プロキオンステークス2019 過去7年のデータ傾向

2019年7月4日

第24回プロキオンステークス2019の過去傾向データを掲載します。
マテラスカイ、サンライズノヴァ、ミッキーワイルド、ウインムートなどが出走予定のプロキオンS2019の過去7年の1着から3着のレース結果成績表から枠順、馬番、人気、脚質・血統、配当(払戻金)等のデータ分析をして傾向を把握したいと思います。


《プロキオンステークス 過去7年成績表》を見ると、枠番・馬番・人気・騎手・脚質・血統などが分かると思います。
気になるデータ項目を掲載しておきます。
予想の参考になれば幸いです。

過去7年の3着内馬成績データ表

プロキオンS2019 過去7年成績データ表

☆プロキオンステークス 予想参考 過去のデータ傾向☆

【枠番】

プロキオンS2019 過去7年 枠番データ

【馬番】

プロキオンS2019 過去7年 馬番データ

基本的には、芝部分を走る距離が長いせいか、外枠の好走数がなかなか多いコース

【人気】

プロキオンS2019 過去7年 人気データ

連対馬14頭中⇒[text type=marker color=orange]8頭が3番人気以内[/text]からとなっています。
残りの6頭は<4、5、12>番人気から。
3着内馬21頭中⇒17頭が5番人気以内からとなっています。

【脚質】

プロキオンS2019 過去7年 脚質データ

<差し>が7連対でトップとなっています。
[text type=marker color=pink]ただし、勝ち馬は<逃げ・先行>から4勝、<差し・追込>から3勝となっています。[/text]

【前走脚質】

プロキオンS2019 過去7年 前走脚質データ

前走脚質は<逃げ>が5連対でトップとなっています。
次が<先行>なので、[text type=marker color=orange]前走前で競馬をしていた馬[/text]が良さそうです。

【血統】

種牡馬系統

プロキオンS2019 過去7年 種牡馬系統データ

種牡馬

プロキオンS2019 過去7年 種牡馬データ

【過去配当(払戻金)】


※画像はクリックすると拡大されます。

【データまとめ】

前走ドバイゴールデンシャヒーン2着で昨年の覇者でもあるマテラスカイが当然人気になりそうですね。
昨年も勝っていますし<逃げ・先行>脚質なので、1着候補としては特に問題なしという感じです。
2番人気になりそうなサンライズノヴァは、脚質データからだと、2着や3着は<差し・追込>脚質が多いので、届かず2着・3着という可能性が高いのかもと考えてしまいます。



過去傾向

Posted by ホーボー