「枠順」の記事一覧

皐月賞2018【枠順確定】ビートたけし命名キタノコマンドールは3枠5番

枠順

皐月賞2018枠順確定しました。 ワグネリアンが1枠2番、ステルヴィオ8枠15番、ビートたけし(北野武)が名付け親のキタノコマンドールが3枠5番、オウケンムーンが5枠9番などとなっています。 ※過去5年の皐月賞の枠番、馬番データも掲載しておきます。

桜花賞2018【枠順確定】

枠順

桜花賞2018枠順確定しました。 ラッキーライラックが1枠1番、アーモンドアイが7枠13番、リリーノーブルが5枠9番、マウレアが8枠17番などとなっています。 ※過去5年の桜花賞の枠番、馬番データも掲載しておきます。

大阪杯2018【枠順確定】

枠順

大阪杯2018枠順確定しました。 スワーヴリチャードが8枠15番、アルアインが4枠8番、サトノダイヤモンドが1枠2番、シュヴァルグランが2枠4番などとなっています。 ※過去5年の大阪杯の枠番、馬番データも掲載しておきます。

高松宮記念2018【枠順確定】

枠順

高松宮記念2018枠順確定しました。 レッドファルクスが3枠6番、レッツゴードンキが4枠8番、ファインニードルが5枠9番、ダンスディレクターが6枠11番などとなっています。 ※過去5年の高松宮記念の枠番、馬番データも掲載しておきます。

フェブラリーステークス2018【枠順確定】

枠順

フェブラリーステークス2018枠順確定しました。 ゴールドドリームが7枠14番、テイエムジンソクが5枠10番、サンライズノヴァが大外8枠16番、ノンコノユメが6枠12番などとなっています。 ※過去5年のフェブラリーSの枠番、馬番データも掲載しておきます。

ホープフルステークス2017【枠順確定】

枠順

ホープフルステークス2017枠順確定しました。 ルーカスが5枠10番、ジャンダルムが8枠15番、タイムフライヤーが4枠7番、フラットレーが6枠11番などとなっています。 ※過去5年のホープフルSの枠番、馬番データも掲載しておきます。

有馬記念2017【枠順確定】

枠順

公開抽選により有馬記念2017枠順確定しました。 ラストランとなる北島三郎氏の愛馬キタサンブラック が1枠2番、ジャパンカップを勝った大魔神こと佐々木主浩氏が馬主のシュヴァルグランが5枠10番、3歳馬のスワーヴリチャードが7枠14番、牝馬のミッキークイーンが7枠13番などとなっています。 ※過去5年の有馬記念の枠番、馬番データも掲載しておきます。

朝日杯フューチュリティステークス2017【枠順確定】

枠順

朝日杯フューチュリティステークス2017枠順確定しました。 デビュー2連勝で重賞ウイナーのダノンプレミアムが1枠1番、京王杯2歳S勝ち馬のタワーオブロンドンが2枠3番、重賞2着があるステルヴィオが5枠10番、新潟2歳S勝ち馬のフロンティアが1枠2番などとなっています。 ※過去3年の朝日杯FSの枠番、馬番データも掲載しておきます。

阪神ジュベナイルフィリーズ2017【枠順確定】

枠順

阪神ジュベナイルフィリーズ2017枠順確定しました。 デビュー2連勝のオルフェーヴル産駒ロックディスタウンが大外8枠18番、アルテミスS勝ち馬のラッキーライラックが6枠11番、ブエナビスタの仔ソシアルクラブが6枠12番、連続重賞2着のコーディエライトが8枠17番などとなっています。 ※過去5年の阪神JFの枠番、馬番データも掲載しておきます。

チャンピオンズカップ2017【枠順確定】

枠順

チャンピオンズカップ2017枠順確定しました。 JBCクラシックを制したサウンドトゥルーが7枠14番、みやこS勝ち馬のテイエムジンソクが7枠13番、武豊騎手のアウォーディーが6枠11番、ケイティブレイブが1枠2番、ロンドンタウンが4枠7番などとなっています。 ※過去3年のチャンピオンズCの枠番、馬番データも掲載しておきます。

ページの先頭へ