第37回関西テレビ放送賞ローズステークス2019の過去傾向データを掲載します。
ダノンファンタジー、ウィクトーリア、シゲルピンクダイヤ、ビーチサンバなどがローズS2019出走予定馬となっています。
過去10年の1着から3着のレース結果成績表から枠順、馬番、人気、脚質等のデータ分析や出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値や過去傾向を把握したいと思います。





《ローズステークス 過去10年成績表》を見ると、枠番・馬番・人気・騎手・脚質・血統などが分かると思います。
気になるデータ項目を掲載しておきます。
予想の参考になれば幸いです。

過去10年の3着内馬成績データ表

ローズS2019 過去10年成績データ表

※画像はクリックすると拡大されます。

ローズS 予想参考 過去のデータ傾向

※過去10年

枠番傾向

ローズS2019 枠番データ

馬番傾向

ローズS2019 馬番データ

基本的には、枠順による差はあまりないコース。

人気傾向

ローズS2019 人気データ

連対馬20頭中⇒9頭が2人気以内からとなっています。
3番人気は連対馬ゼロとなっています。
3着内馬30頭中⇒22頭が8番人気以内からとなっています。

脚質傾向

ローズS2019 脚質データ

<差し>が9連対でトップとなっています。
連対馬20頭中⇒13頭が4角7番手以下の位置取りとなっています。
瞬発力勝負の傾向です。

前走脚質傾向

ローズS2019 前走脚質データ

前走脚質は<差し>が11連対でトップとなっています。
連対馬20頭中⇒18頭が前走上がり3ハロン順位が5位以内となっています。




血統傾向

※阪神芝1800m外回りコースのレースデータを参照。データ期間は、2014年3月1日から2019年6月23日。過去5年。

種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 平人気
ディープインパクト 72- 47- 52-263/434 16.6% 27.4% 39.4% 78 81 4.5人気
キングカメハメハ 17- 20- 19-122/178 9.6% 20.8% 31.5% 37 102 6.2人気
ハービンジャー 17- 15- 18-127/177 9.6% 18.1% 28.2% 56 79 6.8人気
ハーツクライ 12- 15- 18-151/196 6.1% 13.8% 23.0% 22 54 6.9人気
ダイワメジャー 12- 9- 10- 88/119 10.1% 17.6% 26.1% 324 104 6.5人気
マンハッタンカフェ 9- 7- 9- 80/105 8.6% 15.2% 23.8% 79 59 7.1人気
ネオユニヴァース 9- 5- 4- 66/ 84 10.7% 16.7% 21.4% 204 96 7.9人気
ブラックタイド 8- 2- 4- 53/ 67 11.9% 14.9% 20.9% 110 109 8.4人気
ステイゴールド 7- 10- 9-116/142 4.9% 12.0% 18.3% 57 80 8.1人気
アドマイヤムーン 7- 5- 7- 43/ 62 11.3% 19.4% 30.6% 55 115 8.1人気
ルーラーシップ 5- 9- 4- 54/ 72 6.9% 19.4% 25.0% 33 55 6.5人気
オルフェーヴル 5- 8- 2- 30/ 45 11.1% 28.9% 33.3% 23 71 4.7人気
ヴィクトワールピサ 5- 3- 4- 43/ 55 9.1% 14.5% 21.8% 137 71 6.4人気
ストーミングホーム 4- 0- 0- 15/ 19 21.1% 21.1% 21.1% 176 56 9.8人気
ゼンノロブロイ 3- 6- 8- 67/ 84 3.6% 10.7% 20.2% 36 65 7.9人気
ジャングルポケット 3- 5- 3- 56/ 67 4.5% 11.9% 16.4% 20 92 9.3人気
シンボリクリスエス 3- 3- 3- 52/ 61 4.9% 9.8% 14.8% 24 55 8.5人気
ダノンシャンティ 3- 3- 2- 15/ 23 13.0% 26.1% 34.8% 23 66 6.7人気
ディープブリランテ 3- 1- 3- 25/ 32 9.4% 12.5% 21.9% 66 59 7.6人気
ディープスカイ 3- 1- 1- 18/ 23 13.0% 17.4% 21.7% 533 113 8.1人気
コンデュイット 2- 4- 4- 23/ 33 6.1% 18.2% 30.3% 75 101 8.3人気
エンパイアメーカー 2- 2- 2- 34/ 40 5.0% 10.0% 15.0% 17 28 8.4人気


ディープインパクトがトップとなっています。
単勝回収率的には、ダイワメジャーやネオユニヴァース、ヴィクトワールピサも良いコースです。

ラップギア

登録馬

馬名 ラップギア
アルティマリガーレ ハービンジャー 消0平3瞬1
ウィクトーリア ヴィクトワールピサ 消0平1瞬2
シゲルピンクダイヤ ダイワメジャー 消0平1瞬2
シャドウディーヴァ ハーツクライ 消0平0瞬4
スイープセレリタス ハーツクライ 消1平1瞬1
ダノンファンタジー ディープインパクト 消0平0瞬5
ビーチサンバ クロフネ 消0平0瞬3
ビックピクチャー ディープインパクト 消1平1瞬2
ベストクィーン スクリーンヒーロー 消0平0瞬2
メイショウショウブ ダイワメジャー 消0平1瞬2
モアナアネラ キングカメハメハ 消0平2瞬1
ラシェーラ ルーラーシップ 消0平0瞬3


ラップギア区分

消耗戦(ラスト4ハロンで加速ラップなし)
  →2レース
平坦戦(ラスト4ハロンで0.1秒から0.4秒の加速ラップあり)
  →1レース
瞬発戦(ラスト4ハロンで0.5秒以上の加速ラップあり)
  →7レース

過去10年の勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬

(※出走時点)
2018年 瞬発戦
 1着カンタービレ    消0平2瞬2 父ディープインパクト(SS系)
2017年 平坦戦
 1着ラビットラン    消0平0瞬3 父Tapit
2016年 瞬発戦
 1着シンハライト    消0平1瞬4 父ディープインパクト(SS系)
2015年 瞬発戦
 1着タッチングスピーチ 消0平2瞬0 父ディープインパクト(SS系)
2014年 瞬発戦
 1着ヌーヴォレコルト  消0平0瞬4 父ハーツクライ(SS系)
2013年 消耗戦
 1着デニムアンドルビー 消0平2瞬2 父ディープインパクト(SS系)
2012年 瞬発戦
 1着ジェンティルドンナ 消0平2瞬3 父ディープインパクト(SS系)
2011年 瞬発戦
 1着ホエールキャプチャ 消0平1瞬5 父クロフネ
2010年 瞬発戦
 1着アニメイトバイオ  消0平3瞬1 父ゼンノロブロイ(SS系)
2009年 消耗戦
 1着ブロードストリート 消0平2瞬2 父アグネスタキオン(SS系)

阪神芝1800m外回りコースは、基本的には瞬発戦ラップの可能性が高いコースとなっています。

過去10年で瞬発戦の数字が多かった勝ち馬⇒8頭(同数含む)となっています。
基本的には、スローの瞬発力勝負という可能性が高いローズSです。
瞬発戦適性馬、サンデーサイレンス系産駒を中心に考えるのが良さそうな傾向です。

データまとめ

出走予定馬(登録馬)は12頭となっています。
秋華賞トライアルですが、チョット寂しい感じですね。

中心は、2歳女王のダノンファンタジーとなりそうです。
3歳になり、桜花賞は4着、オークスは5着となっていますが、実績からも勝ち負けが有力だと思います。
ラップギア適性値は【消0平0瞬5】のディープインパクト産駒ですので、阪神芝外回りコースは合いそうです。
データ的には、前走脚質<差し>は良いのですが、上3F順位が8位が気になります。

オークスでダノンファンタジーに先着する4着だったウィクトーリアも注目です。
東京芝のフローラSでは、上3F33.2秒の末脚で勝利していますので、切れ味勝負ならばコチラの方が魅力があるのかも知れません。

実績馬の桜花賞2着のシゲルピンクダイヤ、桜花賞5着のビーチサンバも、オークスでは2ケタ着順で惨敗していますが、距離短縮となる今回は巻き返しもありそうな感じです。