皐月賞2019 予想【まとめ表】サートゥルナーリア

2019年4月13日

第79回皐月賞2019の予想です。
前売り単勝人気オッズでは、サートゥルナーリア、ダノンキングリー、アドマイヤマーズ、ヴェロックスなどが人気になっています。
皐月賞は、中山芝2000mの3歳・G1の重賞レースです。
当ブログオリジナルの《傾向まとめ表》では、サートゥルナーリアが1位となっています。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

スポンサーリンク

皐月賞2019予想

皐月賞2019

競馬SevenDaysのホーボーです。
本日は、皐月賞を過去データなどを考えつつ予想します。

出走馬の枠順とラップギア

馬名ラップギア
1 1アドマイヤマーズダイワメジャー消0平0瞬5
1 2サトノルークスディープインパクト消0平0瞬4
2 3ファンタジストロードカナロア消1平2瞬1
2 4ダノンキングリーディープインパクト消1平0瞬2
3 5ランスオブプラーナケープブランコ消0平1瞬4
3 6クラージュゲリエキングカメハメハ消0平1瞬1
4 7ヴェロックスジャスタウェイ消0平1瞬3
4 8ニシノデイジーハービンジャー消1平3瞬0
5 9メイショウテンゲンディープインパクト消0平2瞬2
510シュヴァルツリーゼハーツクライ消0平1瞬1
611ラストドラフトノヴェリスト消0平1瞬1
612サートゥルナーリアロードカナロア消0平0瞬3
713ブレイキングドーンヴィクトワールピサ消0平1瞬1
714ダディーズマインドトーセンホマレボシ消0平0瞬2
715クリノガウディースクリーンヒーロー消0平0瞬2
816タガノディアマンテオルフェーヴル消0平0瞬2
817アドマイヤジャスタジャスタウェイ消0平1瞬4
818ナイママダノンバラード消2平0瞬0

   トラコミュ

過去傾向データ

【勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬】
(※出走時点の数字)
2018年 瞬発戦
 1着エポカドーロ    消0平1瞬2 父オルフェーヴル(SS系)
2017年 瞬発戦
 1着アルアイン     消0平0瞬3 父ディープインパクト(SS系)
2016年 瞬発戦
 1着ディーマジェスティ 消0平2瞬3 父ディープインパクト(SS系)
2015年 平坦戦
 1着ドゥラメンテ    消0平0瞬4 父キングカメハメハ
2014年 平坦戦
 1着イスラボニータ   消0平1瞬4 父フジキセキ(SS系)

皐月賞は、瞬発戦とラップか平坦戦ラップの可能性が高いレースとなっています。

【脚質傾向】

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 0- 0- 1- 6/ 70.0%0.0%14.3%067
先行 2- 2- 3-10/1711.8%23.5%41.2%115181
差し 3- 2- 1-30/368.3%13.9%16.7%16067
追込 0- 1- 0-24/250.0%4.0%4.0%06
マクリ 0- 0- 0- 0/ 0     
3F 1位 1- 1- 0- 5/ 714.3%28.6%28.6%6550
3F 2位 1- 1- 0- 4/ 616.7%33.3%33.3%515113
3F 3位 1- 1- 1- 0/ 333.3%66.7%100.0%170220
3F ~5位 2- 1- 1- 9/1315.4%23.1%30.8%283230
3F 6位~ 0- 1- 3-52/560.0%1.8%7.1%025

<差し>が4連対でトップとなっています。

【前走脚質】

前走脚質 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%20.0%0116
先行 3- 1- 4-27/358.6%11.4%22.9%12081
差し 1- 2- 1-21/254.0%12.0%16.0%1873
追込 1- 1- 0-14/166.3%12.5%12.5%19353
マクリ 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
3F 1位 2- 3- 1-24/306.7%16.7%20.0%11850
3F 2位 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%5134
3F 3位 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%047
3F ~5位 2- 1- 1-14/1811.1%16.7%22.2%205166
3F 6位~ 0- 0- 2-15/170.0%0.0%11.8%048

前走脚質は<先行>が4連対でトップとなっています。
連対馬10頭中⇒全馬10頭が前走上3F順位が5位以内からとなっています。

【傾向まとめ表】
皐月賞2019 傾向まとめ表

※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2018年⇒7位(B4)、9位(B3)、8位(A5)
2017年⇒6位(A6)、4位(A6)、14位(C2)
2016年⇒5位(B3)、2位(A6)、3位(A6)
2015年⇒3位(A5)、2位(A5)、4位(A5)
2014年⇒3位(A5)、1位(A6)、9位(A5)
2013年⇒1位(A6)、2位(A5)、4位(A5)
2012年⇒4位(A6)、3位(A5)、2位(A6)

 Aランク【5-6-6】
 Bランク【2-1-0】
 Cランク【0-0-1】
 Dランク【0-0-0】

参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

印はこうなりました。

《傾向まとめ表》の過去7年では、連対馬14頭中⇒10頭が4位以内からとなっていました。

昨年はBランク馬のワンツー決着となりましたが、基本的にはAランクが中心となっています。

レースの特徴としては、前半1000メートル通過が59秒前後のペースで淀みない流れになりやすいレースです。
連対馬10頭中⇒7頭が4角5番手以内となっており淀みな流れを中団前につけられる馬が良さそうな感じです。

3戦無敗のホープフルS(G1)勝ち馬のサートゥルナーリア、同じく3戦無敗の共同通信杯(G3)勝ち馬ダノンキングリー、そして朝日杯FS(G1)勝ち馬のアドマイヤマーズと上位ハイレベルという感じの皐月賞です。

コース実績もあるサートゥルナーリアがかなり強い感じもしますが、本命◎は違う馬の逆転に期待します。
▲サトノルークス、☆ラストドラフトの走りにも注目したいと思います。

◎アドマイヤマーズ
◯サートゥルナーリア
▲サトノルークス
☆ラストドラフト
△ダノンキングリー



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ



重賞レース

Posted by ホーボー