関屋記念2019 出走予定馬のラップギアと血統データ傾向

サマーマイルシリーズ第54回関屋記念2019の出走予定馬のラップギアと血統のデータ傾向です。
令和元年8月11日(日・祝)新潟競馬場では、関屋記念2019(3歳上・G3・芝1600m外回り)が行われますので、出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値、血統、過去傾向データを把握します。





出走予定登録馬のラップギア適性値を調べ掲載します。
また、過去のレースラップ区分や勝ち馬の適性値なども調べたので、参考になれば幸いです。


ラップギア

関屋記念2019登録馬のラップギア適性値と種牡馬(血統)

馬名ラップギア
アストラエンブレムダイワメジャー消0平2瞬9
エントシャイデンディープインパクト消0平2瞬3
オールフォーラヴディープインパクト消2平1瞬2
キョウワゼノビアハーツクライ消1平3瞬3
ケイデンスコールロードカナロア消0平0瞬4
サラキアディープインパクト消0平1瞬4
サンマルティンハービンジャー消0平2瞬5
ストーミーシーアドマイヤムーン消1平4瞬4
ソーグリッタリングステイゴールド消2平5瞬5
ディメンシオンディープインパクト消0平2瞬5
トミケンキルカスタイキシャトル消2平3瞬2
ハーレムラインマンハッタンカフェ消0平2瞬3
*ファストアプローチdawn approach消1平1瞬4
フローレスマジックディープインパクト消0平3瞬6
ブレスジャーニーバトルプラン消0平1瞬2
ボールライトニングダイワメジャー消0平1瞬3
マイネルアウラートステイゴールド消0平4瞬7
ミエノサクシードステイゴールド消0平3瞬6
ミッキーグローリーディープインパクト消0平4瞬3
ヤングマンパワースニッツェル消1平2瞬4
ランガディアキングカメハメハ消0平0瞬5
リライアブルエースディープインパクト消1平3瞬4
ロードクエストマツリダゴッホ消0平3瞬4
ロシュフォールキングカメハメハ消0平0瞬5




過去10年のラップギア区分

 ◆消耗戦(ラスト4ハロンで加速ラップなし)
   →0レース
 ◆平坦戦(ラスト4ハロンで0.1秒から0.4秒の加速ラップあり)
   →2レース
 ◆瞬発戦(ラスト4ハロンで0.5秒以上の加速ラップあり)
   →8レース

[text type=marker color=yellow]瞬発戦ラップの確率が高い関屋記念[/text]です。
ただ、2年連続で平坦戦ラップとなっています。

関屋記念2019 過去10年の勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬

(※出走時点)
2018年 平坦戦
 1着プリモシーン    消1平1瞬1 父ディープインパクト(SS系)
2017年 平坦戦
 1着マルターズアポジー 消1平5瞬2 父ゴスホークケン
2016年 瞬発戦
 1着ヤングマンパワー  消1平2瞬2 父スニッツェル
2015年 瞬発戦
 1着レッドアリオン   消0平1瞬9 父アグネスタキオン(SS系)
2014年 瞬発戦
 1着クラレント     消2平1瞬3 父ダンスインザダーク(SS系)
2013年 瞬発戦
 1着レッドスパーダ   消1平3瞬4 父タイキシャトル
2012年 瞬発戦
 1着ドナウブルー    消0平3瞬2 父ディープインパクト(SS系)
2011年 瞬発戦
 1着レインボーペガサス 消0平3瞬3 父アグネスタキオン(SS系)
2010年 瞬発戦
 1着レッツゴーキリシマ 消0平2瞬5 父メジロライアン
2009年 瞬発戦
 1着スマイルジャック  消0平2瞬4 父タニノギムレット

新潟芝1600mコースは、基本的には瞬発戦ラップの可能性が高いコースとなっています。

《ラップギア データまとめ》

過去10年で瞬発戦の数字が多かった勝ち馬⇒8頭(同数含む)となっています。
ただし、平坦戦瞬発戦の数字が同じくらいの馬が良いのかな~という印象もあります。
コースは、圧倒的に瞬発戦ラップコースだと思うのですが……。

人気になりそうな登録馬を分析します。

ミッキーグローリーは【消0平4瞬3】となっています。
平坦戦ラップの方が数字が多くなっていますが、[text type=marker color=yellow]瞬発戦ラップは5戦して全て3着内[/text]となっており瞬発戦ラップも問題ない馬です。
平坦戦瞬発戦が同じくらいという条件にも嵌っている感じでラップ適性は問題なしと思います。
速い上がりも得意なディープインパクト産駒ですので連軸はカタイ印象です。

ケイデンスコールは【消0平0瞬4】の瞬発戦ラップ適性馬です。
ただ、全6戦すべて瞬発戦ラップのレースとなっています。
新潟芝1600m外回りコース2戦2勝ということでコース的には文句のつけようがないと思います。
平坦戦ラップは未知ですが、[text type=marker color=pink]前走NHKマイルCのような末脚が活かせる速い流れになれば能力を発揮できそうな感じがします。[/text]

ソーグリッタリングは【消2平5瞬5】ですので、関屋記念の傾向には嵌っている感じですね。
速い上がり勝負も問題なく有力馬となりそうです。

あと、ディープインパクト産駒の牝馬サラキアもマズマズという感じです。


※自分のラップ分析は岡村信将氏のラップ理論(ラップギア)を基本にしております。(ブログに書くことは了解頂いてます。)