ファルコンステークス2020予想と過去傾向データです。
令和2年3月14日(土)中京競馬場では【第34回中日スポーツ賞ファルコンS2020】が行われます。
芝1400mの3歳のG3のレースで、ラウダシオン、ビアンフェ、アブソルティスモなどが出走予定馬(登録馬)となっています。
現在と同じ条件の過去8年の1着から3着のレース結果成績表から枠順、馬番、人気、脚質等のデータ分析や出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値や過去傾向を把握したいと思います。







《ファルコンステークス 過去8年成績表》を見ると、枠番・馬番・人気・騎手・脚質・血統などが分かると思います。
気になるデータ項目を掲載しておきます。
予想の参考になれば幸いです。

ファルコンステークス2020予想参考 過去8年のデータ傾向

過去8年の3着内馬成績データ表

ファルコンS2020 過去8年成績データ表

※画像はクリックすると拡大されます。

過去8年の各データ傾向

【枠番傾向】
ファルコンS2020 枠番データ

【馬番傾向】
ファルコンS2020 馬番データ

基本的には、外枠が強いコース。
内枠は1枠以外、かなり苦戦している。

【人気傾向】
ファルコンS2020 人気データ

連対馬16頭中⇒9頭が3番人気以内からとなっています。
過去8年では、毎年4番人気以内から必ず連対馬が出ています。

【脚質傾向】
ファルコンS2020 脚質データ

<差し>が7連対でトップとなっています。
連対馬16頭中⇒10頭が4角7番手以下からとなっていました。

【前走脚質傾向】
ファルコンS2020 前走脚質データ

前走脚質は<差し>が6連対でトップとなっています。
連対馬16頭中⇒10頭が前走上がり3ハロン順位が6位以内となっています。

【血統傾向】
※中京芝1400mコースのレースデータを参照。集計期間:2015. 1.17 ~ 2019.12.15。
・種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ダイワメジャー 16- 12- 10-116/154 10.4% 18.2% 24.7% 73 59
ディープインパクト 14- 20- 19- 90/143 9.8% 23.8% 37.1% 71 79
アドマイヤムーン 8- 1- 2- 50/ 61 13.1% 14.8% 18.0% 207 58
ロードカナロア 7- 6- 2- 42/ 57 12.3% 22.8% 26.3% 46 52
マンハッタンカフェ 7- 5- 2- 36/ 50 14.0% 24.0% 28.0% 105 91
ハーツクライ 6- 4- 8- 50/ 68 8.8% 14.7% 26.5% 82 85
オルフェーヴル 6- 1- 1- 6/ 14 42.9% 50.0% 57.1% 477 148
キンシャサノキセキ 5- 6- 9- 70/ 90 5.6% 12.2% 22.2% 41 63
ヴィクトワールピサ 5- 3- 2- 26/ 36 13.9% 22.2% 27.8% 60 59
ステイゴールド 5- 2- 5- 50/ 62 8.1% 11.3% 19.4% 78 129
ディープブリランテ 4- 2- 2- 25/ 33 12.1% 18.2% 24.2% 86 73
ジャングルポケット 3- 5- 2- 29/ 39 7.7% 20.5% 25.6% 203 128
クロフネ 3- 1- 5- 36/ 45 6.7% 8.9% 20.0% 24 60
ドリームジャーニー 3- 1- 1- 14/ 19 15.8% 21.1% 26.3% 39 54
エイシンフラッシュ 3- 0- 2- 16/ 21 14.3% 14.3% 23.8% 97 56
メイショウボーラー 2- 7- 3- 29/ 41 4.9% 22.0% 29.3% 20 173
ダノンシャンティ 2- 7- 0- 19/ 28 7.1% 32.1% 32.1% 41 92
ハービンジャー 2- 4- 5- 37/ 48 4.2% 12.5% 22.9% 15 69
キングカメハメハ 2- 2- 6- 52/ 62 3.2% 6.5% 16.1% 86 75
ゼンノロブロイ 2- 2- 1- 35/ 40 5.0% 10.0% 12.5% 109 36
タイキシャトル 2- 1- 3- 20/ 26 7.7% 11.5% 23.1% 61 260
スペシャルウィーク 2- 1- 1- 11/ 15 13.3% 20.0% 26.7% 115 56


ダイワメジャーがトップとなっています。
単勝回収率には、アドマイヤムーンやマンハッタンカフェ、オルフェーヴル等が良いコースです。

ラップギア傾向とファルコンステークス2020枠順(出走予定馬・登録馬)

※ファルコンS2020枠順確定しました。

馬名 替 騎手 ラップギア
1 1 ウイングレイテスト *ミナリク スクリーンヒーロー 消1平0瞬2
1 2 ヴェスターヴァルト *菱田裕二 ノヴェリスト 消0平2瞬2
2 3 エグレムニ *岩田望来 キズナ 消0平1瞬2
2 4 セイウンパワフル *斎藤新 ストロングリターン 消0平2瞬3
3 5 $トリプルエース *藤岡康太 shamardal 消0平1瞬1
3 6 シャインガーネット *田辺裕信 オルフェーヴル 消0平0瞬2
4 7 ゼンノジャスタ *福永祐一 ジャスタウェイ 消0平2瞬1
4 8 レッドライデン *横山武史 エイシンフラッシュ 消0平1瞬0
5 9 アブソルティスモ *丸山元気 ダイワメジャー 消0平0瞬3
5 10 ラウダシオン 武豊 リアルインパクト 消0平1瞬2
6 11 マイネルグリット 国分優作 スクリーンヒーロー 消0平3瞬0
6 12 デンタルバルーン *西村淳也 トゥザグローリー 消0平1瞬1
7 13 ビアンフェ 藤岡佑介 キズナ 消1平1瞬2
7 14 コスモリモーネ *川又賢治 ヘニーヒューズ 消1平0瞬1
7 15 テーオーマルクス *荻野琢真 ロードカナロア 消0平3瞬0
8 16 ライチェフェイス *藤井勘一 キングヘイロー 消0平0瞬1
8 17 エーティーメジャー 荻野極 ダイワメジャー 消1平0瞬2
8 18 ペコリーノロマーノ 吉田隼人 ロードカナロア 消0平1瞬1



【ラップギア区分】
消耗戦(ラスト4ハロンで加速ラップなし)
  →1レース
平坦戦(ラスト4ハロンで0.1秒から0.4秒の加速ラップあり)
  →5レース
瞬発戦(ラスト4ハロンで0.5秒以上の加速ラップあり)
  →2レース

【中京改修後の過去8年の勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬】
(※出走時点)
2019年 平坦戦
 1着ハッピーアワー    消1平2瞬1 父ハービンジャー
2018年 平坦戦
 1着ミスターメロディ   消1平1瞬2 父Scat Daddy
2017年 瞬発戦
 1着コウソクストレート  消0平1瞬1 父ヴィクトワールピサ(SS系)
2016年 平坦戦
 1着トウショウドラフタ  消0平1瞬2 父アンライバルド(SS系)
2015年 平坦戦
 1着タガノアザガル    消0平2瞬1 父バゴ
2014年 平坦戦
 1着タガノグランパ    消1平1瞬1 父キングカメハメハ
2013年 平坦戦
 1着インパルスヒーロー  消0平0瞬3 父クロフネ
2012年 瞬発戦
 1着ブライトライン    消0平1瞬2 父フジキセキ(SS系)

過去8年の勝ち馬のうち、7頭に瞬発戦ラップと平坦戦ラップの両方での好走歴があります。
平坦戦瞬発戦での好走歴がある馬に注目したい感じです。

ファルコンS2020 傾向まとめ表 チェック基準

過去5年前走成績データ表(2020年版)

ファルコンS2020 過去5年前走データ表


《ファルコンステークス 過去5年前走データ表》から把握できる気になる傾向項目とデータ表からは把握できない気になる傾向項目を以下に記述しておきます。

過去5年の前走等のデータ傾向

【前走着順】
連対馬10頭中⇒6頭が前走5着以内からとなっています。
ただし、前走1勝クラス(500万下)は1着が必要。

【着差】
負け着差は、重賞0.5秒以内が目安。

【前走レース】
連対馬10頭中⇒6頭が前走重賞、2頭がオープン特別、2頭が1勝クラス(500万下)からとなっています。

【初勝利】
連対馬10頭中⇒全馬10頭がデビュー4戦目以内に初勝利を挙げています。

【距離実績】
連対馬10頭中⇒8頭に1400m以上での1着実績があります。

【馬場】
2012年にリニューアルした中京競馬場。過去5年の結果やその他のレース結果などから、上がり33秒台とかは少ないので、どちらかといえば”重い芝”適性を重視したい感じです。

ファルコンステークス2020 傾向まとめ表

【傾向まとめ表(2020年版)】
傾向まとめ表のチェック基準の6項目を出走馬でチェックしました。


ファルコンS2020 傾向まとめ表


・傾向まとめ表 過去の結果
◆Aランク(6項目該当=6点、5点)Bランク(4点、3点)Cランク(2点、1点)Dランク(0点)
※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2019年⇒1位(A5)、5位(B4)、3位(B3)
2018年⇒6位(A5)、8位(C2)、3位(B4)
2017年⇒3位(B3)、2位(B4)、9位(B3)
2016年⇒3位(C2)、5位(C2)、10位(B3)
2015年⇒13位(B3)、7位(B3)、4位(B4)

 Aランク【2-0-0】
 Bランク【2-3-5】
 Cランク【1-2-0】
 Dランク【0-0-0】


参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

ファルコンS2020予想

《傾向まとめ表》の過去5年では、連対馬10頭中⇒4頭が3位以内からとなっていました。

ランクは、Bランクがトップとなっています。


フルゲート18頭立てで混戦模様な雰囲気のファルコンSです。

本命◎は、1位A6点の武豊騎手のラウダシオンにしたいと思います。
1400mは2戦2勝ですし、左回りでも勝利あり、脚質も自在性あり、混戦模様ですが人気のラウダシオンを信用したいと思います。
馬場も道悪でも大丈夫ですし、現時点の完成度は高そうです。

☆穴馬は、ヴェスターヴァルトに期待します。
前走1勝クラスの東京の1400mの稍重で勝利しています。
舞台は良さそうです。
また、なんか走っているイマージがあるノヴェリスト産駒ですので気になります。


◎ラウダシオン
◯シャインガーネット
▲アブソルティスモ
☆ヴェスターヴァルト
△ビアンフェ


ファルコンステークス、印をつけた馬たちの好走を期待したいと思います。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになれば良いですね。

ファルコンS2020 レース結果と配当(払い戻し金)

1着は6番人気だったシャインガーネット(田辺裕信騎手)が勝利しました。
2着は1番人気ラウダシオン(武豊騎手)、3着は8番人気ヴェスターヴァルト(菱田裕二騎手)となっています。

ファルコンS2020 レース結果全着順


[単 勝] 6 \1050
[複 勝] 6 \280 / 10 \140 / 2 \490
[枠 連] 3-5 \560 (1)
[馬 連] 06-10 \1780 (5)
[ワイド] 06-10 \710 (5)/ 02-06 \2630 (31)/ 02-10 \1370 (16)
[馬 単] 06-10 \4330 (13)
[3連複] 02-06-10 \9460 (28/816)
[3連単] 06-10-02 \58750 (184/4896)

※出馬表・成績・オッズ等は、主催者発表のものと照合してください