テレ玉杯オーバルスプリント2019予想と過去傾向データです。
令和元年9月12日(木)浦和競馬場では【第30回テレ玉杯オーバルスプリント】が行われます。
ダート1400mの3歳上・Jpn3の南関東の統一重賞レースです。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。




統一重賞のJpn3レース・テレ玉杯オーバルスプリントの予想をします。


テレ玉杯オーバルスプリント2019

テレ玉杯オーバルスプリント2019 出走馬枠順

1枠1番ダノングッド(牡7、吉原寛人・宗形竹見)
2枠2番ノブワイルド(牡7、左海誠二・小久保智)
3枠3番サクセスエナジー(牡5、松山弘平・北出成人)
4枠4番エッシャー(セ5、笹川翼・小久保智)
5枠5番ワイドファラオ(牡3、福永祐一・角居勝彦)
6枠6番ノボバカラ(牡7、藤本現暉・森秀行)
6枠7番ブルドッグボス(牡7番、御神本訓史・小久保智)
7枠8番デイジーカーニバル(牡4、繁田健一・佐藤賢二)
7枠9番ヤマニンアンプリメ(牝5、岩田康誠・長谷川浩大)
8枠10番リボンスティック(牝7、福原杏・山田質)
8枠11番ミヤジマッキー(牡9、國分祐仁・冨田敏男)





テレ玉杯オーバルスプリント2019 過去10年の傾向データ

人気別成績データ

1番人気 【2・2・1・5】
2番人気 【3・2・1・4】
3番人気 【0・2・2・6】
4番人気 【4・1・0・5】
5番人気 【1・2・3・4】
6番人以下【0・1・3・64】

連対馬20頭中⇒11頭が3番人気以内からとなっています。
過去5年では、毎年1番人気か2番人気の馬が連対しています。

年齢データ

3 歳【0・0・0・3】
4 歳【3・0・1・7】
5 歳【1・4・3・16】
6 歳【2・4・3・19】
7歳上【4・2・3・43】

過去5年では、6歳以上が毎年連対しています。

所属データ

浦 和【1・2・3・22】
船 橋【2・1・2・17】
大 井【1・1・2・10】
川 崎【0・0・0・4】
他地区【0・0・0・19】
JRA【6・6・3・16】


テレ玉杯オーバルスプリント2019予想の印はこうなりました。

過去5年の連対馬10頭のうち、7頭が前走重賞組となっています。
前走クラスターカップ(Jpn3)組、サマーチャンピオン(Jpn3)が各3連対となっています。

連対馬の脚質傾向を調べると、連対馬10頭中⇒8頭が4角3番手以内の位置取りとなっていました。
残りの2頭も4角5番手以内となっています。
前走脚質では、連対馬10頭中⇒7頭が4角3番手以内の位置取りとなっています。


統一重賞2連勝中の牝馬ヤマニンアンプリメが断然の存在。
斤量も53キロで負けられない感じ。
前走クラスターカップ1着で、人気でも本命◎にします。

対抗○は、3歳馬のワイドファラオ。
データ的には、3歳馬は不振傾向です。
ただ、先行力もあり期待したいと思います。

単穴▲は、地方馬のノブワイルド。
前走同コースでキタサンミカヅキを破り勝利しており、今回も好走を期待。
馬主は、TUBEでヴォーカルを務める前田亘輝氏。

☆穴馬は、中央から移籍初戦となるダノングッドに注目。


◎ヤマニンアンプリメ
◯ワイドファラオ
▲ノブワイルド
☆ダノングッド

テレ玉杯オーバルスプリント、印をつけた馬の好走を期待したいと思います。