12月16日(日)阪神競馬場で行われる第70回朝日杯FS2018予想と過去傾向データです。
朝日杯フューチュリティステークスは、芝1600m外回りの2歳・G1の重賞レースです。
阪神での過去4年の単勝人気データを調べると、連対馬8頭のうち5頭が3番人気以内からとなっています。
1番人気は3連対で連対率75%。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

スポンサーリンク

朝日杯フューチュリティステークス2018予想

競馬SevenDaysのホーボーです。
本日は、G1レース・朝日杯FSを過去データなどを考えつつ予想します。

出走馬の枠順とラップギア

馬名 ラップギア
1 1 クリノガウディー スクリーンヒーロー 消0平0瞬1
2 2 グランアレグリア ディープインパクト 消0平1瞬1
2 3 アスターペガサス giant’s causeway 消0平2瞬0
3 4 ドゴール サクラプレジデント 消0平1瞬1
3 5 マイネルサーパス アイルハヴアナザー 消0平1瞬2
4 6 アドマイヤマーズ ダイワメジャー 消0平0瞬3
4 7 ソルトイブキ ベルシャザール 消0平0瞬1
5 8 ディープダイバー ブラックタイド 消1平0瞬4
5 9 イッツクール アルデバラン2 消0平3瞬0
6 10 ヒラソール マツリダゴッホ 消0平2瞬0
6 11 ケイデンスコール ロードカナロア 消0平0瞬3
7 12 コパノマーティン スクリーンヒーロー 消0平1瞬0
7 13 ニホンピロヘンソン ルーラーシップ 消1平0瞬1
8 14 ファンタジスト ロードカナロア 消1平1瞬1
8 15 エメラルファイト クロフネ 消0平0瞬1

   トラコミュ

過去傾向データ

【勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬】
(※出走時点の数字)
2017年 瞬発戦
 1着ダノンプレミアム  消0平0瞬3 父ディープインパクト(SS系)
2016年 瞬発戦
 1着サトノアレス    消0平0瞬4 父ディープインパクト(SS系)
2015年 瞬発戦
 1着リオンディーズ   消0平0瞬3 父キングカメハメハ
2014年 瞬発戦
 1着ダノンプラチナ   消0平0瞬3 父ディープインパクト(SS系)

阪神芝1600m外回りのコース適性値は、消0平2瞬8となっています。

【傾向まとめ表】
朝日杯FS2018 傾向まとめ表

※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2017年⇒1位(B4)、3位(B3)、2位(B4)
2016年⇒6位(A5)、7位(B3)、14位(D0)
2015年⇒2位(A4)、1位(A6)、10位(C1)
2014年⇒1位(C2)、10位(C2)、2位(A5)
2013年⇒4位(A5)、7位(B4)、2位(A6)
2012年⇒5位(A5)、1位(A6)、6位(A5)

 Aランク【4-2-3】
 Bランク【1-3-1】
 Cランク【1-1-1】
 Dランク【0-0-1】

参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

印はこうなりました。

《傾向まとめ表》の過去6年では、連対馬12頭中⇒8頭が5位以内からとなっていました。
ランクは、Aランクが優勢な傾向となっています。

牝馬のグランアレグリアが圧倒的な人気となり走りに注目です。
《まとめ表》でもA6点(満点)で1位となっています。
傾向的にも有力な感じで、かなり強力だと思いますが本命◎は牡馬から選びたいと思います。
武豊騎手にも勝ってもらいたいな~と思ったりもしますが、印をつけるだけになってしましました。

CMではございませんが、父ディープインパクト、母父ディープインパクトという仔が有力馬ということで、時代はドンドン流れているんだな~と感じますね。

◎アドマイヤマーズ
◯グランアレグリア
▲ケイデンスコール
☆ニホンピロヘンソン
△ファンタジスト


競馬予想ランキング

スポンサーリンク
【PR】
地方競馬を楽しむならオッズパーク!
簡単登録で地方競馬へ投票
ないものはない!お買い物なら楽天市場