菊花賞2019の予想と各種過去傾向データを掲載します。
ヴェロックス、ワールドプレミア、ニシノデイジー、ヒシゲッコウなどが第80回菊花賞2019出走予定馬となっています。
過去10年の1着から3着のレース結果成績表や枠順、人気、脚質、ラップギア等のデータ分析や過去5年の前走等から傾向まとめ表を作成し予想していきます。
また、レース確定後には、レース結果、配当(払戻金)も掲載予定です。







《菊花賞 過去10年成績表》を見ると、枠番・馬番・人気・騎手・脚質・血統などが分かると思います。
気になるデータ項目を掲載しておきます。
予想の参考になれば幸いです。

菊花賞 予想参考 過去10年のデータ傾向

過去10年の3着内馬成績データ表

菊花賞2019 過去10年成績データ表

※画像はクリックすると拡大されます。

過去10年の各データ傾向

【枠番傾向】
菊花賞2019 枠番データ

【馬番傾向】
菊花賞2019 馬番データ

基本的には、枠順は最初のコーナーまでが短い影響で内枠が有利なコース。

【人気傾向】
菊花賞2019 人気データ

連対馬20頭中⇒半数の10頭が3人気以内からとなっています。
1番人気は5勝2着1回とマズマズとなっていますが、2番人気は2着3回のみ、3番人気は1着1回のみと信頼度はイマイチのようです。
3着内馬30頭中⇒24頭が7番人気以内からとなっています。

【脚質傾向】
菊花賞2019 脚質データ

<先行><差し>が各9連対で互角となっています。
連対馬20頭中⇒17頭が4角8番手以内の位置となっています。
後方一気では厳しく、4角では中団より前に位置しての末脚勝負のレースです。

【前走脚質傾向】
菊花賞2019 前走脚質データ

前走脚質は<差し>が11連対でトップとなっています。
連対馬20頭中⇒18頭が前走上がり3ハロン順位が5位以内となっています。

【血統傾向】
※京都芝3000m外回りコースのレースデータを参照。集計期間:2009. 1. 4 ~ 2019. 1. 6。過去10年。
・種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ディープインパクト 2- 2- 3-23/30 6.7% 13.3% 23.3% 56 88
ダンスインザダーク 2- 2- 0- 3/ 7 28.6% 57.1% 57.1% 315 208
ステイゴールド 2- 2- 0-17/21 9.5% 19.0% 19.0% 13 41
シンボリクリスエス 1- 2- 0- 8/11 9.1% 27.3% 27.3% 14 32
マンハッタンカフェ 1- 1- 2-21/25 4.0% 8.0% 16.0% 68 40
ゼンノロブロイ 1- 1- 2- 4/ 8 12.5% 25.0% 50.0% 88 120
ネオユニヴァース 1- 1- 0- 9/11 9.1% 18.2% 18.2% 26 37
スペシャルウィーク 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 172 70
エルコンドルパサー 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7% 75 23
フジキセキ 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3% 72 25
ルーラーシップ 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 150 70
アドマイヤベガ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 315 145
ブラックタイド 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7% 223 61
クロフネ 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 923 316
バゴ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 1160 235
タイキシャトル 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 850 190
ナカヤマフェスタ 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 2330 320
king’s best 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 880 230
キングカメハメハ 0- 4- 3-16/23 0.0% 17.4% 30.4% 0 86
ハーツクライ 0- 1- 1-15/17 0.0% 5.9% 11.8% 0 17
ディープスカイ 0- 1- 1- 1/ 3 0.0% 33.3% 66.7% 0 330
チチカステナンゴ 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 140


ディープインパクトがトップとなっています。

【ラップギア】
菊花賞2019枠順確定しました。

馬名 替 騎手 ラップギア
1 1 ザダル 石橋脩 トーセンラー 消0平0瞬3
1 2 ニシノデイジー *ルメール ハービンジャー 消1平3瞬0
2 3 カリボール *藤井勘一 ジャスタウェイ 消0平1瞬4
2 4 $ユニコーンライオン 岩田康誠 no nay never 消0平2瞬2
3 5 ワールドプレミア 武豊 ディープインパクト 消0平2瞬1
3 6 ディバインフォース 横山典弘 ワークフォース 消1平0瞬2
4 7 ヒシゲッコウ *スミヨン ルーラーシップ 消0平2瞬1
4 8 メロディーレーン *坂井瑠星 オルフェーヴル 消0平1瞬1
5 9 ヴァンケドミンゴ *藤岡佑介 ルーラーシップ 消1平2瞬1
5 10 カウディーリョ *M.デム キングカメハメハ 消0平0瞬3
6 11 シフルマン 松山弘平 ハービンジャー 消0平0瞬4
6 12 レッドジェニアル 酒井学 キングカメハメハ 消0平1瞬1
7 13 ヴェロックス 川田将雅 ジャスタウェイ 消0平1瞬5
7 14 サトノルークス *福永祐一 ディープインパクト 消1平0瞬4
7 15 ホウオウサーベル 蛯名正義 ハーツクライ 消0平1瞬2
8 16 ナイママ 柴田大知 ダノンバラード 消2平0瞬0
8 17 タガノディアマンテ 田辺裕信 オルフェーヴル 消0平0瞬2
8 18 メイショウテンゲン 池添謙一 ディープインパクト 消0平2瞬2



・ラップギア区分
消耗戦(ラスト4ハロンで加速ラップなし)
  →0レース
平坦戦(ラスト4ハロンで0.1秒から0.4秒の加速ラップあり)
  →6レース
瞬発戦(ラスト4ハロンで0.5秒以上の加速ラップあり)
  →4レース

・過去10年の勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬
(※出走時点)
2018年 瞬発戦
 1着フィエールマン   消0平2瞬1 父ディープインパクト(SS系)
2017年 瞬発戦
 1着キセキ       消0平1瞬3 父ルーラーシップ
2016年 平坦戦
 1着サトノダイヤモンド 消0平1瞬4 父ディープインパクト(SS系)
2015年 瞬発戦
 1着キタサンブラック  消0平0瞬4 父ブラックタイド(SS系)
2014年 平坦戦
 1着トーホウジャッカル 消0平1瞬2 父スペシャルウィーク(SS系)
2013年 平坦戦
 1着エピファネイア   消0平3瞬3 父シンボリクリスエス
2012年 平坦戦
 1着ゴールドシップ   消0平2瞬5 父ステイゴールド(SS系)
2011年 瞬発戦
 1着オルフェーヴル   消0平3瞬4 父ステイゴールド(SS系)
2010年 平坦戦
 1着ビッグウィーク   消0平3瞬4 父バゴ
2009年 平坦戦
 1着スリーロールス   消0平0瞬4 父ダンスインザダーク(SS系)

京都芝3000m外回りコースは、基本的には平坦戦ラップと瞬発戦ラップの可能性が高いコースとなっています。

過去10年で平坦戦の数字が多かった勝ち馬⇒2頭(同数含む)、瞬発戦の数字が多かった勝ち馬⇒9頭(同数含む)となっています。
瞬発戦実績馬が中心となりそうですが、平坦戦での好走実績もあったほうが良さそうな菊花賞です。

菊花賞2019 傾向まとめ表 チェック基準

過去5年前走成績データ表(2019年版)

菊花賞2019 過去5年前走データ表


《菊花賞 過去5年前走データ表》から把握できる気になる傾向項目とデータ表からは把握できない気になる傾向項目を以下に記述しておきます。

過去5年の前走等のデータ傾向

【前走着順】
連対馬10頭中⇒9頭が前走重賞3着以内の馬となっています。

【着差】
負け着差は、重賞0.3秒以内が目安。

【前走レース】
連対馬10頭中⇒全馬10頭が前走重賞からとなっています。
前走レースとしては、神戸新聞杯組が6連対(3勝)しており、毎年連対馬が出ています。

【近走】
連対馬10頭中⇒9頭に前3走内で3着以内が2回以上あります。

【距離実績】
連対馬10頭中⇒6頭に2400m以上での3着内実績があります。
残りの4頭のうち2頭には、2200mで1着あり。

【馬場】
京都芝コースなので、京都のほか東京芝や阪神芝外回り、新潟芝での好走歴がある軽い芝適性に注意したい感じがする。

第80回菊花賞2019 傾向まとめ表

【傾向まとめ表(2019年版)】
傾向まとめ表のチェック基準の6項目を出走馬でチェックしました。


菊花賞2019 傾向まとめ表


・傾向まとめ表 過去の結果
◆Aランク(6項目該当=6点、5点)Bランク(4点、3点)Cランク(2点、1点)Dランク(0点)
※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2018年⇒7位(B3)、1位(A6)、13位(C1)
2017年⇒2位(A6)、13位(C1)、9位(C1)
2016年⇒2位(A6)、7位(C2)、8位(C1)
2015年⇒6位(B3)、1位(A6)、2位(A5)
2014年⇒4位(B4)、3位(A5)、11位(C2)
2013年⇒1位(A6)、3位(A5)、5位(B3)
2012年⇒1位(A6)、3位(B4)、9位(C2)

 Aランク【4-4-1】
 Bランク【3-1-1】
 Cランク【0-2-5】
 Dランク【0-0-0】


参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

菊花賞2019予想

《傾向まとめ表》の過去7年では、連対馬14頭中⇒9頭が3位以内からとなっていました。
7年連続で3位以内から連対馬が1頭は出ています。

ランクは、Aランクがトップとなっています。


日本ダービー馬、皐月賞馬が不在の今年の菊花賞です。
先週の秋華賞も同じような感じでしたが、春のクラシック路線で好走していたクロノジェネシスが勝利し、2着、3着も春のクラシック路線組となりました。

菊花賞も、やはり皐月賞2着、日本ダービー3着のヴェロックスが中心となりそうです。
ただ、2番手以下が皐月賞、日本ダービー未出走のワールドプレミア、皐月賞17着、日本ダービー5着のニシノデイジーですので、夏の上がり馬にもチャンスがありそうな感じがします。

本命◎は、1勝クラス・2勝クラスを2連勝中のホウオウサーベルにしました。
先行し、速い上がりの脚も使え菊花賞の舞台は良いと考えます。
鞍上の蛯名正義騎手は、今年も調教師試験に落ちてしまったようなので、G1での一発を期待します。


◎ホウオウサーベル
◯ヴェロックス
▲ヒシゲッコウ
☆レッドジェニアル
△ワールドプレミア


菊花賞、印をつけた馬たちの好走を期待したいと思います。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになれば良いですね。

菊花賞2019 レース結果と配当(払い戻し金)

1着は3番人気だったワールドプレミア(武豊騎手)が勝利しました。
2着は8番人気サトノルークス(福永祐一騎手)、3着は1番人気ヴェロックス(川田将雅騎手)となっています。


菊花賞2019 レース結果全着順


[単 勝] 5 \650
[複 勝] 5 \180 / 14 \390 / 13 \120
[枠 連] 3-7 \610 (2)
[馬 連] 05-14 \4680 (17)
[ワイド] 05-14 \1460 (17)/ 05-13 \320 (1)/ 13-14 \720 (7)
[馬 単] 05-14 \7640 (29)
[3連複] 05-13-14 \3070 (9/816)
[3連単] 05-14-13 \23510 (70/4896)

※出馬表・成績・オッズ等は、主催者発表のものと照合してください