帝王賞2018予想と過去傾向データです。
6月27日(水)大井競馬場では【第41回帝王賞】が行われます。
ダート2000mの4歳上・Jpn1の交流重賞レースです。
近年の過去5年では、地方馬は3着1頭のみとなっており、中央(JRA)所属馬が圧倒的な存在となっています。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

スポンサーリンク

帝王賞2018予想

競馬SevenDaysのホーボーです。
本日は、統一重賞のJpn1レース・帝王賞を過去データなどを考えつつ予想します。

出走馬枠順

1枠1番グランユニヴェール(牡5、高松亮、大井・福田真広)
2枠2番ケイティブレイブ(牡5、福永祐一、栗東・杉山晴紀)
2枠3番トーセンスパンキー(牡6、遠藤健太、大井・秋吉和美)
3枠4番ゴールドドリーム(牡5、C.ルメール、栗東・平田修)
3枠5番テイエムジンソク(牡6、古川吉洋、栗東・木原一良)
4枠6番リッカルド(セ7、矢野貴之、船橋・佐藤裕太)
4枠7番アウォーディー(牡8、武豊、栗東・松永幹夫)
5枠8番ヒガシウィルウィン(牡4、森泰斗、船橋・佐藤賢二)
5枠9番アポロケンタッキー(牡6、内田博幸、栗東・山内研二)
6枠10番サウンドトゥルー(セ8、大野拓弥、美浦・高木登)
6枠11番ネオヴェルモット(牝4、千田洋、大井・久保田信之)
7枠12番オールブラッシュ(牡6、田辺裕信、栗東・村山明)
7枠13番サブノクロヒョウ(牡5、笹川翼、大井・阪本一栄)
8枠14番カツゲキキトキト(牡5、大畑雅章、愛知・錦見勇夫)
8枠15番アサクサポイント(セ10、加藤聡一、愛知・今津博之)

トラコミュ
ラジオNIKKEI賞 データ分析
CBC賞 データ分析
今週の激走!穴馬

過去10年の傾向データ

【人気別成績】
1番人気 【4・4・1・1】
2番人気 【1・2・1・6】
3番人気 【2・1・2・5】
4番人気 【0・2・3・5】
5番人気 【2・1・2・5】
6番人以下【1・0・1・76】

連対馬20頭中⇒14頭が3番人気以内からとなっています。
過去5年では、1番人気が昨年以外の4年で連対していました。
昨年は3着なので、1番人気の複勝率は100%。

【年齢】
3 歳【0・0・0・0】
4 歳【3・2・2・11】
5 歳【1・2・1・17】
6 歳【4・3・2・23】
7歳上【2・3・5・47】

【所属】
浦 和【0・0・0・9】
船 橋【2・1・0・12】
大 井【0・0・2・14】
川 崎【0・0・1・5】
他地区【0・0・0・26】
JRA【8・9・7・32】

過去5年の連対馬10頭は全て中央所属馬(JRA)となっています。

印はこうなりました。

過去5年の連対馬10頭は、すべて前走重賞出走馬となっています。
前走かしわ記念組が6頭、平安S組が3頭、ドバイワールドカップ組が1頭となっています。
また、連対馬10頭は、全て前走重賞5着以内となっています。
連対馬の脚質傾向を調べると、連対馬10頭中⇒8頭が4角3番手以内の位置取りとなっていました。

2018年上半期最後の大一番となる帝王賞です。
中央所属馬が優勢も連勝中の地方馬リッカルドも不気味な存在で、3着内で考えると頭数を絞るのは難しい感じもします。

◎ゴールドドリーム
◯ケイティブレイブ
▲サウンドトゥルー
☆アウォーディー

【お詫び】
昨日の優駿スプリント2018予想の◎表示が先週のものと間違えてしまっていました。
申し訳ありませんでした。


競馬予想ランキング

スポンサーリンク
【PR】
地方競馬を楽しむならオッズパーク!
簡単登録で地方競馬へ投票
ないものはない!お買い物なら楽天市場