「2017年11月」の記事一覧

チャンピオンズカップ2017【枠順確定】

枠順

チャンピオンズカップ2017枠順確定しました。 JBCクラシックを制したサウンドトゥルーが7枠14番、みやこS勝ち馬のテイエムジンソクが7枠13番、武豊騎手のアウォーディーが6枠11番、ケイティブレイブが1枠2番、ロンドンタウンが4枠7番などとなっています。 ※過去3年のチャンピオンズCの枠番、馬番データも掲載しておきます。

ステイヤーズステークス2017 データ上位から一発ありそうな馬を発見!前走レース等分析から

過去傾向
ステイヤーズS2017 過去5年前走データ表

 中山競馬場で行われる【第51回スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス2017】(3歳上・G2・芝3600m)の前走データ等からの過去傾向分析です。  ステイヤーズS過去5年の1着から3着馬の前走成績表等から好走している馬の条件を調べて把握し、データ上位の注目馬、穴馬を探していきたいと思います。

ステイヤーズステークス2017 過去のデータ傾向

過去傾向
ステイヤーズS2017 過去5年成績データ表

 アルバート、フェイムゲーム、プレストウィック、シルクドリーマー、シホウなどが出走予定の第51回スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス2017の過去5年の1着から3着のレース結果成績表です。  ステイヤーズS過去5年から枠順、馬番、人気、脚質等のデータ傾向を調べて分析・把握したいと思います。

勝島王冠2017 予想

地方競馬

勝島王冠2017予想と過去傾向データです。 11月29日(水)大井競馬場では【第9回勝島王冠】が行われます。 ダート1800mの3歳上・S3の南関重賞レースです。 過去5年の人気データを調べると、1番人気が3勝とマズマズの信頼度となっているようです。 比較的に堅そうな傾向ですね。 全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

チャンピオンズカップ2017 過去のデータ傾向

過去傾向
チャンピオンズC2017 過去3年成績データ表

 テイエムジンソク、サウンドトゥルー、アウォーディー、ケイティブレイブ、ロンドンタウンなどが出走予定のジャパン・オータムインターナショナル第18回チャンピオンズカップ2017の中京での過去3年の1着から3着のレース結果成績表です。  チャンピオンズC中京での過去3年から枠順、馬番、人気、脚質等のデータ傾向を調べて分析・把握したいと思います。

チャレンジカップ2017 過去のデータ傾向

過去傾向
チャレンジC2017 過去5年成績データ表

 サトノクロニクル、ブレスジャーニー、モンドインテロ、マキシマムドパリ、デニムアンドルビーなどが出走予定の第68回チャレンジカップ2017の過去5年の1着から3着のレース結果成績表です。  チャレンジC過去5年から枠順、馬番、人気、脚質等のデータ傾向を調べて分析・把握したいと思います。

ステイヤーズステークス2017 出走予定馬のラップギアと血統データ傾向

出走予定馬ラップギア
競馬 フリー素材 06

第51回スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス2017の出走予定馬のラップギアと血統のデータ傾向です。 12月2日(土)中山競馬場では、ステイヤーズS2017(3歳上・G2・芝3600m)が行われますので、出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値、血統、過去傾向データを把握します。

チャンピオンズカップ2017 出走予定馬のラップギアと血統データ傾向

出走予定馬ラップギア
競馬 フリー素材 06

ジャパン・オータムインターナショナル第18回チャンピオンズカップ2017の出走予定馬のラップギアと血統のデータ傾向です。 12月3日(日)中京競馬場では、チャンピオンズC2017(3歳上・G1・ダート1800m)が行われますので、出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値、血統、過去傾向データを把握します。

チャレンジカップ2017 出走予定馬のラップギアと血統データ傾向

出走予定馬ラップギア
競馬 フリー素材 07

第68回チャレンジカップ2017の出走予定馬のラップギアと血統のデータ傾向です。 12月2日(土)阪神競馬場では、チャレンジC2017(3歳上・G3・芝2000m)が行われますので、出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値、血統、過去傾向データを把握します。

京阪杯2017 結果・配当 1着ネロ

レース結果
京阪杯2017 レース結果

2017年11月26日(日)京都競馬場で行われた【第62回京阪杯】(3歳上・G3・芝1200m)のレース結果、配当(払い戻し)は以下のとおりです。 1着は9番人気だったネロ(吉原寛人騎手)が勝利しました。 2着は6番人気ビップライブリー(大野拓弥騎手)、3着は14番人気イッテツ(石橋脩騎手)となっています。

ページの先頭へ