宝塚記念2019 予想【傾向まとめ表】キセキ

2019年6月23日

第60回宝塚記念2019の予想です。
前売り単勝人気オッズでは、レイデオロ、キセキ、リスグラシュー、エタリオウ、アルアインなどが人気になっています。
宝塚記念は、2019年6月23日15時40分発走予定の阪神芝2200m内回りの3歳上・G1の重賞レースです。
当ブログオリジナルの《傾向まとめ表》では、キセキが1位となっています。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。


宝塚記念2019予想とデータ傾向

宝塚記念2019

競馬SevenDaysのホーボーです。
本日は、宝塚記念を過去データなどを考えつつ予想します。

出走馬の枠順とラップギア

馬名ラップギア
1 1キセキルーラーシップ消0平3瞬4
2 2レイデオロキングカメハメハ消1平4瞬4
b3 3エタリオウステイゴールド消0平2瞬6
b4 4アルアインディープインパクト消0平4瞬4
5 5タツゴウゲキマーベラスサンデー消0平3瞬3
5 6スティッフェリオステイゴールド消0平8瞬2
6 7マカヒキディープインパクト消0平1瞬5
6 8ショウナンバッハステイゴールド消0平3瞬2
7 9クリンチャーディープスカイ消0平2瞬2
710ノーブルマーズジャングルポケット消1平6瞬4
811スワーヴリチャードハーツクライ消0平3瞬5
812リスグラシューハーツクライ消0平5瞬6

   トラコミュ

過去10年の傾向データ

勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬

(※出走時点の数字)
2018年 瞬発戦
 1着ミッキーロケット  消0平2瞬8 父キングカメハメハ
2017年 平坦戦
 1着サトノクラウン   消0平3瞬2 父Marju
2016年 平坦戦
 1着マリアライト    消1平4瞬2 父ディープインパクト(SS系)
2015年 瞬発戦
 1着ラブリーデイ    消0平3瞬6 父キングカメハメハ
2014年 平坦戦
 1着ゴールドシップ   消0平6瞬6 父ステイゴールド(SS系)
2013年 平坦戦
 1着ゴールドシップ   消0平5瞬5 父ステイゴールド(SS系)
2012年 瞬発戦
 1着オルフェーヴル   消0平4瞬6 父ステイゴールド(SS系)
2011年 瞬発戦
 1着アーネストリー   消0平6瞬4 父グラスワンダー
2010年 平坦戦
 1着ナカヤマフェスタ  消0平1瞬4 父ステイゴールド(SS系)
2009年 瞬発戦
 1着ドリームジャーニー 消0平1瞬7 父ステイゴールド(SS系)

宝塚記念は、平坦戦ラップと瞬発戦ラップの可能性が高いレースとなっています。

脚質傾向

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 0- 0- 2- 8/ 100.0%0.0%20.0%097
先行 5- 5- 2- 28/ 4012.5%25.0%30.0%11684
差し 4- 1- 4- 41/ 508.0%10.0%18.0%15890
追込 1- 4- 2- 39/ 462.2%10.9%15.2%659
マクリ 0- 0- 0- 0/ 0     
3F 1位 6- 5- 0- 0/ 1154.5%100.0%100.0%570346
3F 2位 2- 0- 3- 9/ 1414.3%14.3%35.7%27288
3F 3位 1- 1- 1- 4/ 714.3%28.6%42.9%194122
3F ~5位 1- 3- 4- 14/ 224.5%18.2%36.4%64194
3F 6位~ 0- 1- 2- 89/ 920.0%1.1%3.3%015

<先行>が10連対でトップとなっています。

前走脚質

前走脚質 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 0- 0- 2- 7/ 90.0%0.0%22.2%0107
先行 2- 2- 2- 27/ 336.1%12.1%18.2%15588
差し 5- 3- 4- 42/ 549.3%14.8%22.2%12697
追込 2- 2- 1- 25/ 306.7%13.3%16.7%1944
マクリ 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%9646
3F 1位 0- 1- 1- 17/ 190.0%5.3%10.5%018
3F 2位 1- 1- 3- 16/ 214.8%9.5%23.8%6750
3F 3位 2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%20.0%16357
3F ~5位 7- 3- 0- 18/ 2825.0%35.7%35.7%350122
3F 6位~ 0- 2- 5- 44/ 510.0%3.9%13.7%0101

前走脚質は<差し>が8連対でトップとなっています。
データのある連対馬17頭中⇒全馬17頭が前走上がり3ハロン順位6位以内からとなっています。

傾向まとめ表

宝塚記念2019 傾向まとめ表

※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2018年⇒6位(B4)、2位(C2)、14位(B3)
2017年⇒4位(B4)、5位(C2)、6位(B3)
2016年⇒7位(A5)、1位(A6)、2位(A6)
2015年⇒3位(A5)、8位(C1)、13位(D0)
2014年⇒3位(B3)、12位(C1)、6位(C2)
2013年⇒4位(B3)、6位(C2)、2位(B4)
2012年⇒2位(B4)、1位(A6)、5位(B4)

 Aランク【2-2-1】
 Bランク【5-0-4】
 Cランク【0-5-1】
 Dランク【0-0-1】

参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

予想印はこうなりました。

《傾向まとめ表》の過去7年では、連対馬14頭中⇒8頭が4位以内からとなっていました。
一応、毎年4位以内から必ず連対が出ていました。

ランクは、AランクよりもB・Cランクが優勢で、特に1着はBランクが中心の傾向となっています。

レースの特徴としては、1000m通過59秒前後になることが多く、淀みない流れとなる確率の高い宝塚記念です。
連対馬20頭中⇒13頭が4角7番手以内からとなっており、中団よりも前に位置しないとキビシイ感じです。(ただし、逃げた馬は連対なし)
データ的には、前走<先行><差し>脚質で上がり3ハロン順位5位以内が良さそうな感じとなっていました。

12頭立てとチョット寂しい頭数の宝塚記念ですが、前走海外レース出走馬が3頭出走しマズマズのメンバーとなった感じがします。
よって、12頭でそれなりの馬たちがおり、波乱の可能性は少ないのかな~と考え、印は人気どころになってしまいました。
まぁ、しかし、印をつけたい馬は7頭ぐらいはいて、抜けがありそうで、そう簡単ではないのかな~と嫌な感じがしていおります……。

◎レイデオロ
◯リスグラシュー
▲スワーヴリチャード
☆アルアイン
△キセキ

宝塚記念、印をつけた馬の好走を期待したいと思います。



重賞レース

Posted by ホーボー