京成杯オータムハンデキャップ2021予想と関連過去データ

2021年9月12日(日)中山競馬場で行われるサマーマイルシリーズ
第66回京成杯オータムハンデキャップに役立ちそうな過去傾向データなどの関連資料を掲載しています。
少しでも京成杯AHの予想の参考資料の1つにでもなればと思います。





京成杯オータムハンデキャップ関連データ【2021年】

出走予定馬(登録馬)

馬名ラップギア
アカノニジュウイチブラックタイド消0平2瞬2
カテドラルハーツクライ消1平3瞬3
カラテトゥザグローリー消0平6瞬0
カレンシュトラウスルーラーシップ消0平5瞬2
クリノプレミアムオルフェーヴル消1平3瞬4
グランデマーレロードカナロア消1平0瞬3
*グレナディアガーズFrankel消0平3瞬1
コントラチェックディープインパクト消0平2瞬4
シャインガーネットオルフェーヴル消0平0瞬3
ステルヴィオロードカナロア消0平4瞬5
スマートリアンキズナ消0平3瞬5
スマイルカナディープインパクト消1平2瞬4
トラインディープインパクト消0平2瞬2
バスラットレオンキズナ消0平0瞬3
ベステンダンクタイキシャトル消0平7瞬9
マイスタイルハーツクライ消0平3瞬6
マルターズディオサキズナ消0平2瞬5
レイエンダキングカメハメハ消1平0瞬5
レッドヴェイロンキングカメハメハ消1平2瞬6
ワイドファラオヘニーヒューズ消0平2瞬3



2020年朝日杯FSの勝ち馬で今年のNHKマイルCで3着だった3歳馬グレナディアガーズが出走予定馬となっています。
他では前走関屋記念2着のカラテ、同コースのニュージーランドトロフィーの勝ち馬バスラットレオン、前走中京記念2着のカテドラルなどが人気の中心となりそうです。

コースデータ

中山芝1600m外回り コース図

中山競馬場芝コースの高低差は5.3mあり、JRA全10場の競馬場の中で最も高低差がある競馬場です。
最後の直線距離は310mで、これは中央4場の中では最短距離となっています。
ですが、ゴール前には高低差2.4mの急坂があるのが特徴です。

枠順は、圧倒的に内枠が有利なコースです。
スタート後、2コーナーまでの距離が短いことで外枠は常に外々を回らされるデメリットがあり外枠は不利な傾向です。
脚質は、基本的には《逃げ・先行》馬が優勢です。

中山芝2000mコースは、基本的には平坦戦ラップの可能性が高いコースとなっています。

【脚質・上がり3ハロン順位データ】
※中山芝1600m外回り、集計期間:2016. 1. 5 ~ 2021. 4.18

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 56- 44- 36- 265/ 40114.0%24.9%33.9%189160
先行 140- 159- 116- 786/120111.7%24.9%34.6%99103
差し 103- 107- 135-1445/17905.8%11.7%19.3%5664
追込 33- 30- 49-1415/15272.2%4.1%7.3%1523
マクリ 11- 5- 7- 19/ 4226.2%38.1%54.8%8890
3F 1位 128- 61- 59- 174/ 42230.3%44.8%58.8%228175
3F 2位 54- 63- 56- 191/ 36414.8%32.1%47.5%93128
3F 3位 47- 60- 46- 219/ 37212.6%28.8%41.1%101105
3F ~5位 59- 75- 74- 506/ 7148.3%18.8%29.1%108101
3F 6位~ 55- 86- 108-2831/30801.8%4.6%8.1%2536



《逃げ・先行》脚質が優勢となっています。

前走脚質データでも、前走《逃げ・先行》脚質が優勢となっています。
前走4角7番手以内が良さそうな感じとなっていました。

過去10年の3着内馬成績データ表

京成杯AH2021 過去10年成績データ表

過去5年前走成績データ表

京成杯AH2021 過去5年前走データ表

過去5年の前走等のデータ傾向

【前走着順】
過去5年の連対馬10頭中⇒7頭が前走4着以内となっています。
近年は、前走4着以内の馬が好走しています。

【着差】
負け着差は、重賞0.4秒以内が目安。

【前走レース】
過去5年の連対馬10頭中⇒7頭が前走重賞、1頭がオープン特別、2頭が3勝クラスからとなっています。

【近走】
連対馬10頭中⇒8頭に前3走内で6着以内が2回以上(4着内+6着内)あります。

【距離実績】
連対馬10頭中⇒全馬10頭に1600mでの1着実績があります。

【馬場】
中山芝や札幌芝・函館芝・阪神芝内回りでの実績に注目。
ただし、秋の中山芝は高速馬場なので、持ち時計や速い上がりの脚にも注意が必要。

枠順確定

馬名替 騎手ラップギア
1 1*グレナディアガーズ 川田将雅Frankel消0平3瞬1
1 2 カテドラル*戸崎圭太ハーツクライ消1平3瞬3
b2 3 ベステンダンク*武藤雅タイキシャトル消0平7瞬9
2 4 グランデマーレ*藤岡康太ロードカナロア消1平0瞬3
3 5 ステルヴィオ 横山武史ロードカナロア消0平4瞬5
3 6 レイエンダ*津村明秀キングカメハメハ消1平0瞬5
4 7 マルターズディオサ 田辺裕信キズナ消0平2瞬5
b4 8 ワイドファラオ*柴田善臣ヘニーヒューズ消0平2瞬3
5 9 コントラチェック*大野拓弥ディープインパクト消0平2瞬4
510 カラテ 菅原明良トゥザグローリー消0平6瞬0
611 バスラットレオン 藤岡佑介キズナ消0平0瞬3
612 カレンシュトラウス 池添謙一ルーラーシップ消0平5瞬2
713 スマートリアン*三浦皇成キズナ消0平3瞬5
714 マイスタイル*横山和生ハーツクライ消0平3瞬6
815 アカノニジュウイチ 横山典弘ブラックタイド消0平2瞬2
816 スマイルカナ 柴田大知ディープインパクト消1平2瞬4




【馬番データ】

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 25- 20- 23- 275/ 3437.3%13.1%19.8%7762
2番 30- 26- 32- 254/ 3428.8%16.4%25.7%11976
3番 21- 31- 25- 266/ 3436.1%15.2%22.4%4069
4番 25- 32- 24- 262/ 3437.3%16.6%23.6%5371
5番 22- 27- 24- 268/ 3416.5%14.4%21.4%4277
6番 30- 18- 24- 269/ 3418.8%14.1%21.1%11366
7番 24- 22- 23- 273/ 3427.0%13.5%20.2%6060
8番 27- 34- 26- 255/ 3427.9%17.8%25.4%6782
9番 19- 16- 25- 274/ 3345.7%10.5%18.0%5351
10番 26- 24- 19- 250/ 3198.2%15.7%21.6%5070
11番 16- 21- 22- 248/ 3075.2%12.1%19.2%4465
12番 17- 16- 24- 239/ 2965.7%11.1%19.3%3760
13番 13- 21- 21- 217/ 2724.8%12.5%20.2%4179
14番 22- 18- 7- 204/ 2518.8%15.9%18.7%12869
15番 15- 11- 13- 198/ 2376.3%11.0%16.5%6370
16番 11- 8- 11- 180/ 2105.2%9.0%14.3%4683



単勝回収率100%以上は、2番、6番、14番からとなっています。
複勝率などをみると、やはり内枠の方が20%以上が多く内枠有利な感じがします。

【種牡馬データ】

種牡馬 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ディープインパクト 44- 32- 27-231/33413.2%22.8%30.8%8267
ダイワメジャー 20- 19- 23-195/2577.8%15.2%24.1%5767
ロードカナロア 16- 19- 10-112/15710.2%22.3%28.7%4869
キングカメハメハ 15- 13- 14- 94/13611.0%20.6%30.9%8391
ハービンジャー 15- 11- 12- 86/12412.1%21.0%30.6%5189
ハーツクライ 14- 15- 11-126/1668.4%17.5%24.1%6056
マツリダゴッホ 11- 11- 11-115/1487.4%14.9%22.3%4773
スクリーンヒーロー 10- 7- 8- 84/1099.2%15.6%22.9%20298
オルフェーヴル 9- 5- 7- 65/ 8610.5%16.3%24.4%12571
キンシャサノキセキ 8- 13- 13- 75/1097.3%19.3%31.2%55101
ローエングリン 8- 8- 7- 72/ 958.4%16.8%24.2%8984
ヴィクトワールピサ 8- 7- 8- 86/1097.3%13.8%21.1%7870
アドマイヤムーン 8- 5- 4- 90/1077.5%12.1%15.9%5255
ルーラーシップ 7- 10- 10- 64/ 917.7%18.7%29.7%47101
キズナ 6- 7- 1- 25/ 3915.4%33.3%35.9%8695
ディープブリランテ 6- 3- 7- 72/ 886.8%10.2%18.2%17286
ノヴェリスト 5- 10- 4- 47/ 667.6%22.7%28.8%30121
ステイゴールド 5- 7- 6- 80/ 985.1%12.2%18.4%3958
クロフネ 5- 7- 4- 44/ 608.3%20.0%26.7%15486
ヨハネスブルグ 5- 2- 2- 34/ 4311.6%16.3%20.9%6674



ディープインパクトが勝利数ではトップとなっています。
単勝回収率100%以上は、スクリーンヒーロー、オルフェーヴル、ディープブリランテ、クロフネとなっています。
キズナ、キンシャサノキセキ、キングカメハメハ、ハービンジャーなども良さそうな感じです。

【過去10年のハンデ斤量データ】

斤量 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値平人気
~48kg 0- 0- 0- 0/ 0      
49kg 0- 0- 0- 0/ 0      
50kg 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%0012.0人気
51kg 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%0012.0人気
52kg 2- 1- 0- 3/ 633.3%50.0%50.0%2101206.8人気
53kg 1- 2- 1- 14/ 185.6%16.7%22.2%3481158.7人気
54kg 1- 2- 1- 27/ 313.2%9.7%12.9%15448.7人気
54.5kg 0- 0- 0- 0/ 0      
55kg 3- 1- 3- 22/ 2910.3%13.8%24.1%45857.5人気
55.5kg 0- 0- 0- 0/ 0      
56kg 1- 0- 2- 28/ 313.2%3.2%9.7%9378.8人気
56.5kg 0- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%0433.7人気
57kg 1- 2- 0- 16/ 195.3%15.8%15.8%18769.3人気
57.5kg 0- 1- 1- 4/ 60.0%16.7%33.3%01015.8人気
58kg 1- 1- 1- 2/ 520.0%40.0%60.0%981182.4人気
58.5kg 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%006.0人気
59kg 0- 0- 0- 0/ 0      



55キロが4連対でトップとなっています。
57キロ以上からも6連対ありますが、55キロから52キロの範囲が13連対となっています。
55キロから52キロの13連対のうち12頭が8番人気以内からとなっており、そのうち8頭は4番人気以内からとなっていました。
過去10年の連対馬20頭中⇒15頭が6番人気以内からですので、ハンデ戦ですが斤量に関係なく、それなりの人気馬が予想の中心となりそうです。




京成杯オータムハンデキャップ2021の予想

過去傾向まとめ表

※傾向まとめ表のチェック基準の6項目+αを加えた順位表です。

京成杯AH2021 傾向まとめ表

【傾向まとめ表 過去の結果】
◆Aランク(6項目該当=6点、5点)Bランク(4点、3点)Cランク(2点、1点)Dランク(0点)
※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2020年⇒3位(A6)、1位(A5)、15位(C2)
2019年⇒4位(A5)、2位(A5)、9位(B4)
2018年⇒1位(A6)、3位(A6)、2位(A5)
2017年⇒1位(B4)、6位(A6)、7位(A5)
2016年⇒3位(C2)、7位(C1)、1位(A5)
2015年⇒14位(C2)、12位(C2)、5位(A5)
2014年⇒2位(A5)、7位(A5)、12位(C2)
2013年⇒3位(A6)、2位(A5)、8位(B3)
2012年⇒4位(A5)、6位(B3)、2位(A5)

 Aランク【6-6-5】
 Bランク【1-1-2】
 Cランク【2-2-2】
 Dランク【0-0-0】

《傾向まとめ表》を作成した過去9年では、連対馬18頭中⇒10頭が3位以内からとなっていました。

ランクは、Aランクが勝利数、連対数でトップとなっています。

参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』(2021年七夕賞、プロキオンSまで更新)

最終予想

ハンデ戦らしく混戦模様の雰囲気の京成杯AHです。

本命◎は、3歳馬のグレナディアガーズにします。
1枠1番からスムーズに先行できれば開幕週でもあり勝ち負けだと思います。
《まとめ表》2位B4点馬ですが◎。

対抗○、単穴▲、△は《まとめ表》Aランク馬にしました。
9戦すべて3着内のカレンシュトラウスも十分にチャンスがありそうです。

☆穴馬は、末脚魅力なアカノニジュウイチにします。
末脚の活きる流れになればアカノニジュウイチの出番もありそうな感じがします。

◎グレナディアガーズ
◯カラテ
▲カレンシュトラウス
☆アカノニジュウイチ
△グランデマーレ

京成杯オータムハンデキャップ、印をつけた馬たちの好走を期待したいと思います。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになれば良いですね。



重賞レース

Posted by ホーボー