2月17日(日)東京競馬場で行われる第36回フェブラリーステークス2019予想と過去傾向データです。
藤田菜七子騎手がG1初騎乗で注目が集まっているフェブラリーSは、ダート1600mの4歳上・G1の重賞レースです。
当ブログオリジナルの《傾向まとめ表》では、インティが1位となっています。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

スポンサーリンク

フェブラリーステークス2019予想

フェブラリーS2019

競馬SevenDaysのホーボーです。
本日は、フェブラリーステークスを過去データなどを考えつつ予想します。

出走馬の枠順とラップギア

馬名 ラップギア
b1 1 クインズサターン パイロ 消1平5瞬3
2 2 ユラノト キングカメハメハ 消2平4瞬3
3 3 ゴールドドリーム ゴールドアリュール 消0平4瞬4
3 4 メイショウウタゲ プリサイスエンド 消2平9瞬2
4 5 サクセスエナジー キンシャサノキセキ 消2平4瞬0
4 6 インティ ケイムホーム 消0平4瞬2
5 7 サンライズノヴァ ゴールドアリュール 消2平7瞬3
b5 8 モーニン henny hughes 消1平2瞬4
6 9 ワンダーリーデル スタチューオブリバティ 消0平4瞬1
6 10 サンライズソア シンボリクリスエス 消1平2瞬3
7 11 コパノキッキング spring at last 消3平3瞬2
7 12 ノボバカラ アドマイヤオーラ 消3平1瞬5
8 13 ノンコノユメ トワイニング 消2平6瞬2
8 14 オメガパフューム スウェプトオーヴァーボード 消1平2瞬2

   トラコミュ

過去傾向データ

【勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬】
(※出走時点の数字)
2018年 平坦戦
 1着ノンコノユメ    消2平5瞬2 父トワイニング
2017年 瞬発戦
 1着ゴールドドリーム  消0平2瞬3 父ゴールドアリュール(SS系)
2016年 平坦戦
 1着モーニン      消0平1瞬4 父Henny Hughes
2015年 瞬発戦
 1着コパノリッキー   消0平3瞬2 父ゴールドアリュール(SS系)
2014年 瞬発戦
 1着コパノリッキー   消0平2瞬1 父ゴールドアリュール(SS系)

東京ダート1600mコースは、平坦戦瞬発戦ラップが多いコースです。

【傾向まとめ表】
フェブラリーS2019 傾向まとめ表

※見方:年⇒1着の順位(ランク点数)、2着の順位(ランク点数)、3着の順位(ランク点数)

2018年⇒4位(A5)、2位(A5)、8位(B3)
2017年⇒2位(C2)、3位(B4)、1位(A5)
2016年⇒2位(A5)、1位(A6)、7位(A6)
2015年⇒1位(A6)、7位(B4)、5位(C2)
2014年⇒15位(C1)、2位(A6)、1位(A6)
2013年⇒1位(B4)、9位(B3)、3位(A6)
2012年⇒3位(A5)、5位(A5)、2位(A6)

 Aランク【4-4-5】
 Bランク【1-3-1】
 Cランク【2-0-1】
 Dランク【0-0-0】

参考記事:『傾向まとめ表(予想資料)の結果』

印はこうなりました。

《傾向まとめ表》の過去7年では、連対馬14頭中⇒10頭が4位以内からとなっていました。
一応、3位以内から必ず連対馬が出ています。

ランクは、1着はAランクが中心となっています。

藤田菜七子騎手がG1初騎乗ということで話題のフェブラリーSです。
また、武豊騎手の6連勝中のインティにも注目が集まりますね。
ただ、6戦連続でG1レースで連対しているゴールドドリームや東京大賞典を制したオメガパフュームもいて、上位混戦模様という感じがします。
まぁ、印5つに絞る予想はチョット不安ですが、良いレースが観れそうで楽しみです。

◎ゴールドドリーム
◯インティ
▲サンライズソア
☆ノンコノユメ
△オメガパフューム


競馬予想ランキング

【PR】
地方競馬を楽しむならオッズパーク!
簡単登録で地方競馬へ投票
ないものはない!お買い物なら楽天市場