ラジオNIKKEI賞2019 予想|混戦模様のハンデ戦……

2019年6月30日

第68回ラジオNIKKEI賞2019の予想です。
前売り単勝人気オッズでは、ヒシイグアス、ディキシーナイト、ブレイブメジャーなどが人気になっていますが混戦模様です。
ラジオNIKKEI賞は、2019年6月30日15時45分発走予定の福島芝1800mの3歳・G3のハンデ戦の重賞レースです。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。


本日は、ラジオNIKKEI賞を過去データなどを考えつつ予想します。


ラジオNIKKEI賞2019出走馬の枠順とラップギア

馬名替 騎手ラップギア
1 1ギルマ 三浦皇成ハービンジャー消0平2瞬3
1 2マイネルサーパス*柴田大知アイルハヴアナザー消0平1瞬2
2 3ダディーズマインド 宮崎北斗トーセンホマレボシ消0平0瞬2
2 4ポルーニン 武藤雅フレンチデピュティ消0平0瞬3
3 5ディキシーナイト 石橋脩ダイワメジャー消0平0瞬3
3 6ブレイブメジャー*戸崎圭太ダイワメジャー消0平1瞬2
4 7インテンスライト 菊沢一樹エイシンフラッシュ消0平0瞬2
4 8サヴォワールエメ*内田博幸ダイワメジャー消0平0瞬2
5 9ヒシイグアス*M.デムハーツクライ消0平1瞬2
510レッドアネモス 北村友一ヴィクトワールピサ消0平0瞬3
611ヒルノダカール*丸山元気ヴィクトワールピサ消0平1瞬1
612ウインゼノビア*津村明秀スクリーンヒーロー消0平0瞬3
713ゴータイミング 武豊ディープインパクト消0平0瞬2
714ブレイキングドーン*田辺裕信ヴィクトワールピサ消0平1瞬1
815ランスオブプラーナ 松山弘平ケープブランコ消0平1瞬4
816アドマイヤスコール*横山典弘ディープブリランテ消0平1瞬2

福島での過去10年の傾向データ

勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬

(※出走時点の数字)
2018年 平坦戦
 1着メイショウテッコン 消0平1瞬2 父マンハッタンカフェ(SS系)
2017年 平坦戦
 1着セダブリランテス  消1平0瞬1 父ディープブリランテ(SS系)
2016年 瞬発戦
 1着ゼーヴィント    消0平1瞬1 父ディープインパクト(SS系)
2015年 瞬発戦
 1着アンビシャス    消0平1瞬2 父ディープインパクト(SS系)
2014年 平坦戦
 1着ウインマーレライ  消0平1瞬2 父マツリダゴッホ(SS系)
2013年 瞬発戦
 1着ケイアイチョウサン 消0平1瞬1 父ステイゴールド(SS系)
2012年 瞬発戦
 1着ファイナルフォーム 消0平1瞬2 父ディープインパクト(SS系)
2010年 消耗戦
 1着アロマカフェ    消1平1瞬1 父マンハッタンカフェ(SS系)
2009年 消耗戦
 1着ストロングガルーダ 消0平0瞬3 父ダンスインザダーク(SS系)
2008年 平坦戦
 1着レオマイスター   消2平0瞬1 父ニューイングランド(SS系)

ラジオNIKKEI賞は、平坦戦ラップの可能性が高いレースとなっています。

脚質傾向

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 0- 2- 3- 7/ 120.0%16.7%41.7%0188
先行 5- 4- 2- 30/ 4112.2%22.0%26.8%10690
差し 4- 2- 2- 41/ 498.2%12.2%16.3%45104
追込 1- 2- 3- 44/ 502.0%6.0%12.0%4543
マクリ 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
3F 1位 2- 3- 2- 3/ 1020.0%50.0%70.0%256212
3F 2位 3- 1- 0- 7/ 1127.3%36.4%36.4%198158
3F 3位 2- 1- 2- 9/ 1414.3%21.4%35.7%69102
3F ~5位 2- 1- 3- 14/ 2010.0%15.0%30.0%69240
3F 6位~ 1- 4- 3- 90/ 981.0%5.1%8.2%1832

<先行>が9連対でトップとなっています。

前走脚質

前走脚質 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 1- 3- 2- 10/ 166.3%25.0%37.5%25170
先行 2- 2- 2- 44/ 504.0%8.0%12.0%2940
差し 6- 2- 3- 42/ 5311.3%15.1%20.8%12276
追込 1- 2- 3- 26/ 323.1%9.4%18.8%17134
マクリ 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0130
3F 1位 3- 2- 2- 20/ 2711.1%18.5%25.9%4548
3F 2位 2- 1- 0- 16/ 1910.5%15.8%15.8%4441
3F 3位 1- 0- 0- 15/ 166.3%6.3%6.3%6323
3F ~5位 1- 3- 3- 14/ 214.8%19.0%33.3%34226
3F 6位~ 3- 4- 5- 57/ 694.3%10.1%17.4%7387

前走脚質は<差し>が8連対でトップとなっています。
連対馬20頭中⇒16頭が前走上3F順位が6位以内からとなっています。

傾向まとめ表

ラジオNIKKEI賞2019 傾向まとめ表

※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2018年⇒2位(A5)、1位(A6)、7位(A5)
2017年⇒1位(A6)、8位(B3)、9位(B3)
2016年⇒1位(A6)、8位(B3)、7位(D0)
2015年⇒1位(A5)、2位(B3)、15位(C1)
2014年⇒7位(B4)、1位(A5)、6位(A5)
2013年⇒9位(C2)、13位(C1)、4位(B4)
2012年⇒6位(A5)、1位(A5)、16位(B3)

 Aランク【5-3-2】
 Bランク【1-3-3】
 Cランク【1-1-1】
 Dランク【0-0-1】

参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

ラジオNIKKEI賞2019予想印はこうなりました。

《傾向まとめ表》の過去7年では、連対馬14頭中⇒8頭が2位以内からとなっていました。
2013年以外は、毎年2位以内から必ず連対馬が出ています。

ランクは、Aランクが中心の傾向となっています。

レースの特徴としては、1000m通過59秒前後になることが多く、平坦戦ラップの淀みない流れとなる確率の高いラジオNIKKEI賞です。
脚質は、<逃げ・先行>脚質が11連対となっており連対馬12頭が4角5番手以内の位置取りとなっています。
ただし、前走脚質データでは<差し>が8連対となっており、前走4角7番手以内(連対馬12頭)ぐらいが目安となりそうな感じです。
ハンデ(斤量)は、54キロ(5-1-2-29)・55キロ(1-5-2-14)が各6連対でトップなっていました。
52キロ以下の軽ハンデ馬は不振傾向です。

フルゲート16頭のハンデ戦で混戦模様の波乱含みな感じのラジオNIKKEI賞です。
馬場状態も微妙で難しい感じです。
ミルコ・デムーロ騎手のヒシイグアスが中心かな~と思いますが、本命◎は道悪実績のある馬の一発に期待したいと思います。
穴馬として☆アドマイヤスコールに注目しました。
前走の青葉賞は9着と凡走していますが、まだ見限れないと考え穴馬にしたいと思います。

◎ゴータイミング
◯ヒシイグアス
▲レッドアネモス
☆アドマイヤスコール
△ディキシーナイト

ラジオNIKKEI賞、印をつけた馬たちの好走を期待したいと思います。



重賞レース

Posted by ホーボー