阪神競馬場で行われる【サマースプリントシリーズ第31回産経賞セントウルステークス2017】(3歳上・G2・芝1200m)の前走データ等からの過去傾向分析です。
 セントウルS過去5年の1着から3着馬の前走成績表等から好走している馬の条件を調べて把握し、データ上位の注目馬、穴馬を探していきたいと思います。

スポンサーリンク

セントウルステークス2017 前走データ等の傾向分析

PCデータ02 フリー

 競馬SevenDaysブログのホーボーです。
 本日は、過去5年の前走レースデータ等からデータ分析をしたいと思います。
 穴馬候補や注目馬などを見つけだす参考資料になれば幸いです。

過去5年前走成績データ表(2017年)

セントウルS2017 過去5年前走データ表

☆セントウルSデータ満点の穴馬は⇒[競馬ブログランキング]で公開中です!

トラコミュ
セントウルS(2017)
京成杯AH データ分析
紫苑S(2017)
今週の激走!穴馬

 《セントウルステークス 過去5年前走データ表》から把握できる気になる傾向項目とデータ表からは把握できない気になる傾向項目を以下に記述しておきます。

傾向まとめ表 チェック基準

【前走着順】

 連対馬10頭中⇒8頭が前走重賞3着以内の馬となっています。

【着差】

 負け着差は、重賞0.2秒以内が目安。

【前走レース】

 連対馬10頭中⇒全馬10頭が前走重賞からとなっています。

【近走】

 連対馬10頭中⇒9頭に前3走内で5着以内が2回以上(2着内+5着内)あります。

【距離実績】

 連対馬10頭中⇒全馬10頭に1200mでの1着実績があります。
 連対馬10頭中⇒8頭が1200m2勝以上となっています。
 残りの2頭は、1200mの重賞勝ち馬。

【馬場】

 阪神芝内回りコースなので、基本的には重い芝適性を重視したいが、馬場の良い9月(夏)の開幕週であり、雨が降らなければ馬場は良さそう。
 過去5年成績表を見ると、連対馬10頭中⇒7頭がレースでの上3Fが33秒台となっているレースなので、上がり33秒台での1着実績がほしい感じがする。

データ予想注目馬

《傾向まとめ表1》

 上記の6項目をセントウルS2017出走予定馬でチェックすると、Aランク6点がトップで3頭となっています。
 A6点の穴馬注目馬は⇒[阪人気ブログランキング]で公開中。


競馬予想ランキング

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com