函館2歳ステークス2019 出走予定馬のラップギアと血統データ傾向

2019年7月15日

第51回函館2歳ステークス2019の出走予定馬のラップギアと血統のデータ傾向です。
令和元年7月21日(日)函館競馬場では、函館2歳S2019(2歳・G3・芝1200m)が行われますので、出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値、血統、過去傾向データを把握します。





出走予定登録馬のラップギア適性値を調べ掲載します。
また、過去のレースラップ区分や勝ち馬の適性値なども調べたので、参考になれば幸いです。


ラップギア

函館2歳S2019登録馬のラップギア適性値と種牡馬(血統)

馬名ラップギア
xアザワクカレンブラックヒル消0平0瞬0
イーサンティラノローレルゲレイロ消0平1瞬0
ケープコッドダイワメジャー消1平1瞬0
ゴッドスターアサクサキングス消1平0瞬0
スマートカーリーエピファネイア消0平1瞬0
タイセイビジョンタートルボウル消0平1瞬0
*ニルカンタテソーロspeightstown消0平1瞬0
xバブルガムダンサーパイロ消0平0瞬0
パフェムリヴィクトワールピサ消0平1瞬0
ビアンフェキズナ消0平1瞬1
ブルーパピヨンマツリダゴッホ消0平1瞬0
xプリモジョーカースズカコーズウェイ消0平0瞬0
プリンスリターンストロングリターン消1平0瞬0
マンバージョーカプチーノ消1平0瞬0
メイショウナパワントゥザワールド消0平1瞬0
ヤマメパイロ消0平1瞬0
リュウノゲキリングランプリボス消1平0瞬0
レッドヴェイパーキンシャサノキセキ消0平1瞬0


函館での過去10年のラップギア区分

 ◆消耗戦(ラスト4ハロンで加速ラップなし)
   →4レース
 ◆平坦戦(ラスト4ハロンで0.1秒から0.4秒の加速ラップあり)
   →6レース
 ◆瞬発戦(ラスト4ハロンで0.5秒以上の加速ラップあり)
   →0レース

[text type=marker color=yellow]平坦戦ラップの確率が高い函館2歳S[/text]です。

函館2歳S2019 函館での過去10年の勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬

(※出走時点)
2018年 平坦戦
 1着アスターペガサス  消0平1瞬0 父Giant’s Causeway
2017年 消耗戦
 1着カシアス      消0平1瞬1 父キンシャサノキセキ(SS系)
2016年 消耗戦
 1着レヴァンテライオン 消1平0瞬0 父Pioneerof the Nile
2015年 平坦戦
 1着ブランボヌール   消0平1瞬0 父ディープインパクト(SS系)
2014年 平坦戦
 1着アクティブミノル  消0平1瞬0 父スタチューオブリバティ
2013年 消耗戦
 1着クリスマス     消0平1瞬0 父バゴ
2012年 平坦戦
 1着ストークアンドレイ 消0平1瞬0 父クロフネ
2011年 平坦戦
 1着ファインチョイス  消0平1瞬0 父アドマイヤムーン
2010年 消耗戦
 1着マジカルポケット  消0平1瞬0 父ジャングルポケット
2008年 消耗戦
 1着フィフスペトル   消0平0瞬1 父キングカメハメハ

函館芝1200mコースは、基本的には消耗戦ラップの可能性が高いコースとなっています。

《ラップギア データまとめ》

函館での過去10年で消耗戦の数字が多かった勝ち馬⇒1頭のみとなっています。
キャリア1、2戦の馬たちのレースなので、あまり気にしなくても良さそうです。
過去10年からだと、[text type=marker color=yellow]消耗戦よりも平坦戦で勝っている馬の方が良いようです。[/text]

人気になりそうなレッドヴェイパー、タイセイビジョン、スマートカーリーは、平坦戦ラップの新馬戦で勝利していますした。

※自分のラップ分析は岡村信将氏のラップ理論(ラップギア)を基本にしております。(ブログに書くことは了解頂いてます。)