福島牝馬ステークス2020予想と過去傾向データです。
令和2年4月25日(土)福島競馬場では【第17回福島牝馬S2020】が行われます。
芝1800mの4歳上牝馬のG3のレースで、エスポワール、デンコウアンジュ、フェアリーポルカなどが出走予定馬(登録馬)となっています。
同コースで行われた過去10年の1着から3着のレース結果成績表から枠順、馬番、人気、脚質等のデータ分析や出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値や過去傾向を把握したいと思います。







《福島牝馬ステークス 過去10年成績表》を見ると、枠番・馬番・人気・騎手・脚質・血統などが分かると思います。
気になるデータ項目を掲載しておきます。
予想の参考になれば幸いです。

福島牝馬ステークス2020予想参考 過去10年のデータ傾向

同コースの過去10年の3着内馬成績データ表

福島牝馬S2020 過去10年成績データ表

※画像はクリックすると拡大されます。

過去10年の各データ傾向

【馬番傾向】
福島牝馬S2020 馬番データ

基本的には、枠順は内枠が若干有利で、特に逃げ~先行馬が内枠を引いたら大きなアドバンテージになるコース。

【人気傾向】
福島牝馬S2020 人気データ

連対馬20頭中⇒9頭が3番人気以内からとなっています。
一応、8年連続で3番人気以内から連対馬が出ています。

【脚質傾向】
福島牝馬S2020 脚質データ

<先行>が8連対でトップとなっています。
連対馬20頭中⇒11頭が4角5番手以内からとなっていました。

【前走脚質傾向】
福島牝馬S2020 前走脚質データ

前走脚質は<先行>が7連対でトップとなっています。
ただし、前走<差し・追込>勢から10連対あります。
連対馬20頭中⇒13頭が前走上がり3ハロン順位が7位以内からとなっています。

【血統傾向】
※福島芝1800mコースのレースデータを参照。集計期間:2015. 4.11 ~ 2019.11.16。
・種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ディープインパクト 18- 15- 10- 76/119 15.1% 27.7% 36.1% 96 83
ハーツクライ 8- 8- 10- 76/102 7.8% 15.7% 25.5% 38 74
ステイゴールド 7- 11- 10-100/128 5.5% 14.1% 21.9% 25 79
ハービンジャー 7- 6- 11- 72/ 96 7.3% 13.5% 25.0% 32 62
マンハッタンカフェ 7- 2- 3- 41/ 53 13.2% 17.0% 22.6% 48 40
ルーラーシップ 5- 3- 8- 38/ 54 9.3% 14.8% 29.6% 29 64
ダイワメジャー 5- 3- 3- 45/ 56 8.9% 14.3% 19.6% 105 37
ヴィクトワールピサ 5- 3- 2- 33/ 43 11.6% 18.6% 23.3% 135 55
メイショウサムソン 4- 7- 2- 23/ 36 11.1% 30.6% 36.1% 110 97
マツリダゴッホ 4- 5- 3- 37/ 49 8.2% 18.4% 24.5% 40 150
スクリーンヒーロー 4- 2- 2- 23/ 31 12.9% 19.4% 25.8% 161 59
キングカメハメハ 4- 2- 1- 47/ 54 7.4% 11.1% 13.0% 55 36
スペシャルウィーク 4- 1- 2- 17/ 24 16.7% 20.8% 29.2% 140 81
ブラックタイド 4- 1- 1- 38/ 44 9.1% 11.4% 13.6% 230 47
ダノンシャンティ 3- 2- 1- 17/ 23 13.0% 21.7% 26.1% 115 71
タニノギムレット 3- 1- 4- 32/ 40 7.5% 10.0% 20.0% 90 222
エイシンフラッシュ 3- 1- 4- 25/ 33 9.1% 12.1% 24.2% 26 162
チチカステナンゴ 3- 1- 1- 17/ 22 13.6% 18.2% 22.7% 424 163
トーセンホマレボシ 3- 0- 3- 20/ 26 11.5% 11.5% 23.1% 376 160
キンシャサノキセキ 3- 0- 0- 17/ 20 15.0% 15.0% 15.0% 568 108
ゼンノロブロイ 2- 5- 2- 39/ 48 4.2% 14.6% 18.8% 18 43
オルフェーヴル 2- 3- 1- 28/ 34 5.9% 14.7% 17.6% 34 69


ディープインパクトがトップとなっています。
単勝回収率では、ヴィクトワールピサやメイショウサムソン、スクリーンヒーロー等が良いコースです。

ラップギア傾向と福島牝馬ステークス2020枠順(出走予定馬・登録馬)

※福島牝馬S2020枠順確定しました。

馬名 替 騎手 ラップギア
1 1 エスポワール *池添謙一 オルフェーヴル 消0平1瞬5
1 2 フィリアプーラ *丸山元気 ハービンジャー 消0平1瞬1
2 3 サラキア *吉田隼人 ディープインパクト 消0平1瞬4
2 4 アロハリリー 中谷雄太 ハーツクライ 消1平2瞬5
3 5 リープフラウミルヒ *丹内祐次 ステイゴールド 消0平2瞬4
3 6 カリビアンゴールド *秋山真一 ステイゴールド 消0平5瞬5
4 7 マルシュロレーヌ 坂井瑠星 オルフェーヴル 消0平3瞬1
4 8 ダノングレース *斎藤新 ディープインパクト 消0平2瞬3
5 9 レッドアネモス *酒井学 ヴィクトワールピサ 消0平0瞬3
5 10 ハーレムライン *柴山雄一 マンハッタンカフェ 消0平2瞬3
6 11 デンコウアンジュ 柴田善臣 メイショウサムソン 消1平1瞬3
6 12 モルフェオルフェ *木幡育也 オルフェーヴル 消1平2瞬2
7 13 リュヌルージュ 団野大成 モンテロッソ 消2平3瞬2
7 14 フェアリーポルカ 和田竜二 ルーラーシップ 消1平0瞬3
8 15 ショウナンバビアナ *鮫島克駿 ディープインパクト 消0平1瞬2
8 16 $ランドネ *西村淳也 blame 消0平0瞬4



【ラップギア区分】
消耗戦(ラスト4ハロンで加速ラップなし)
  →1レース
平坦戦(ラスト4ハロンで0.1秒から0.4秒の加速ラップあり)
  →5レース
瞬発戦(ラスト4ハロンで0.5秒以上の加速ラップあり)
  →4レース

【過去10年の勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬】
(※出走時点)
2019年 平坦戦
 1着デンコウアンジュ  消0平0瞬3 父メイショウサムソン
2018年 瞬発戦
 1着キンショーユキヒメ 消2平3瞬2 父メイショウサムソン
2017年 消耗戦
 1着ウキヨノカゼ    消0平2瞬3 父オンファイア(SS系)
2016年 瞬発戦
 1着マコトブリジャール 消0平1瞬4 父ストーミングホーム
2015年 平坦戦
 1着スイートサルサ   消1平1瞬3 父デュランダル(SS系)
2014年 平坦戦
 1着ケイアイエレガント 消1平3瞬3 父キングカメハメハ
2013年 平坦戦
 1着オールザットジャズ 消0平0瞬8 父タニノギムレット
2012年 瞬発戦
 1着オールザットジャズ 消0平0瞬7 父タニノギムレット
2010年 瞬発戦
 1着レジネッタ     消0平3瞬1 父フレンチデピュティ
2009年 平坦戦
 1着ブラボーデイジー  消0平5瞬1 父クロフネ

福島芝1800mコースは、基本的には平坦戦ラップの可能性が高いコースとなっています。

勝ち馬10頭中⇒4頭が平坦戦の数字が一番多い(同数含む)馬となっています。

福島牝馬S2020 傾向まとめ表 チェック基準

過去5年前走成績データ表(2020年版)

福島牝馬S2020 過去5年前走データ表


《福島牝馬ステークス 過去5年前走データ表》から把握できる気になる傾向項目とデータ表からは把握できない気になる傾向項目を以下に記述しておきます。

過去5年の前走等のデータ傾向

【前走着順】
連対馬10頭中⇒9頭が前走8着以内の馬となっています。(前走取消の場合は、前々走を参照。以下同じ。)

【着差】
負け着差は、重賞で0.5秒以内が目安。

【前走レース】
連対馬10頭中⇒8頭が前走重賞、各1頭が3勝クラス(1600万下)、2勝クラス(1000万下)からとなっています。

【近走】
連対馬10頭中⇒6頭に前3走内で6着以内(4着内+6着内)が2回以上あります。

【距離実績】
連対馬10頭中⇒9頭に1800m以上での1着実績があります。

【馬場】
福島芝1800mや中山、札幌の芝1800mでの好走歴がほしい感じです。

福島牝馬ステークス2020 傾向まとめ表

【傾向まとめ表(2020年版)】
傾向まとめ表のチェック基準の6項目を出走馬でチェックしました。


福島牝馬S2020 傾向まとめ表


・傾向まとめ表 過去の結果
◆Aランク(6項目該当=6点、5点)Bランク(4点、3点)Cランク(2点、1点)Dランク(0点)
※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2019年⇒3位(B4)、1位(A6)、2位(B3)
2018年⇒9位(C2)、1位(A5)、5位(C1)
2017年⇒2位(B3)、5位(C2)、1位(A6)
2016年⇒14位(C2)、3位(B3)、16位(C2)
2015年⇒3位(B3)、12位(C1)、13位(C2)
2014年⇒4位(A5)、1位(A6)、16位(B3)
2013年⇒1位(A6)、2位(A6)、11位(C2)
2012年⇒1位(A6)、4位(A5)、6位(B4)

 Aランク【3-5-1】
 Bランク【3-1-3】
 Cランク【2-2-4】
 Dランク【0-0-0】


参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

福島牝馬S2020予想

《傾向まとめ表》の過去8年では、連対馬16頭中⇒10頭が3位以内からとなっていました。

ランクは、Aランクがトップとなっています。


波乱含みな感じがする牝馬の重賞・福島牝馬Sです。

一応、2戦連続重賞レースで好走しているエスポワールが中心となりそうですが、本命◎はサラキアにしたいと思います。
ローズS2着やエプソムC2着など重賞好走歴もあり、好勝負可能と考えます。
前走は道悪で9着でしたが、良馬場なら巻き返しできると思います。

以下の5頭に期待したいと思います。


◎サラキア
◯エスポワール
▲フェアリーポルカ
☆フィリアプーラ
△デンコウアンジュ


福島牝馬ステークス、印をつけた馬たちの好走を期待したいと思います。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになれば良いですね。

福島牝馬S2020 レース結果と配当(払い戻し金)

1着は3番人気だったフェアリーポルカ(和田竜二騎手)が勝利しました。
2着は13番人気リープフラウミルヒ(丹内祐次騎手)、3着は15番人気ランドネ(西村淳也騎手)となっています。

福島牝馬S2020 レース結果全着順


[単 勝] 14 \540
[複 勝] 14 \270 / 5 \1430 / 16 \2940
[枠 連] 3-7 \2700 (11)
[馬 連] 05-14 \21670 (50)
[ワイド] 05-14 \5250 (53)/ 14-16 \9710 (68)/ 05-16 \48650 (117)
[馬 単] 14-05 \30050 (82)
[3連複] 05-14-16 \641600 (441/560)
[3連単] 14-05-16 \2278000 (2130/3360)

※出馬表・成績・オッズ等は、主催者発表のものと照合してください