第58回アメリカジョッキークラブカップ2017の出走予定馬のラップギアと血統のデータ傾向です。
1月22日(日)中山競馬場では、AJCC2017(4歳上・G2・芝2200m外回り)が行われますので、出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値、血統、過去傾向データを把握します。

スポンサーリンク

☆AJCC⇒穴っぽい注目馬は[競馬ブログランキング]で公開中です!

トラコミュ
AJCC データ分析
東海S データ分析

アメリカジョッキークラブカップ2017ラップギア

登録馬のラップギア適性値と種牡馬(血統)

馬名 ラップギア
クラリティスカイ クロフネ 消1平0瞬4
クリールカイザー キングヘイロー 消0平5瞬8
サイモントルナーレ ゴールドアリュール 消1平5瞬2
ショウナンバッハ ステイゴールド 消0平3瞬1
シルクドリーマー タニノギムレット 消1平6瞬0
シングウィズジョイ マンハッタンカフェ 消0平1瞬6
ゼーヴィント ディープインパクト 消0平3瞬2
タンタアレグリア ゼンノロブロイ 消0平3瞬4
ナスノセイカン ハーツクライ 消0平3瞬3
ホッコーブレーヴ マーベラスサンデー 消0平4瞬6
マイネルフロスト ブラックタイド 消1平0瞬4
マイネルメダリスト ステイゴールド 消1平7瞬7
ミライヘノツバサ ドリームジャーニー 消0平5瞬0
ヤマニンボワラクテ キングカメハメハ 消1平2瞬7
リアファル ゼンノロブロイ 消0平2瞬3
ルミナスウォリアー メイショウサムソン 消1平7瞬5
ワンアンドオンリー ハーツクライ 消0平1瞬6

過去10年のラップギア区分

 ◆消耗戦(ラスト4ハロンで加速ラップなし)
   →0レース
 ◆平坦戦(ラスト4ハロンで0.1秒から0.4秒の加速ラップあり)
   →5レース
 ◆瞬発戦(ラスト4ハロンで0.5秒以上の加速ラップあり)
   →5レース

AJCC2017 過去10年の勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬

(※出走時点)
2016年 平坦戦
 1着ディサイファ    消1平6瞬10 父ディープインパクト(SS系)
2015年 瞬発戦
 1着クリールカイザー  消0平5瞬7 父キングヘイロー
2014年 瞬発戦
 1着ヴェルデグリーン  消0平1瞬6 父ジャングルポケット
2013年 瞬発戦
 1着ダノンバラード   消0平4瞬2 父ディープインパクト(SS系)
2012年 平坦戦
 1着ルーラーシップ   消0平2瞬5 父キングカメハメハ
2011年 平坦戦
 1着トーセンジョーダン 消0平3瞬5 父ジャングルポケット
2010年 瞬発戦
 1着ネヴァブション   消0平3瞬5 父マーベラスサンデー(SS系)
2009年 瞬発戦
 1着ネヴァブション   消0平3瞬4 父マーベラスサンデー(SS系)
2008年 平坦戦
 1着エアシェイディ   消1平3瞬10 父サンデーサイレンス(SS系)
2007年 平坦戦
 1着マツリダゴッホ   消1平1瞬4 父サンデーサイレンス(SS系)

 単行本『ラップギア』では、中山芝2200mのコース適性値は、消1平5瞬4となっています。

《ラップギア データまとめ》

 過去10年で平坦戦の数字が多かった勝ち馬⇒1頭のみとなっています。
 ただし、勝ち馬全馬10頭に平坦戦での連対実績があります。
 平坦戦瞬発戦どちららでも好走できる馬が良さそうな感じのレースだと思います。

AJCCの穴っぽい注目馬は⇒中人気ブログランキングへ

トラコミュ
AJCC データ分析
東海S データ分析


競馬予想ランキング

※自分のラップ分析は岡村信将氏のラップ理論(ラップギア)を基本にしております。(ブログに書くことは了解頂いてます。)

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com