阪神大賞典2020予想と過去傾向データです。
令和2年3月22日(日)阪神競馬場では【第68回阪神大賞典2020】が行われます。
芝3000mの4歳上のG2のレースで、キセキ、ユーキャンスマイル、メイショウテンゲンなどが出走予定馬(登録馬)となっています。
過去10年の1着から3着のレース結果成績表から枠順、馬番、人気、脚質等のデータ分析や出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値や過去傾向を把握したいと思います。







《阪神大賞典 過去10年成績表》を見ると、枠番・馬番・人気・騎手・脚質・血統などが分かると思います。
気になるデータ項目を掲載しておきます。
予想の参考になれば幸いです。

阪神大賞典2020予想参考 過去10年のデータ傾向

過去10年の3着内馬成績データ表

阪神大賞典2020 過去10年成績データ表

※画像はクリックすると拡大されます。

過去10年の各データ傾向

【馬番傾向】
阪神大賞典2020 馬番データ

基本的には、枠順はできれば大外は引きたくないが、多頭数にはなりにくいので、実際にはあまり関係ない。
ほぼフラットなコース。

【人気傾向】
阪神大賞典2020 人気データ

連対馬20頭中⇒13頭が3番人気以内からとなっています。

【脚質傾向】
阪神大賞典2020 脚質データ

<先行>が10連対でトップとなっています。
連対馬20頭中⇒16頭が4角5番手以内の位置となっていました。

【前走脚質傾向】
阪神大賞典2020 前走脚質データ

前走脚質は<差し>が12連対でトップとなっています。
連対馬20頭中⇒18頭が前走上がり3ハロン順位が6位以内となっています。

【血統傾向】
※阪神芝3000m内回りコースのレースデータを参照。集計期間:2010. 3.21 ~ 2019. 3.17。
・種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ステイゴールド 4- 2- 0- 4/10 40.0% 60.0% 60.0% 100 75
ハーツクライ 2- 4- 0- 6/12 16.7% 50.0% 50.0% 136 93
ディープインパクト 1- 1- 1- 3/ 6 16.7% 33.3% 50.0% 18 81
ヤマニンセラフィム 1- 0- 1- 0/ 2 50.0% 50.0% 100.0% 270 250
マンハッタンカフェ 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3% 31 20
エルコンドルパサー 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 175 47
ゼンノロブロイ 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 46
ネオユニヴァース 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 160
king’s best 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 140
アドマイヤドン 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 65
ディープスカイ 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 55
ダンスインザダーク 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 146
シンボリクリスエス 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 86
ダイワメジャー 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 410
フレンチデピュティ 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 170
ハービンジャー 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 190
Authorized 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 150
フジキセキ 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
ロージズインメイ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
ホワイトマズル 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
ジャングルポケット 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
キングカメハメハ 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0


ステイゴールドがトップとなっています。
単勝回収率には、ステイゴールドやハーツクライ等が良いコースです。

ラップギア傾向と阪神大賞典2020枠順(出走予定馬・登録馬)

※阪神大賞典2020枠順確定しました。

馬名 替 騎手 ラップギア
1 1 レノヴァール *幸英明 ハーツクライ 消1平0瞬3
2 2 メロディーレーン 岩田望来 オルフェーヴル 消0平1瞬1
3 3 ムイトオブリガード *藤岡佑介 ルーラーシップ 消1平4瞬5
4 4 トーセンカンビーナ 藤岡康太 ディープインパクト 消0平3瞬4
b5 5 タイセイトレイル *福永祐一 ハーツクライ 消0平5瞬3
6 6 メイショウテンゲン *松山弘平 ディープインパクト 消0平3瞬2
7 7 ボスジラ 武豊 ディープインパクト 消0平5瞬1
7 8 ドレッドノータス 坂井瑠星 ハービンジャー 消0平4瞬3
8 9 キセキ *川田将雅 ルーラーシップ 消0平4瞬4
8 10 ユーキャンスマイル 岩田康誠 キングカメハメハ 消0平4瞬4



【ラップギア区分】
消耗戦(ラスト4ハロンで加速ラップなし)
  →2レース
平坦戦(ラスト4ハロンで0.1秒から0.4秒の加速ラップあり)
  →6レース
瞬発戦(ラスト4ハロンで0.5秒以上の加速ラップあり)
  →2レース

【過去10年の勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬】
(※出走時点)
2019年 平坦戦
 1着シャケトラ     消0平2瞬4 父マンハッタンカフェ(SS系)
2018年 消耗戦
 1着レインボーライン  消0平3瞬3 父ステイゴールド(SS系)
2017年 瞬発戦
 1着サトノダイヤモンド 消0平3瞬4 父ディープインパクト(SS系)
2016年 平坦戦
 1着シュヴァルグラン  消1平2瞬4 父ハーツクライ(SS系)
2015年 平坦戦
 1着ゴールドシップ   消0平8瞬6 父ステイゴールド(SS系)
2014年 瞬発戦
 1着ゴールドシップ   消0平6瞬5 父ステイゴールド(SS系)
2013年 平坦戦
 1着ゴールドシップ   消0平4瞬5 父ステイゴールド(SS系)
2012年 平坦戦
 1着ギュスターヴクライ 消0平4瞬2 父ハーツクライ(SS系)
2011年 平坦戦
 1着ナムラクレセント  消0平4瞬4 父ヤマニンセラフィム(SS系)
2010年 消耗戦
 1着トウカイトリック  消0平6瞬7 父エルコンドルパサー

過去10年で瞬発戦の数字が多かった勝ち馬⇒7頭(同数含む。)となっています。
ただし、平坦戦ラップの確率が高くなっていますので、平坦戦での好走歴もあった方が良さそうな感じです。

阪神大賞典2020 傾向まとめ表 チェック基準

過去5年前走成績データ表(2020年版)

阪神大賞典2020 過去5年前走データ表


《阪神大賞典 過去5年前走データ表》から把握できる気になる傾向項目とデータ表からは把握できない気になる傾向項目を以下に記述しておきます。

過去5年の前走等のデータ傾向

【前走着順】
連対馬10頭中⇒8頭が前走8着以内からとなっています。

【着差】
負け着差は、重賞で0.7秒以内が目安。

【前走レース】
連対馬10頭中⇒9頭が前走重賞、1頭が3勝クラス(1600万下)からとなっています。

【近走】
連対馬10頭中⇒6頭が前3走内に6着内(4着内と6着内)が2回以上あります。

【距離実績】
連対馬10頭中⇒9頭に2400m以上での連対実績があります。

【馬場】
阪神芝内回りコースなので、中山芝や札幌、函館芝で好走できるような重い芝適性があった方が良い感じがします。

阪神大賞典2020 傾向まとめ表

【傾向まとめ表(2020年版)】
傾向まとめ表のチェック基準の6項目を出走馬でチェックしました。


阪神大賞典2020 傾向まとめ表


・傾向まとめ表 過去の結果
◆Aランク(6項目該当=6点、5点)Bランク(4点、3点)Cランク(2点、1点)Dランク(0点)
※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2019年⇒1位(A5)、10位(C2)、6位(C2)
2018年⇒3位(C1)、5位(C1)、2位(B4)
2017年⇒1位(A6)、2位(B4)、3位(B3)
2016年⇒1位(A6)、4位(B3)、2位(B4)
2015年⇒1位(B4)、8位(C2)、3位(B3)
2014年⇒2位(B4)、4位(B3)、3位(B4)
2013年⇒1位(A6)、3位(B3)、4位(B3)
2012年⇒2位(A6)、1位(A6)、5位(B3)

 Aランク【5-1-0】
 Bランク【2-4-7】
 Cランク【1-3-1】
 Dランク【0-0-0】


参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

阪神大賞典2020予想

《傾向まとめ表》の過去8年では、連対馬16頭中⇒11頭が3位以内からとなっていました。
勝ち馬は、すべて3位以内。

ランクは、A・Bランクが連対数では互角となっています。
勝ち馬はAランクが優勢。


10頭立てのG2・阪神大賞典です。

有馬記念5着のキセキが1番人気となりそうです。
《まとめ表》も上位勢が優勢のレースですので、今年も1位、2位馬が外れることはないような感じがしています。

本命◎は、1位馬のユーキャンスマイルにしたいと思います。
3000mは問題なく、3000mで逆転を期待したい感じがします。
ジャパンカップ5着以来ですが、鉄砲実績あり、調教内容もよく問題なく走れそうです。

☆穴馬は、ディープインパクト産駒のトーセンカンビーナにします。
時計の速い末脚あり、瞬発力勝負になれば好走のチャンスが生まれそうな気がします。

このレースは、印4つで勝負したいと思います。


◎ユーキャンスマイル
◯キセキ
▲ムイトオブリガード
☆トーセンカンビーナ


阪神大賞典、印をつけた馬たちの好走を期待したいと思います。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになれば良いですね。

阪神大賞典2020 レース結果と配当(払い戻し金)

1着は2番人気だったユーキャンスマイル(岩田康誠騎手)が勝利しました。
2着5番人気トーセンカンビーナ(藤岡康太騎手)、3着4番人気メイショウテンゲン(松山弘平騎手)となっています。


阪神大賞典2020 レース結果全着順


[単 勝] 10 \590
[複 勝] 10 \240 / 4 \430 / 6 \320
[枠 連] 4-8 \970 (5)
[馬 連] 04-10 \3720 (12)
[ワイド] 04-10 \1120 (12)/ 06-10 \730 (8)/ 04-06 \1430 (15)
[馬 単] 10-04 \7120 (24)
[3連複] 04-06-10 \7550 (28/120)
[3連単] 10-04-06 \40140 (132/720)

※出馬表・成績・オッズ等は、主催者発表のものと照合してください