JBCレディスクラシック2018予想と過去傾向データです。
11月4日(日)京都競馬場では【第8回JBCレディスクラシック】が行われます。
ダート1800mの3歳上・牝馬・Jpn1の交流重賞レースです。
近年の過去5年の単勝人気データを調べると、連対馬は全て5番人気以内からとなっていました。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

スポンサーリンク

JBCレディスクラシック2018予想

JBC2018 京都

競馬SevenDaysのホーボーです。
本日は、統一重賞のJpn1レース・JBCレディスクラシックを過去データなどを考えつつ予想します。

出走馬枠順

1枠1番アイアンテーラー(牝4、浜中俊・飯田雄三)
1枠2番フォンターナリーリ(牝5、C.デムーロ・中内田充正)
2枠3番クイーンマンボ(牝4、C.ルメール・中竹和也)
2枠4番ラビットラン(牝4、M.デムーロ・中竹和也)
3枠5番ラインハート(牝7、笹川翼・月岡健二)
3枠6番ジュエルクイーン(牝6、岩田康誠・福永敏)
4枠7番カワキタエンカ(牝4、池添謙一・浜田多実雄)
4枠8番ビスカリア(牝6、森泰斗・山内研二)
5枠9番サルサディオーネ(牝4、丸山元気・羽月友彦)
5枠10番プリンシアコメータ(牝5、武豊・矢野英一)
6枠11番リエノテソーロ(牝4、吉田隼人・武井亮)
6枠12番ブランシェクール(牝5、御神本訓史・藤田輝信)
7枠13番アンデスクイーン(牝4、松若風馬・西園正都)
7枠14番ディアマルコ(牝5、佐原秀泰・那俄性哲也)
8枠15番ファッショニスタ(牝4、大野拓弥・安田隆行)
8枠16番アンジュデジール(牝4、横山典弘・昆貢)

トラコミュ
JBCクラシック(JpnI)
JBCスプリント(JpnI)
JBCレディスクラシック(JpnI)
アルゼンチン共和国杯 データ分析
今週の激走!穴馬

過去5年の傾向データ

【人気別成績】
1番人気 【2・1・1・2】
2番人気 【1・0・0・4】
3番人気 【0・1・2・2】
4番人気 【1・2・0・2】
5番人気 【1・1・0・3】
6番人気 【0・0・1・4】
7番人気 【0・0・0・5】
8番人気 【0・0・1・4】

連対馬10頭中⇒全馬10頭が5番人気以内からとなっています。
昨年は、5番人気と4番人気のワンツーでしたが、それ以前の4年は2番人気以内から必ず1頭は連対馬が出ていました。

【年齢】※3着内
3 歳【1・0・0】
4 歳【1・3・0】
5 歳【3・0・4】
6 歳【0・2・1】
7 歳【0・0・0】
8歳上【0・0・0】

4歳馬が4連対でトップですが、勝ち馬は5歳馬が3勝となっています。

【所属】※3着内
JRA【4・5・3】
地 方【1・0・2】

勝ち馬は中央(JRA)所属馬が4勝で優勢となっています。
昨年勝利した地方馬は5番人気でしたので、地方馬の目安は5番人気以内となりそうです。

印はこうなりました。

京都最終レースで行われるJBCレディスクラシックです。
過去の傾向からも中央勢が強く、今年も中央所属馬が中心となりそうです。
ただ、中央勢は実績馬や勢いのある馬たちで、チョット絞るのは難しいような気もしています。
以下のような予想印となりました。

◎クイーンマンボ
◯ラビットラン
▲ファッショニスタ
☆アイアンテーラー
△アンジュデジール


競馬予想ランキング

スポンサーリンク
【PR】
地方競馬を楽しむならオッズパーク!
簡単登録で地方競馬へ投票
ないものはない!お買い物なら楽天市場