ヴィクトリアマイル2019 予想【まとめ表】ラッキーライラック

2019年5月11日

第13回ヴィクトリアマイル2019の予想です。
前売り単勝人気オッズでは、ラッキーライラック、プリモシーン、アエロリットなどが人気になっています。
ヴィクトリアMは、東京芝1600mの4歳上牝馬・G1の重賞レースです。
当ブログオリジナルの《傾向まとめ表》では、ラッキーライラックが1位となっています。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

スポンサーリンク

ヴィクトリアマイル2019予想

競馬SevenDaysのホーボーです。
本日は、ヴィクトリアマイルを過去データなどを考えつつ予想します。

出走馬の枠順とラップギア

馬名ラップギア
1 1アマルフィコーストダイワメジャー消0平4瞬2
1 2レッドオルガディープインパクト消0平3瞬3
2 3クロコスミアステイゴールド消1平3瞬4
2 4ノームコアハービンジャー消0平2瞬2
3 5メイショウオワラディープブリランテ消0平1瞬4
3 6ラッキーライラックオルフェーヴル消0平0瞬6
4 7ミッキーチャームディープインパクト消1平1瞬4
4 8デンコウアンジュメイショウサムソン消0平1瞬3
5 9プリモシーンディープインパクト消2平2瞬1
510ミエノサクシードステイゴールド消0平3瞬6
611アエロリットクロフネ消1平3瞬5
612ワントゥワンディープインパクト消0平3瞬10
713サトノワルキューレディープインパクト消0平2瞬1
714レッツゴードンキキングカメハメハ消2平3瞬5
715カンタービレディープインパクト消0平2瞬3
816ソウルスターリングFrankel消0平2瞬3
817サウンドキアラディープインパクト消0平1瞬5
818フロンテアクイーンメイショウサムソン消2平2瞬8

   トラコミュ

過去傾向データ

【勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬】
(※出走時点の数字)
2018年 平坦戦
 1着ジュールポレール  消0平2瞬5 父ディープインパクト(SS系)
2017年 瞬発戦
 1着アドマイヤリード  消0平1瞬6 父ステイゴールド
2016年 平坦戦
 1着ストレイトガール  消0平7瞬5 父フジキセキ(SS系)
2015年 平坦戦
 1着ストレイトガール  消2平6瞬4 父フジキセキ(SS系)
2014年 平坦戦
 1着ヴィルシーナ    消0平3瞬6 父ディープインパクト(SS系)

ヴィクトリアMは、平坦戦ラップの可能性が高いレースとなっています。

【脚質傾向】

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 1- 0- 1- 3/ 520.0%20.0%40.0%5661852
先行 0- 1- 1-17/190.0%5.3%10.5%072
差し 4- 3- 2-30/3910.3%17.9%23.1%165120
追込 0- 1- 1-24/260.0%3.8%7.7%013
マクリ 0- 0- 0- 0/ 0     
3F 1位 1- 2- 0- 4/ 714.3%42.9%42.9%252308
3F 2位 1- 0- 1- 2/ 425.0%25.0%50.0%485222
3F 3位 1- 0- 1- 2/ 425.0%25.0%50.0%352165
3F ~5位 1- 2- 1- 7/119.1%27.3%36.4%122110
3F 6位~ 1- 1- 2-59/631.6%3.2%6.3%44170

<差し>が7連対でトップとなっています。

【前走脚質】

前走脚質 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%0170
先行 2- 0- 3-20/258.0%8.0%20.0%148393
差し 1- 2- 2-31/362.8%8.3%13.9%3953
追込 2- 1- 0-17/2010.0%15.0%15.0%20967
マクリ 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%01580
3F 1位 1- 1- 1-13/166.3%12.5%18.8%8446
3F 2位 0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%021
3F 3位 0- 0- 1-11/120.0%0.0%8.3%040
3F ~5位 0- 1- 0-12/130.0%7.7%7.7%021
3F 6位~ 4- 2- 3-30/3910.3%15.4%23.1%203358

前走脚質は<差し><追込>が各3連対でトップとなっています。
連対馬10頭中⇒6頭が前走上3F順位が6位以下からとなっており、あまり気にしなくても大丈夫そう。

【傾向まとめ表】
ヴィクトリアマイル2019 傾向まとめ表

※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2018年⇒8位(A6)、1位(A6)、9位(A5)
2017年⇒5位(A5)、15位(B3)、7位(A5)
2016年⇒6位(B4)、1位(A5)、2位(B4)
2015年⇒6位(A5)、12位(B3)、17位(C2)
2014年⇒10位(B3)、3位(B4)、16位(B4)
2013年⇒2位(B4)、17位(C2)、4位(A6)
2012年⇒4位(A5)、9位(B4)、3位(A5)

 Aランク【4-2-4】
 Bランク【3-4-2】
 Cランク【0-1-1】
 Dランク【0-0-0】

参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

印はこうなりました。

《傾向まとめ表》の過去7年では、連対馬14頭中⇒10頭が4位以下からとなっていました。
チョット波乱含みな傾向のようです。

ランクは、A・Bランクが中心となっています。

レースの特徴としては、平坦戦ラップが4年ということで淀みない流れになることが多いようです。
脚質傾向は<差し>が7連対(4勝)となっていますので、極端な追い込み馬ではなく<差し>脚質の末脚の良い馬が狙い目となりそうです。

古馬牝馬のG1レースのヴィクトリアマイルです。
フルゲートで波乱含みな感じがします。
G1馬のラッキーライラックやアエロリットが人気の中心と思いますが、怪しい雰囲気もあり、本命◎はヴィクトリアMの舞台設定が合うとおもった馬に期待したいと思います。

先週の☆馬のケイデンスコール(14番人気)ほどではありませんが、◎以外には▲カンタービレや☆フロンテアクイーンにも注目しています。
あとは、ノームコアが気になりますね。
5つの印では無印になってしまいましたが……。

◎レッドオルガ
◯ラッキーライラック
▲カンタービレ
☆フロンテアクイーン
△プリモシーン



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ



重賞レース

Posted by ホーボー