TCK女王盃2020 予想と過去傾向

TCK女王盃2020予想と過去傾向データです。
令和2年1月22日(水)大井競馬場では【第23回TCK女王盃】が行われます。
ダート1800mの4歳上・牝馬・Jpn3の統一重賞レースです。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。




TCK女王盃2020の予想をします。


大井競馬 20192020 冬

TCK女王盃2020 出走馬枠順

1枠1番ファッショニスタ(牝6、川田将雅、栗東・安田隆行)
2枠2番エイシンセラード(牝5、山崎誠士、大井・高野毅)
3枠3番アルティマウェポン(牝7、五十嵐冬樹、北海道・林和弘)
4枠4番サンルイビル(牝5、藤本現暉、大井・阪本一栄)
5枠5番サルサディオーネ(牝6、赤岡修次、大井・堀千亜樹)
5枠6番クレイジーアクセル(牝5、吉原寛人、大井・渡辺和雄)
6枠7番アンデスクイーン(牝6、C.ルメール、栗東・西園正都)
6枠8番ナムラメルシー(牝6、御神本訓史、大井・福田真広)
7枠9番メモリーコウ(牝5、古川吉洋、栗東・松永幹夫)
7枠10番トーセンガーネット(牝4、左海誠二、美浦・小笠倫弘)
8枠11番ミッシングリンク(牝6、笹川翼、浦和・小久保智)
8枠12番マドラスチェック(牝4、森泰斗、美浦・斉藤誠)





TCK女王盃2020 過去10年の傾向データ

人気別成績データ

1番人気 【4・2・3・1】
2番人気 【4・1・1・4】
3番人気 【0・1・2・7】
4番人気 【0・2・0・8】
5番人気 【0・1・2・7】
6番人以下【2・3・2・67】

[text type=marker color=yellow]過去5年では、昨年以外の4年で2番人気以内から1頭は連対馬が出ています。[/text]
昨年は、1番人気が3着でした。
3番人気以内の2頭でのワンツーはなく、4番人気以下にも注意が必要そうです。

年齢データ

3 歳【0・0・0・0】
4 歳【4・4・3・26】
5 歳【3・2・4・23】
6 歳【2・2・2・24】
7歳上【1・2・1・21】

所属データ

浦 和【0・0・0・2】
船 橋【1・0・0・14】
大 井【0・2・2・27】
川 崎【1・0・0・3】
他地区【0・0・0・24】
JRA【8・8・8・24】

連対馬20頭中⇒16頭が中央所属馬(JRA)となっています。
[text type=marker color=yellow]地方馬は7番人気ぐらいまでチャンスがありそうな傾向です。[/text]

TCK女王盃2020予想の印はこうなりました。

過去5年の連対馬10頭のうち、5頭が前走重賞組となっています。
前走着順は、[text type=marker color=pink]連対馬10頭のうち9頭が前走4着以内[/text]となっています。

連対馬の脚質傾向を調べると、連対馬10頭中⇒8頭が4角4番手以内の位置取りとなっていました。
前走脚質では、連対馬10頭中⇒6頭が[text type=marker color=blue]4角6番手以内[/text]の位置取りとなっています。


交流重賞常連の川田騎手のファッショニスタとルメール騎手のアンデスクイーンの一騎打ちムードのような感じのTCK女王盃。

本命◎は、上記の2頭ではなく2連勝中のメモリーコウにしました。
勢いあり重賞初挑戦ですが、一発を期待したいと思います。

単穴▲は、地方馬のクレイジーアクセル。
前走クイーン賞(Jpn3)を逃げ切り勝ち。
ただ、斤量52キロから55キロというのがチョット気になりますが、重賞でも安定しており注目します。

☆穴馬は、2018年の勝ち馬ミッシングリンク。


◎メモリーコウ
◯ファッショニスタ
▲クレイジーアクセル
☆ミッシングリンク
△アンデスクイーン

TCK女王盃、印をつけた馬の好走を期待したいと思います。



交流重賞

Posted by ホーボー