中山金杯2021の過去傾向データです。(予想はレース前日に掲載)
令和3年1月5日(火)中山競馬場では【第70回日刊スポーツ賞中山金杯2021】が行われます。
芝2000mの4歳上のG3のハンデ戦のレースで、ディープボンド、ヒシイグアス、ダーリントンホール、ヴァンケドミンゴなどが出走予定馬(登録馬)となっています。
過去10年の1着から3着をまとめた成績表や過去5年の前走データ等の過去傾向を調べて把握したいと思います。







《中山金杯 過去10年成績表》を見ると、枠番・馬番・人気・騎手・脚質・血統などが分かると思います。
気になるデータ項目を掲載しておきます。
予想の参考になれば幸いです。

中山金杯2021予想参考 過去10年のデータ傾向

過去10年の3着内馬成績データ表

中山金杯2021 過去10年成績データ表

※画像はクリックすると拡大されます。

中山金杯2021 傾向まとめ表 チェック基準

過去5年前走成績データ表(2021年版)

中山金杯2021 過去5年前走データ表


《中山金杯 過去5年前走データ表》から把握できる気になる傾向項目とデータ表からは把握できない気になる傾向項目を以下に記述しておきます。

過去5年の前走等のデータ傾向

【前走着順】
連対馬10頭中⇒9頭が前走5着以内の馬となっています。
勝ち馬5頭中⇒4頭は前走3着内馬となっています。

【着差】
負け着差は、重賞で0.6秒以内が目安。

【前走レース】
連対馬10頭中⇒7頭が重賞、3頭がオープン特別からとなっています。
勝ち馬5頭中⇒4頭が重賞組。

【近走】
連対馬10頭中⇒7頭に前3走内で5着以内が2回以上(3着内+5着内)あります。

【距離実績】
連対馬10頭中⇒8頭に2000mでの1着実績があります。
残りの2頭には1800mでの1着実績があり。

【馬場】
中山芝や札幌芝・函館芝・阪神芝内回りでの実績に注目。

中山金杯2021 枠順とラップギア

【中山金杯枠順確定】

馬名 替 騎手 ラップギア
1 1 ロードクエスト *西村淳也 マツリダゴッホ 消0平3瞬4
1 2 *テリトーリアル 石川裕紀 teofilo 消3平7瞬2
2 3 ココロノトウダイ 丸山元気 エイシンフラッシュ 消0平4瞬1
b2 4 マイネルサーパス 丹内祐次 アイルハヴアナザー 消2平1瞬4
3 5 ショウナンバルディ *津村明秀 キングズベスト 消0平3瞬4
3 6 カデナ *三浦皇成 ディープインパクト 消1平1瞬5
4 7 マウントゴールド *内田博幸 ステイゴールド 消1平4瞬1
4 8 リュヌルージュ *中井裕二 モンテロッソ 消2平3瞬2
5 9 ヒシイグアス 松山弘平 ハーツクライ 消0平2瞬5
5 10 アールスター 長岡禎仁 ロードカナロア 消0平5瞬6
6 11 ディープボンド 和田竜二 キズナ 消0平1瞬2
6 12 ロザムール 北村宏司 ローズキングダム 消0平2瞬3
7 13 シークレットラン *横山武史 ダンカーク 消1平5瞬3
7 14 ヴァンケドミンゴ *藤岡康太 ルーラーシップ 消2平3瞬1
8 15 $ダーリントンホール M.デム new approach 消0平0瞬2
8 16 ウインイクシード *戸崎圭太 マンハッタンカフェ 消0平6瞬4
8 17 バイオスパーク 池添謙一 オルフェーヴル 消1平6瞬6


中山芝2000mコースは、基本的には瞬発戦ラップの可能性が高いコースとなっています。

中山金杯2021 傾向まとめ表

【傾向まとめ表(2021年版)】
※傾向まとめ表のチェック基準の6項目+αを加えた順位表です。


中山金杯2021 傾向まとめ表


・傾向まとめ表 過去の結果
◆Aランク(6項目該当=6点、5点)Bランク(4点、3点)Cランク(2点、1点)Dランク(0点)
※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2020年⇒2位(A6)、7位(B3)、13位(B3)
2019年⇒6位(B3)、3位(A5)、8位(B3)
2018年⇒2位(B4)、3位(B4)、15位(C2)
2017年⇒2位(A5)、6位(C1)、3位(C2)
2016年⇒2位(A6)、3位(B4)、1位(A5)
2015年⇒5位(C2)、4位(C2)、3位(A5)
2014年⇒6位(C2)、7位(C2)、1位(A5)
2013年⇒2位(A6)、3位(A6)、5位(C1)
2012年⇒2位(A5)、7位(C2)、4位(A5)

 Aランク【5-2-4】
 Bランク【2-3-2】
 Cランク【2-4-3】
 Dランク【0-0-0】


参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

中山金杯2021予想の印はこうなりました。

《傾向まとめ表》の過去9年では、連対馬18頭中⇒10頭が3位以内からとなっていました。

ランクは、Aランクが勝ち馬、連対数でトップとなっています。


波乱含みのハンデ戦の中山金杯のようです。

本命◎は、近走好走していて安定感を出しているヴァンケドミンゴにします。
中山コースが得意という感じではありませんが、近走は福島で結果仔だしているので、現状なら中山でも問題ないと考えます。

以下の5頭に注目してみました。


◎ヴァンケドミンゴ
◯ディープボンド
▲バイオスパーク
☆ショウナンバルディ
△ヒシイグアス


中山金杯、印をつけた馬たちの好走を期待したいと思います。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになれば良いですね。