東京大賞典2017予想と過去傾向データです。
12月29日(金)大井競馬場では【第63回東京大賞典】が行われます。
ダート2000mの3歳上・Jpn1の統一重賞レースです。
近年の過去10年の勝ち馬は、すべて中央所属馬(JRA)となっていました。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

スポンサーリンク

東京大賞典2017予想

競馬SevenDaysのホーボーです。
本日は、統一重賞のJpn1レース・東京大賞典を過去データなどを考えつつ予想します。

出走馬枠順

1枠1番ミツバ       M.デムーロ
1枠2番タービランス    吉原寛人
2枠3番サウンドトゥルー  大野拓弥
2枠4番サブノクロヒョウ  和田譲治
3枠5番アポロケンタッキー 内田博幸
3枠6番コスモカット    安藤洋一
4枠7番バルダッサーレ   赤岡修次
4枠8番ヒガシウィルウィン 森泰斗
5枠9番サンドプラチナ   真島大輔
5枠10番インカンテーション 三浦皇成
6枠11番シャドウパーティー 高松亮
6枠12番ケイティブレイブ  福永祐一
7枠13番コパノリッキー   田辺裕信
7枠14番ハーキュリーズ   保園翔也
8枠15番ロンドンタウン   岩田康誠
8枠16番セイファルコン   左海誠二

トラコミュ
中山金杯 データ分析
京都金杯 データ分析
東京大賞典(2017)
今週の激走!穴馬

過去10年の傾向データ

【人気別成績】
1番人気 【5・4・1・0】
2番人気 【3・4・1・2】
3番人気 【1・2・2・5】
4番人気 【0・0・2・8】
5番人気 【1・0・1・8】
6番人以下【0・0・3・77】

連対馬20頭中⇒19頭が3番人気以内からとなっています。
圧倒的に上位人気馬が強いレースとなっています。
近年の過去5年では、4年が3番人気以内の2頭でワンツー決着しています。

【年齢】
3 歳【0・2・2・12】
4 歳【4・1・1・19】
5 歳【4・1・2・19】
6 歳【2・4・4・22】
7歳上【0・2・1・28】

【所属】
浦 和【0・0・0・4】
船 橋【0・2・1・11】
大 井【0・0・0・26】
川 崎【0・0・0・4】
他地区【0・0・0・24】
JRA【10・8・9・31】

勝ち馬10頭は、すべて中央所属馬(JRA)となっています。
過去5年では、4年間が中央所属馬(JRA)が3着内を独占しています。

印はこうなりました。

過去5年の連対馬10頭中⇒7頭が前走重賞で5着以内の馬となっていました。
また、連対馬10頭は、すべて前走チャンピオンズカップ(JCダート)からとなっています。
位置取り(脚質)データを調べると、6頭が前走4角7番手以下の位置取りとなっています。

本命◎は、前走は期待を裏切られましたが巻き返しを期待したいアノ馬にします。
大井コース実績あり、流れが向けば勝ち負け濃厚。
☆妙味ある馬は、地方馬のヒガシウィルウィンに注目。

◎サウンドトゥルー
◯ケイティブレイブ
▲コパノリッキー
☆ヒガシウィルウィン


競馬予想ランキング

スポンサーリンク
【PR】
地方競馬を楽しむならオッズパーク!
簡単登録で地方競馬へ投票
ないものはない!お買い物なら楽天市場