薩摩ステークス2019予想と過去傾向データです。
7月27日(土)小倉競馬場のメインレースとして【薩摩S】が行われます。
ダート1700mの3歳上・3勝クラス(1600万下)のレースです。
金曜日正午の馬場状態は、ダートは良馬場となっていました。




薩摩ステークスの過去2年のデータなどを参考にして予想を考えて行きたいと思います。

小倉ダート

薩摩S2019 ラップギア・血統入り枠順表

馬名 替 騎手 ラップギア
1 1 クリノフウジン *酒井学 ネオユニヴァース 消1平2瞬1
b2 2 ゼンノワスレガタミ *秋山真一 キングカメハメハ 消2平3瞬1
b3 3 キーグラウンド *幸英明 アサクサキングス 消0平5瞬1
4 4 エネスク *鮫島克駿 ベーカバド 消1平4瞬2
4 5 グアン 武豊 オルフェーヴル 消0平4瞬2
5 6 ロードアクシス 和田竜二 ブレイクランアウト 消1平1瞬1
5 7 ショートストーリー *北村友一 アドマイヤムーン 消1平5瞬2
6 8 エオリア *川田将雅 ストリートセンス 消1平5瞬0
6 9 フィールドセンス 福永祐一 ストリートセンス 消2平2瞬2
7 10 クリノリーソクツモ *川須栄彦 プリサイスエンド 消4平2瞬0
7 11 メイショウワザシ *松山弘平 アイルハヴアナザー 消1平3瞬1
8 12 テーオーフォース *浜中俊 シンボリクリスエス 消1平2瞬0
8 13 メイショウマトイ 高倉稜 ヴィクトワールピサ 消1平5瞬4




薩摩ステークス 過去2年の傾向データ

ラップギア

消耗戦(ラスト4ハロンで加速ラップなし)
  →2レース
平坦戦(ラスト4ハロンで0.1秒から0.4秒の加速ラップあり)
  →0レース
瞬発戦(ラスト4ハロンで0.5秒以上の加速ラップあり)
  →0レース

薩摩Sは、消耗戦ラップの可能性が高くなっています。

勝ち馬は、瞬発戦ラップと平坦戦ラップの数字が一番多い(同数含む)馬となっていました。

人気データ

薩摩S2019 人気データ

連対馬4頭中⇒3頭が2番人気いないからとなっています。
3着内馬6頭のうち5頭が3番人気以内からですので、過去2年は平穏傾向です。

馬番データ

薩摩S2019 馬番データ

基本的には、枠順は大外枠が不利なコース。
人気を背負った強い馬でも大外枠を引いた場合は、苦しい競馬になる。
最内も諸刃の剣で、中枠が一番無難です。

脚質データ

薩摩S2019 脚質データ

連対馬4頭中⇒3頭が<逃げ・先行>脚質からとなっています。
残りの1頭もマクリですので、4角では前に位置していないツラそうです。

前走脚質データ

薩摩S2019 前走脚質データ

前走脚質では、<差し>脚質から2勝となっています。
前走<差し>で上がり3ハロン順位1位馬が2勝しています。

血統(種牡馬)データ

※小倉ダート1700mコースのレースデータを参照。データ期間は、2016年2月13日から2019年3月3日。約過去3年。

種牡馬系統

薩摩S2019 種牡馬系統データ

種牡馬

薩摩S2019 種牡馬データ

出走馬で見ると、キングカメハメハ、アイルハヴアナザーあたりが良い成績となっています。

予想印はこうなりました。

過去2年のデータしかありませんが、平穏傾向となっていました。
今年も上位人気馬が強そうかな~という印象です。

本命◎は、素直に小倉D1700m2戦2勝のメイショウワザシにします。
前走内容から3勝クラスでも目処が立ってきていますので、勝機十分かな~と思います。
スンナリと逃げれそうですので!

対抗○も、コース実績のあるフィールドセンス。
前が有利の展開なら、この馬も残りそうな気がします。

馬券的に期待する▲☆馬には、ゼンノワスレガタミとキーグラウンドに注目しました。


◎メイショウワザシ
◯フィールドセンス
▲ゼンノワスレガタミ
☆キーグラウンド
△エオリア



薩摩S、印をつけた馬たちの好走を期待したいと思います。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになれば良いですね。