ニュージーランドトロフィー2017 出走予定馬のラップギアと血統データ傾向

2017年4月3日

第35回ニュージーランドトロフィー2017(NHKマイルカップトライアル)の出走予定馬のラップギアと血統のデータ傾向です。
4月8日(土)中山競馬場では、NZT2017(3歳・G2・芝1600m外回り)が行われますので、出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値、血統、過去傾向データを把握します。

スポンサーリンク

☆NZT⇒穴っぽい注目馬は[競馬ブログランキング]で公開中です!

トラコミュ
桜花賞 データ分析
ニュージーランドT データ分析
阪神牝馬S データ分析

ニュージーランドトロフィー2017ラップギア

登録馬のラップギア適性値と種牡馬(血統)

馬名ラップギア
イノバティブディープブリランテ消0平1瞬1
カリビアンゴールドステイゴールド消0平1瞬1
クライムメジャーダイワメジャー消0平1瞬1
サンアンカレッジアッミラーレ消0平2瞬1
ジャッキーサムライハート消0平1瞬1
ジョーストリクトリジョーカプチーノ消0平0瞬2
スズカゼディープブリランテ消1平1瞬0
スズカメジャーダイワメジャー消0平0瞬2
セイカチトセヴァーミリアン消0平1瞬1
タイセイスターリーマンハッタンカフェ消0平2瞬0
タイムトリップロードアルティマ消1平2瞬1
ダイイチターミナルコンデュイット消1平1瞬2
ダイメイフジアグネスデジタル消0平1瞬2
ディバインコードマツリダゴッホ消0平3瞬1
ナイトバナレットディープブリランテ消0平1瞬1
ブラックオニキスブラックタイド消0平2瞬1
ボンセルヴィーソダイワメジャー消1平0瞬2
マンカストラッププリサイスエンド消1平1瞬0
メイソンジュニアmayson消0平1瞬1
モンサンレガーメケイムホーム消0平0瞬2
ライオネルカズマキングカメハメハ消0平1瞬0
ライズスクリュートーセンホマレボシ消0平0瞬1
ランガディアキングカメハメハ消0平0瞬2
ロジムーンゼンノロブロイ消0平1瞬2

中山での過去10年のラップギア区分

 ◆消耗戦(ラスト4ハロンで加速ラップなし)
   →1レース
 ◆平坦戦(ラスト4ハロンで0.1秒から0.4秒の加速ラップあり)
   →7レース
 ◆瞬発戦(ラスト4ハロンで0.5秒以上の加速ラップあり)
   →2レース

ニュージーランドトロフィー2017 中山での過去10年の勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬

(※出走時点)
2016年 平坦戦
 1着ダンツプリウス   消0平2瞬3 父ブライアンズタイム
2015年 平坦戦
 1着ヤマカツエース   消1平2瞬0 父キングカメハメハ
2014年 平坦戦
 1着ショウナンアチーヴ 消0平3瞬0 父ショウナンカンプ
2013年 瞬発戦
 1着エーシントップ   消0平3瞬1 父Tale of the Cat
2012年 平坦戦
 1着カレンブラックヒル 消0平2瞬0 父ダイワメジャー(SS系)
2010年 平坦戦
 1着サンライズプリンス 消0平1瞬1 父アグネスタキオン(SS系)
2009年 瞬発戦
 1着サンカルロ     消0平1瞬1 父シンボリクリスエス
2008年 消耗戦
 1着サトノプログレス  消0平1瞬3 父タイキシャトル
2007年 平坦戦
 1着トーホウレーサー  消0平1瞬1 父チーフベアハート
2006年 平坦戦
 1着マイネルスケルツィ 消0平1瞬3 父グラスワンダー

 単行本『ラップギア』では、中山芝1600m外回りのコース適性値は、消2平6瞬3となっています。

《ラップギア データまとめ》

 勝ち馬10頭中⇒7頭が平坦戦の数字が一番多い(同数含む)馬となっています。
 勝ち馬全馬に平坦戦ラップでの好走歴がありますので、平坦戦ラップ実績はほしいところです。

NZTの穴っぽい注目馬は⇒中人気ブログランキングへ

トラコミュ
桜花賞 データ分析
ニュージーランドT データ分析
阪神牝馬S データ分析


競馬予想ランキング

※自分のラップ分析は岡村信将氏のラップ理論(ラップギア)を基本にしております。(ブログに書くことは了解頂いてます。)