スプリングステークス2019 予想【まとめ表】ロジャーバローズ

2019年3月17日

第68回フジテレビ賞スプリングステークス2019の予想です。
単勝人気オッズは、ファンタジスト、ヒシイグアス、シークレットラン、ロジャーバローズ、ユニコーンライオンなどが上位人気になっています。
スプリングSは、中山芝1800mの3歳・G2の重賞レースです。
当ブログオリジナルの《傾向まとめ表》では、ロジャーバローズが1位となっています。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

スポンサーリンク

スプリングステークス2019予想

競馬SevenDaysのホーボーです。
本日は、スプリングステークスを過去データなどを考えつつ予想します。

出走馬の枠順とラップギア

馬名ラップギア
1 1ファンタジストロードカナロア消1平1瞬1
1 2クリノガウディースクリーンヒーロー消0平0瞬2
2 3ユニコーンライオンno nay never消0平1瞬1
2 4ニシノカツナリルーラーシップ消0平0瞬1
3 5ゲバラディープインパクト消0平1瞬0
3 6コスモカレンドゥラノヴェリスト消0平1瞬2
4 7リーガルメインハービンジャー消0平1瞬1
4 8ヒシイグアスハーツクライ消0平1瞬2
5 9エメラルファイトクロフネ消0平1瞬1
510ディキシーナイトダイワメジャー消0平0瞬3
611リバーシブルレーンハーツクライ消0平0瞬1
612タガノディアマンテオルフェーヴル消0平0瞬2
713シークレットランダンカーク消0平1瞬2
714カラテトゥザグローリー消0平1瞬0
815ロジャーバローズディープインパクト消0平2瞬1
816フィデリオグリーンザサンデーフサイチ消0平1瞬0

   トラコミュ

過去傾向データ

【勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬】
(※出走時点の数字)
2018年 平坦戦
 1着ステルヴィオ    消0平1瞬3 父ロードカナロア
2017年 平坦戦
 1着ウインブライト   消0平2瞬1 父ステイゴールド(SS系)
2016年 平坦戦
 1着マウントロブソン  消1平1瞬2 父ディープインパクト(SS系)
2015年 瞬発戦
 1着キタサンブラック  消0平0瞬2 父ブラックタイド(SS系)
2014年 平坦戦
 1着ロサギガンティア  消0平0瞬3 父フジキセキ(SS系)

中山芝1800mコースは、基本的には瞬発戦ラップと平坦戦ラップが多いコースです。

【脚質傾向】

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%20.0%044
先行 2- 1- 3-12/1811.1%16.7%33.3%9978
差し 3- 3- 1-13/2015.0%30.0%35.0%9257
追込 0- 0- 1-17/180.0%0.0%5.6%06
マクリ 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
3F 1位 2- 1- 1- 4/ 825.0%37.5%50.0%13081
3F 2位 0- 1- 1- 3/ 50.0%20.0%40.0%050
3F 3位 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%40095
3F ~5位 1- 2- 2- 6/119.1%27.3%45.5%50100
3F 6位~ 1- 1- 1-32/352.9%5.7%8.6%3520

<差し>が6連対でトップとなっています。

【前走脚質】

前走脚質 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 0- 2- 0- 5/ 70.0%28.6%28.6%057
先行 2- 1- 3-17/238.7%13.0%26.1%7760
差し 2- 2- 2-19/258.0%16.0%24.0%4136
追込 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
マクリ 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%800190
3F 1位 1- 3- 2- 8/147.1%28.6%42.9%5772
3F 2位 3- 0- 1- 7/1127.3%27.3%36.4%14468
3F 3位 0- 2- 1- 6/ 90.0%22.2%33.3%051
3F ~5位 0- 0- 1- 5/ 60.0%0.0%16.7%073
3F 6位~ 1- 0- 0-19/205.0%5.0%5.0%6111

前走脚質は<差し>が4連対でトップとなっています。
連対馬10頭中⇒9頭が前走上3F順位が3位以内からとなっています。

【傾向まとめ表】
スプリングS2019 傾向まとめ表

※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2018年⇒2位(B3)、1位(A6)、5位(B3)
2017年⇒4位(B4)、1位(A5)、8位(C2)
2016年⇒3位(B4)、4位(B4)、2位(B4)
2015年⇒6位(B4)、1位(A5)、3位(A5)
2014年⇒4位(C2)、2位(A5)、3位(C2)
2013年⇒1位(A5)、4位(A5)、8位(A5)
2012年⇒1位(A5)、2位(B4)、8位(A5)

 Aランク【2-5-3】
 Bランク【4-2-2】
 Cランク【1-0-2】
 Dランク【0-0-0】

参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

印はこうなりました。

《傾向まとめ表》の過去7年では、連対馬14頭中⇒13頭が4位以内からとなっていました。

ランクは、連対数ではAランクがトップですが、1着馬はBランクが多くなっています。

レースの特徴としては、平坦戦ラップの可能性が高く、前後半イーブンの淀みない流れになりやすいレースです。
脚質は、<差し>が6連対でトップですが、小回りの中山ですので4角7番手以内でないと厳しくなっています。

中心馬不在の波乱含みの今年のスプリングステークス。
印5つで当てるのは厳しいと思いますが、以下の5頭に注目してみました。

◎ユニコーンライオン
◯ロジャーバローズ
▲シークレットラン
☆タガノディアマンテ
△ヒシイグアス



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ



重賞レース

Posted by ホーボー