函館スプリントステークス2019 予想|ダノンスマッシュなど6頭取り消し

2019年6月15日

サマースプリントシリーズ第26回函館スプリントステークス2019の予想です。
競走馬の飼料から禁止薬物が検出された事件で、函館スプリントSはダノンスマッシュなど6頭が取消となっています。
函館スプリントSは、函館芝1200mの3歳上・G3の重賞レースです。
取り消し後の当ブログオリジナルの《傾向まとめ表》では、ダノンスマッシュが1位となっています。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。


函館スプリントステークス2019予想

函館競馬場 雨01

競馬SevenDaysのホーボーです。
本日は、函館スプリントステークスを過去データなどを考えつつ予想します。

出走馬の枠順とラップギア

馬名ラップギア
1 1サフランハートアドマイヤオーラ消5平2瞬4
2 2ペイシャフェリシタハーツクライ消1平5瞬3
3 3シュウジキンシャサノキセキ消2平5瞬2
4 4ライトオンキューshamardal消1平2瞬1
4 5リナーテステイゴールド消3平2瞬3
5 6ダノンスマッシュロードカナロア消2平5瞬0
5 7ダイメイフジアグネスデジタル消1平5瞬6
b6 8トウショウピストヨハネスブルグ消3平3瞬3
6 9ユキノアイオロスサクラプレジデント消4平7瞬1
710カイザーメランジェサクラオリオン消3平2瞬0
711アスターペガサスgiant’s causeway消1平2瞬0
812タマモブリリアンダンスインザダーク消5平5瞬0
813タワーオブロンドンraven’s pass消0平3瞬4

   トラコミュ

過去傾向データ

【勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬】
(※出走時点の数字)
2018年 消耗戦
 1着セイウンコウセイ  消4平6瞬2 父アドマイヤムーン
2017年 消耗戦
 1着ジューヌエコール  消0平0瞬3 父クロフネ
2016年 平坦戦
 1着ソルヴェイグ    消0平0瞬2 父ダイワメジャー(SS系)
2015年 消耗戦
 1着ティーハーフ    消4平3瞬1 父ストーミングホーム
2014年 平坦戦
 1着ガルボ       消1平5瞬5 父マンハッタンカフェ(SS系)

函館スプリントSは、消耗戦ラップか平坦戦ラップの可能性が高いレースとなっています。

【脚質傾向】

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%11846
先行 1- 1- 1-15/185.6%11.1%16.7%21870
差し 2- 2- 2-24/306.7%13.3%20.0%143124
追込 1- 2- 2-17/224.5%13.6%22.7%28195
マクリ 0- 0- 0- 0/ 0     
3F 1位 1- 1- 1- 4/ 714.3%28.6%42.9%90267
3F 2位 1- 1- 0- 2/ 425.0%50.0%50.0%180412
3F 3位 1- 0- 2- 3/ 616.7%16.7%50.0%598540
3F ~5位 0- 2- 1- 6/ 90.0%22.2%33.3%098
3F 6位~ 2- 1- 1-45/494.1%6.1%8.2%9237

<差し>が4連対でトップとなっています。

【前走脚質】

前走脚質 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%0131
先行 1- 1- 1-12/156.7%13.3%20.0%3964
差し 4- 3- 2-23/3212.5%21.9%28.1%277182
追込 0- 1- 1-16/180.0%5.6%11.1%076
マクリ 0- 0- 0- 0/ 0     
3F 1位 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
3F 2位 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
3F 3位 1- 0- 1- 6/ 812.5%12.5%25.0%7892
3F ~5位 0- 1- 0- 3/ 40.0%25.0%25.0%080
3F 6位~ 4- 4- 4-44/567.1%14.3%21.4%157150

前走脚質は<差し>が7連対でトップとなっています。
前走上がり3ハロン順位は、あまり気にしなくても大丈夫そう。

【傾向まとめ表】
函館SS2019 傾向まとめ表 取消後

※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2018年⇒3位(B4)、9位(C2)、1位(A6)
2017年⇒5位(A5)、2位(A6)、6位(A6)
2016年⇒11位(B3)、5位(C2)、8位(C2)
2015年⇒7位(C2)、8位(C2)、12位(C2)
2014年⇒8位(C1)、6位(C1)、5位(C1)
2013年⇒4位(C2)、7位(C1)、2位(B3)
2012年⇒1位(A5)、2位(B4)、9位(B3)

 Aランク【2-1-2】
 Bランク【2-1-2】
 Cランク【3-5-3】
 Dランク【0-0-0】

参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

印はこうなりました。

《傾向まとめ表》の過去7年では、連対馬14頭中⇒6頭が5位以内からとなっていました。
波乱含みな感じの印象です。

ランクは、Cランク優勢となっており、《傾向まとめ表》の信頼度が低い函館SSです。

レースの特徴としては、スプリント戦ですので前傾ラップの函館スプリントSです。
脚質は、連対馬10頭中⇒7頭が<差し・追込>脚質からとなっていますが、4角7番手以内ぐらいにいないとキビシイ感じとなっています。

さて、土曜日の朝、TARGET frontier JVで馬券を買おうとすると、やたらに取り消しが多いな~と思いネットを調べると、禁止薬物検出で152頭が出走取消という事態になっていました。
函館SSも有力馬ダノンスマッシュなど6頭が取消となっており、7頭立てになってしまいました。
一応、予想していたのですが、7頭立てなので、印は本命◎1頭の単勝馬券で勝負したいと思います。

◎ペイシャフェリシタ



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ



重賞レース

Posted by ホーボー