1月5日(土)京都競馬場で行われる第57回スポーツニッポン賞京都金杯2019予想と過去傾向データです。
京都金杯は、芝1600m外回りの4歳上・G3のハンデ戦の重賞レースです。
過去5年のハンデ(斤量)データを調べると、55キロ・57キロが3連対でトップとなっていました。
55キロ以上が中心となっています。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

スポンサーリンク

京都金杯2019予想

競馬SevenDaysのホーボーです。
本日は、京都金杯を過去データなどを考えつつ予想します。

出走馬の枠順とラップギア

馬名 ラップギア
1 1 ストーミーシー アドマイヤムーン 消1平4瞬4
1 2 サラキア ディープインパクト 消0平1瞬3
2 3 カツジ ディープインパクト 消0平0瞬3
2 4 グァンチャーレ スクリーンヒーロー 消0平5瞬7
3 5 バリス ステイゴールド 消0平7瞬4
3 6 アドマイヤアルバ ハーツクライ 消0平3瞬5
4 7 ミエノサクシード ステイゴールド 消0平3瞬6
4 8 ヒーズインラブ ハービンジャー 消0平4瞬4
5 9 スマートオーディン ダノンシャンティ 消0平1瞬4
5 10 リライアブルエース ディープインパクト 消0平2瞬4
6 11 トゥラヴェスーラ ドリームジャーニー 消2平1瞬0
6 12 パクスアメリカーナ クロフネ 消0平1瞬3
7 13 アサクサゲンキ stormy atlantic 消1平2瞬2
7 14 ゴールドサーベラス スクリーンヒーロー 消0平6瞬0
8 15 マイスタイル ハーツクライ 消0平2瞬5
8 16 ツーエムマイスター メイショウボーラー 消2平5瞬3
8 17 ロードクエスト マツリダゴッホ 消0平3瞬4

   トラコミュ

過去傾向データ

【勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬】
(※出走時点の数字)
2018年 瞬発戦
 1着ブラックムーン   消0平6瞬4 父アドマイヤムーン
2017年 平坦戦
 1着エアスピネル    消0平0瞬3 父キングカメハメハ
2016年 平坦戦
 1着ウインプリメーラ  消0平3瞬5 父ステイゴールド(SS系)
2015年 平坦戦
 1着ウインフルブルーム 消1平1瞬4 父スペシャルウィーク(SS系)
2014年 平坦戦
 1着エキストラエンド  消0平1瞬4 父ディープインパクト(SS系)

京都芝1600m外回りのコース適性値は、消1平6瞬3となっています。

【傾向まとめ表】
京都金杯2019 傾向まとめ表

※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2018年⇒4位(A5)、3位(B4)、1位(A6)
2017年⇒1位(A6)、8位(B4)、5位(A5)
2016年⇒5位(B3)、12位(C2)、7位(A5)
2015年⇒6位(C2)、5位(B4)、10位(B3)
2014年⇒11位(C2)、2位(A5)、8位(B4)
2013年⇒4位(B3)、6位(B4)、5位(A5)
2012年⇒4位(B3)、2位(A5)、9位(B4)

 Aランク【2-2-4】
 Bランク【3-4-3】
 Cランク【2-1-0】
 Dランク【0-0-0】

参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

印はこうなりました。

《傾向まとめ表》の過去7年では、連対馬14頭中⇒9頭が5位以内からとなっていました。
連対馬は、4位・5位ぐらいが狙い目となりそうな感じです。

ランクは、Bランクが中心となっています。

前走リゲルSを楽勝したパクスアメリカーナが中心となりそうです。
ハンデも55キロで良い感じです。
が、本命◎は、実績上位の馬にしたいと思います。
能力・実績から考えると妙味もありそうな感じなので、好走を期待したいと思います。

◎カツジ
◯パクスアメリカーナ
▲アドマイヤアルバ
☆リライアブルエース
△サラキア


競馬予想ランキング

スポンサーリンク
【PR】
地方競馬を楽しむならオッズパーク!
簡単登録で地方競馬へ投票
ないものはない!お買い物なら楽天市場