阪急杯2021の過去傾向データです。(予想、傾向まとめ表はレース前日に追記)
令和3年2月28日(日)阪神競馬場では【第65回阪急杯2021】が行われます。
芝1400mの4歳上のG3のレースで、インディチャンプ、レシステンシア、ダノンファンタジーなどが出走予定馬(登録馬)となっています。
過去10年の1着から3着をまとめた成績表や過去5年の前走データ等の過去傾向を調べて把握したいと思います。







《阪急杯 過去10年成績表》を見ると、枠番・馬番・人気・騎手・脚質・血統などが分かると思います。
気になるデータ項目を掲載しておきます。
予想の参考になれば幸いです。

阪急杯2021予想参考 過去10年のデータ傾向

過去10年の3着内馬成績データ表

阪急杯2021 過去10年成績データ表

※画像はクリックすると拡大されます。

阪急杯2021 傾向まとめ表 チェック基準

過去5年前走成績データ表(2021年版)

阪急杯2021 過去5年前走データ表


《阪急杯 過去5年前走データ表》から把握できる気になる傾向項目とデータ表からは把握できない気になる傾向項目を以下に記述しておきます。

過去5年の前走等のデータ傾向

【前走着順】
連対馬10頭中⇒7頭が前走7着内となっています。

【着差】
負け着差は、重賞0.8秒以内が目安。

【前走レース】
連対馬10頭中⇒8頭が前走重賞、1頭がオープン特別、1頭が3勝クラスからとなっています。

【近走】
連対馬10頭中⇒6頭に前3走内で7着以内(4着内と7着内)が2回以上あります。

【距離実績】
連対馬10頭中⇒8頭に1400mでの1着実績があります。
残りの2頭は、1600mか1800mで1着あり。

【馬場】
阪神芝内回りコースなので、中山芝や札幌、函館芝で好走できるような重い芝適性があった方が良い感じがします。


阪急杯2021 枠順とラップギア

【阪急杯枠順確定】

馬名 替 騎手 ラップギア
1 1 メイケイダイハード *松若風馬 ハードスパン 消0平6瞬0
1 2 ダノンファンタジー *川田将雅 ディープインパクト 消0平1瞬6
2 3 カツジ *武豊 ディープインパクト 消0平1瞬3
2 4 ロードアクア 田中健 ロードカナロア 消2平0瞬2
3 5 メイショウチタン 幸英明 ロードカナロア 消1平4瞬0
3 6 ミッキーブリランテ *和田竜二 ディープブリランテ 消0平2瞬5
4 7 クリノガウディー *岩田望来 スクリーンヒーロー 消1平1瞬2
4 8 レシステンシア 北村友一 ダイワメジャー 消1平2瞬2
5 9 タマモメイトウ *古川吉洋 エイシンフラッシュ 消4平2瞬0
5 10 インディチャンプ 福永祐一 ステイゴールド 消0平4瞬6
6 11 ザイツィンガー *国分恭介 ドリームジャーニー 消2平2瞬2
6 12 コンパウンダー 吉田隼人 アドマイヤムーン 消3平2瞬1
b7 13 $ジャンダルム 荻野極 kitten’s joy 消0平1瞬4
7 14 トライン *池添謙一 ディープインパクト 消0平2瞬2
8 15 ブラックムーン *藤井勘一 アドマイヤムーン 消0平6瞬5
8 16 メイショウキョウジ *酒井学 ダイワメジャー 消4平6瞬1
8 17 ベストアクター *団野大成 ディープインパクト 消2平5瞬0


阪神芝1400m内回りのコースは、基本的には平坦戦ラップの可能性が高いコースとなっています。





阪急杯2021 傾向まとめ表

【傾向まとめ表(2021年版)】
※傾向まとめ表のチェック基準の6項目+αを加えた順位表です。


阪急杯2021 傾向まとめ表


・傾向まとめ表 過去の結果
◆Aランク(6項目該当=6点、5点)Bランク(4点、3点)Cランク(2点、1点)Dランク(0点)
※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2020年⇒13位(C2)、1位(B4)、2位(B4)
2019年⇒7位(C1)、2位(A5)、5位(C2)
2018年⇒11位(C1)、1位(A5)、2位(A5)
2017年⇒6位(C1)、3位(B3)、11位(C2)
2016年⇒2位(B3)、4位(B3)、9位(B3)
2015年⇒2位(A5)、7位(B3)、9位(C1)
2014年⇒3位(B3)、6位(A5)、5位(C1)
2013年⇒1位(A5)、4位(A5)、10位(C1)
2012年⇒3位(B4)、6位(B3)、1位(A6)

 Aランク【2-4-2】
 Bランク【3-5-2】
 Cランク【4-0-5】
 Dランク【0-0-0】


参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

阪急杯2021予想の印はこうなりました。

《傾向まとめ表》の過去9年では、連対馬18頭中⇒9頭が3位以内からとなっていました。

ランクは、Bランクが勝利数、連対数でトップとなっています。


本命◎は、開幕週、距離短縮がプラスとなりそうなレシステンシアにします。
1400m2戦2勝、平坦戦ラップも2戦2勝ですので、1番人気だと思いますが素直に◎にします。

人気上位が強そうな感じがしますが、馬券的には▲トライン、☆メイケイダイハードに期待しています。


◎レシステンシア
◯インディチャンプ
▲トライン
☆メイケイダイハード
△ダノンファンタジー


阪急杯、印をつけた馬たちの好走を期待したいと思います。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになれば良いですね。