函館2歳ステークス2020予想と過去傾向まとめ表などを掲載中です。
武豊騎手が乗るモンファボリが断然の人気となりそうな函館2歳S2020です。
ラップギア適性値や過去傾向まとめ表などを参考にして予想してみたいと思います。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。







《函館2歳ステークス 過去10年成績表》を見ると、枠番・馬番・人気・騎手・脚質・血統などが分かると思います。
気になるデータ項目を掲載しておきます。
予想の参考になれば幸いです。

函館2歳S2020予想参考 過去10年のデータ傾向

過去10年の3着内馬成績データ表

函館2歳S2020 過去10年成績データ表

※画像はクリックすると拡大されます。

函館2歳ステークス2020 傾向まとめ表 チェック基準

過去5年前走成績データ表(2020年版)

函館2歳S2020 過去5年前走データ表


《函館2歳ステークス 過去5年前走データ表》から把握できる気になる傾向項目とデータ表からは把握できない気になる傾向項目を以下に記述しておきます。

過去5年の前走等のデータ傾向

【前走着順】
連対馬10頭中⇒全馬10頭が前走1着の馬となっています。

【着差】
負け着差は、前走勝ち-0.1秒以上が目安。

【前走レース】
連対馬10頭中⇒8頭が前走新馬戦、未勝利戦から2頭となっています。

【初勝利】
対馬10頭中⇒8頭がデビュー戦で初勝利を挙げています。
残りの2頭は、2戦目で初勝利。(初戦は2着必要)

【距離実績】
連対馬10頭中⇒8頭に芝1200mでの1着実績があります。
残りの2頭は、芝1400m以上で1着あり。

【馬場】
デビューしたての2歳馬のレースなので、函館芝しか走っていないと思われるので、とりあえず函館芝で1着があれば大丈夫という方向で考えます。

函館2歳ステークス2020 枠順(出走予定馬・登録馬)とラップギア

※函館2歳S2020枠順確定しました。

馬名 替 騎手 ラップギア
1 1 リキサントライ 池添謙一 ネオユニヴァース 消1平0瞬1
2 2 ホーキーポーキー 杉原誠人 ディスクリートキャット 消1平1瞬0
2 3 ラヴケリー 団野大成 カレンブラックヒル 消0平1瞬0
3 4 リメス 松田大作 カレンブラックヒル 消0平1瞬0
3 5 ラジアントエンティ 阿部龍 スマートファルコン 消0平0瞬0
4 6 カイザーノヴァ 坂井瑠星 モーリス 消0平1瞬0
4 7 ニシノエルサ 勝浦正樹 トゥザワールド 消1平0瞬0
5 8 フォドラ 亀田温心 ロードカナロア 消0平1瞬0
5 9 ディープエコロジー 菱田裕二 クリーンエコロジー 消0平1瞬0
6 10 レディステディゴー *岩田康誠 ダイワメジャー 消1平0瞬0
6 11 グレイトミッション 野中悠太 ダイワメジャー 消0平0瞬1
7 12 ルーチェドーロ 横山武史 マクフィ 消0平0瞬1
7 13 リンゴアメ 丹内祐次 マツリダゴッホ 消0平1瞬0
8 14 フォルセティ 大野拓弥 トランセンド 消0平1瞬1
8 15 *モンファボリ 武豊 Frankel 消1平0瞬0


【ラップギア区分】
消耗戦(ラスト4ハロンで加速ラップなし)
  →4レース
平坦戦(ラスト4ハロンで0.1秒から0.4秒の加速ラップあり)
  →6レース
瞬発戦(ラスト4ハロンで0.5秒以上の加速ラップあり)
  →0レース

【過去10年の勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬】
(※出走時点)
2019年 消耗戦
 1着ビアンフェ     消0平1瞬1 父キズナ(SS系)
2018年 平坦戦
 1着アスターペガサス  消0平1瞬0 父Giant’s Causeway
2017年 消耗戦
 1着カシアス      消0平1瞬1 父キンシャサノキセキ(SS系)
2016年 消耗戦
 1着レヴァンテライオン 消1平0瞬0 父Pioneerof the Nile
2015年 平坦戦
 1着ブランボヌール   消0平1瞬0 父ディープインパクト(SS系)
2014年 平坦戦
 1着アクティブミノル  消0平1瞬0 父スタチューオブリバティ
2013年 消耗戦
 1着クリスマス     消0平1瞬0 父バゴ
2012年 平坦戦
 1着ストークアンドレイ 消0平1瞬0 父クロフネ
2011年 平坦戦
 1着ファインチョイス  消0平1瞬0 父アドマイヤムーン
2010年 消耗戦
 1着マジカルポケット  消0平1瞬0 父ジャングルポケット

函館芝1200mコースは、基本的には消耗戦ラップの可能性が高いコースとなっています。

函館での過去10年で消耗戦の数字が多かった勝ち馬⇒1頭のみとなっています。
キャリア1、2戦の馬たちのレースなので、あまり気にしなくても良さそうです。
過去10年からだと、消耗戦よりも平坦戦で勝っている馬の方が良いようです。

函館2歳ステークス2020 傾向まとめ表

【傾向まとめ表(2020年版)】
傾向まとめ表のチェック基準の6項目を出走馬でチェックしました。


函館2歳S2020 傾向まとめ表


・傾向まとめ表 過去の結果
◆Aランク(6項目該当=6点、5点)Bランク(4点、3点)Cランク(2点、1点)Dランク(0点)
※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2019年⇒4位(B4)、3位(B4)、9位(A5)
2018年⇒2位(A6)、6位(A5)、5位(B4)
2017年⇒2位(B4)、12位(A5)、3位(A5)
2016年⇒2位(A5)、1位(A6)、13位(A5)
2015年⇒2位(B4)、1位(A6)、9位(A6)
2014年⇒5位(A5)、8位(B4)、2位(A6)
2013年⇒1位(A6)、12位(B3)、9位(C2)
2012年⇒3位(A5)、5位(A5)、4位(A5)

 Aランク【5-5-6】
 Bランク【3-3-1】
 Cランク【0-0-1】
 Dランク【0-0-0】


参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

函館2歳S2020予想の印はこうなりました。

《傾向まとめ表》の過去8年では、連対馬16頭中⇒9頭が3位以内からとなっていました。

ランクは、Aランクが優勢となっています。


つい最近、ジャパンダートダービーで競馬にゼッタイはないんだな~と改めて思い知らされたのですが……。

本命◎は、断然人気だろうモンファボリにします。
デビュー戦圧勝の内容から、2歳馬最初の重賞レースの現時点では逆らえない感じがします。
函館は、良馬場のようですし、スピード能力では負けないかな~と。

競馬はホントわからないので、穴馬にも期待しています。

☆穴馬は、リメスに注目しました。
牡馬が4連勝中でもあり、デビュー戦逃げて勝利しているリメスに期待します。

まぁ、キャリアの浅い2歳戦なので、正直、イマイチ自信もない感じです……。


◎モンファボリ
◯ラヴケリー
▲フォドラ
☆リメス
△カイザーノヴァ


函館2歳ステークス、印をつけた馬たちの好走を期待したいと思います。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになれば良いですね。

函館2歳ステークス2020 レース結果と配当(払い戻し金)

函館2歳S2020 レース結果全着順


[単 勝] 13 \4730
[複 勝] 13 \990 / 12 \490 / 3 \340
[枠 連] 7-7 \20340 (32)
[馬 連] 12-13 \21980 (48)
[ワイド] 12-13 \4750 (46)/ 03-13 \3600 (38)/ 03-12 \1760 (17)
[馬 単] 13-12 \69290 (103)
[3連複] 03-12-13 \49250 (131/455)
[3連単] 13-12-03 \577430 (938/2730)

※出馬表・成績・オッズ等は、主催者発表のものと照合してください