

対抗○は、勝ち切れない印象もありますが連軸なら一番と思えるタワーオブロンドンにします。

単穴▲は、キングヘイロー産駒のダイメイプリンセス。
末脚はまればという感じですが……。

☆穴馬は、52キロの3歳牝馬イベリスに注目。
マテラスカイの2番手で前残りがあってもと考えます。
斤量も軽いので期待したいところです。


◎アンヴァル
◯タワーオブロンドン
▲ダイメイプリンセス
☆イベリス
△ミスターメロディ


セントウルステークス、印をつけた馬たちの好走を期待したいと思います。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになれば良いですね。

セントウルS2019 レース結果と配当(払い戻し金)

1着は1番人気だったタワーオブロンドン(C.ルメール騎手)が勝利しました。
2着は7番人気ファンタジスト(和田竜二騎手)、3着は3番人気イベリス(浜中俊騎手)となっています。

セントウルS2019 レース結果全着順


[単 勝] 7 \270
[複 勝] 7 \130 / 6 \340 / 4 \180
[枠 連] 5-5 \2070 (10)
[馬 連] 06-07 \2220 (10)
[ワイド] 06-07 \780 (12)/ 04-07 \350 (2)/ 04-06 \1300 (17)
[馬 単] 07-06 \3380 (15)
[3連複] 04-06-07 \4060 (15/286)
[3連単] 07-06-04 \19570 (70/1716)

※出馬表・成績・オッズ等は、主催者発表のものと照合してください